Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ

HP ProLiant BL20p および p-Class システム

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
ProLiant BL20p および p-Class システム イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase テクニカル仕様
  概要説明   システム構成
    仕様一覧   カタログ
  オプション   保証/サービス
  メモリ増設      

仕様一覧


プロセッサ インテル® Pentium® III FC-PGAプロセッサ1.40GHz
アップグレード デュアル プロセッサにアップグレード可能
キャッシュ メモリ 512KBの2次キャッシュ
チップセット ServerWorks HE-SuperLiteチップセット
注: ServerWorksについて詳しくは、(http://www.serverworks.com/products/overview.html)を参照してください。
メモリ
標準 512MB、PC133MHzのレジスタ付きECC SDRAM DIMMメモリ(256MB×2)(1プロセッサ モデル)
最大 4096MB
   
標準 1024MB、PC133MHzのレジスタ付きECC SDRAM DIMMメモリ(512MB×2)(2プロセッサ モデル)
最大 4096MB
注: メモリは2枚1組でインストールします。
ネットワーク コントローラ 合計4つのNIC:
NC3163 Fast Ethernet NIC 10/100 WOL(Wake On LAN)(PCI)×3、1つはPXEをサポート
  10/100 iLO NIC×1(管理専用)
  2つのNICはNC7780 Gigabit Fast Ehternetアップグレード モジュール オプション キットの使用により、10/100/1000Tにアップグレード可能
管理機能 内蔵Lights-Out(iLO)Advancedマネジメント(システム ボード上のASIC)
内蔵ストレージ
ハードディスク ドライブ 標準ではなし
最大内蔵ストレージ容量   600GB(内蔵ドライブ ケージ)(2×300GB Ultra320 SCSI、1インチ ドライブ)
拡張スロット PCIスロットなし、すべての機能を内蔵

ProLiant BL p-Classサーバ ブレード エンクロージャおよびインターコネクト 仕様一覧


ProLiant BL p-Class
サーバ ブレード
エンクロージャ
6U(26.67cm)、幅48.26cm
最大8台のProLiant BL20pサーバ ブレードを搭載
サーバ ブレード エンクロージャ1台につき10ベイ
 サーバ ブレード用ベイ×8
 インターコネクト モジュール用外部ベイ×2
 (RJ-45パッチ パネルまたはGbEインターコネクト スイッチ)
サーバ ブレードをサーバ ブレード エンクロージャのバックプレーンにブラインド接続し、電源供給とデータ接続を実現
最大6台までのBL p-Class 6Uサーバ ブレード エンクロージャを42Uラックに搭載
各BL p-Class 6Uサーバ ブレード エンクロージャの背面にサーバ ブレード マネジメント モジュールを取り付けることにより、すべてのサーバのイベントをレポートし、資産およびインベントリ情報を提供
ProLiant BL p-Class
電源要件
リダンダント200V〜240V AC、30A単相
リダンダント-48VDC±10%
ProLiant BL p-Class
インターコネクト スイッチ オプション
(各キットに2スイッチ)(各BL p-Classサーバ ブレード エンクロージャには、2つのインターコネクト スイッチまたは2つのRJ-45パッチ パネルが必要)

各サーバ エンクロージャごとに最大32本のネットワーク ケーブル数を1本まで削減します。
各インターコネクト スイッチ(エンクロージャ当たり2つ)は、16個の10/100Base-T/TXサーバ ネットワーク ポートを4個(合計8個)のアップリンク ポートに削減します。
各エンクロージャでは1〜8つ(全部)のアップリンクを使用可。
ProLiant BL p-Class F-GbEインターコネクト キットには、2つのGbEインターコネクト スイッチと、2つのDualTSXインターコネクト モジュール(各サーバ エンクロージャにLC 1000 SX×4、RJ-45 10/100 T/TXアップリンク ポート×4を実装)が含まれます。
ProLiant BL p-Class C-GbEインターコネクト キットには、2つのGbEインターコネクト スイッチと、2つのQuadTインターコネクト モジュール(各サーバ エンクロージャにRJ-45 10/100/1000 T/TX/T×4、RJ-45 10/100 T/TXアップリンク ポート×4を実装)が含まれます。
また、各インターコネクト スイッチには次のものが含まれます。

  • RJ-45 10/100 T/TXフロント パネル ポート×2(管理または追加アップリンクに使用)
  • RS-232 DB-9フロント パネル アウトバンド管理ポート
  • 2つのインターコネクト スイッチを接続するリダンダント10/100クロス リンク ポート
  • リダンダント電源および冷却入力
  • ホットプラグおよびホットリムーブ対応、構成保持機能付き
  • Power ON、管理、および各ポート ステータスおよび速度LEDインジケータ
  • 瞬間動作のリセット/電源プッシュボタン スイッチ
  • ProLiant BLインターコネクト スイッチ マネジメント ユーティリティおよびユーザ ドキュメンテーションCD
  • 完全な事前設定により、迅速な導入と動作開始が可能

ProLiant BLインターコネクト スイッチ マネジメント システムおよびユーティリティには、次の機能が含まれています。
すべての機能を使用できるWebベースのインタフェース、メニュー方式のコンソール インタフェース、Telnet、SNMPベースのScriptingユーティリティおよびスクリプトの例、SNMPおよびRMON MIB、BootPおよびDHCPクライアント、ポート ミラーリング、QoSパケット優先度設定、IGMPマルチキャスト、インターコネクト スイッチ管理用TFTPサーバ ユーティリティ

ProLiant BL p-Class
RJ-45パッチ パネル
(各キットに2つのパッチ パネル)(各BL p-Classサーバ ブレード エンクロージャには、2つのインターコネクト スイッチまたは2つのRJ-45パッチ パネルが必要)
6U(26.67cm)、BL p-Class 6Uサーバ ブレード エンクロージャに挿入
サーバ ブレード エンクロージャ内のすべてのサーバ ブレードからRJ-45接続でNIC信号を送出
Gigabit Ethernetネットワーク コントローラをサポート
各BL p-Class 6U RJ-45パッチ パネルの背面に16個のRJ-45コネクタ(各サーバ ブレード エンクロージャに32個のRJ-45接続)
必要なネットワーク
ケーブル
10Base-T カテゴリ3、4、または5 UTP(100m)EIA/TIA-568 100ΩSTP(100m
100Base-TX 100Base-TX カテゴリ5 UTP(100m)EIA/TIA-568 100ΩSTP(100m)
1000Base-T カテゴリ5 UTP(100m)EIA/TIA-568 100ΩSTP(100m)
1000Base-SX 50/125mm マルチモード ファイバ、400MHz/Km(500m)
50/125mm マルチモード ファイバ、500MHz/Km(550m)
62.5/125mm マルチモード ファイバ、160MHz/Km(220m)
62.5/125mm マルチモード ファイバ、200MHz/Km(275m)
ProLiant BL p-Class
電源およびラック情報
注: 電源構成を確認するには、「ProLiant BL p-Class システム概要とプランニング」Whitepaperおよびサイジング ツール( http://www.compaq.com/products/servers/
proliant-bl/p-class/index.html
)を参照してください。
ProLiant BL p-Class
パワーエンクロージャ
3U(13.335cm)、幅48cm、奥行74cm、デュアル入力の単相モデル
BL p-Classパワーエンクロージャには、外部共有ホットプラグ電源が使用されています。各パワーエンクロージャには、最大4のホットプラグ対応パワー サプライが装備されており、BL p-Classサーバ ブレードおよびインターコネクトに電源を供給します。
DC電源装置(-48VDC±10%)を使用する場合は、パワーエンクロージャおよびパワー サプライは不要です。この場合、ファシリティDC電源キット(製品番号240563-B21)のみが必要になります。
BL p-Class配電装置

ProLiant BL p-Classインフラストラクチャでは、リダンダント-48VDC電源(パワーエンクロージャまたはDCパワー装置より取得)がパワーエンクロージャからバス バー システムを経由してサーバ ブレード エンクロージャに供給されます。ProLiant BLバス バーは、ラックのレールにヒンジで取り付けられています。バス バーは中央から開くことができ、背面のサーバ ブレードおよびネットワーク ケーブルに簡単にアクセスすることができます。電源供給は、独立したA,、Bの2系統から供給することで二重化されています。

ラックに構成するサーバ ブレード エンクロージャの最大数によって、3つの異なる配電ソリューションを使用することができます。

  • ProLiant BL p-Classスケーラブル バス バー
  • ProLiant BL p-Classミニ バス バー
    注: 42UラックいっぱいにBL20pサーバ ブレードを構成する場合(サーバ ブレード エンクロージャ×6)は、2つのミニ バス バーが必要になります。
  • ProLiant BL p-Classパワーバス ボックス
  サポートされるパワーエンクロージャ サポートされる
サーバ ブレード
エンクロージャ
使用される
最大ラック
スペース
スケーラブル
バス バー
1または2 5以下 36U
ミニ バス バー 1 3以下 21U
パワーバス ボックス 1 1 9U
必要な電源 各パワーエンクロージャ当たり30Aリダンダント配電装置×2

コネクタ
 -NEMAコンセント(北米および日本)
  単相 L6-30、250v、30A 3線
電源ケーブルとネットワーク ケーブルは、それぞれ下部と上部からの配線用に最適化
OSサポート Microsoft® Windows® 2000
LINUX® (Red Hat® およびSuSE® )
Microsoft .NET™ Server
注: ProLiant BL p-Class対応の最新ドライバのダウンロードについては、HPのWebサイト http://www.compaq.com/support/files/server/jp/index.html を参照してください
インテリジェント
マネジメント機能
内蔵Lights-Outアドバンスト(iLO)
 仮想テキスト リモート コンソールおよびグラフィカル リモート コンソール *
 仮想フロッピー *
 仮想電源ボタン制御
 専用LAN接続
 DHCP/DNS/WINSによる自動IP設定
 業界標準128ビットSSL(Secure Sockets Layer)セキュリティ
 IMLおよびiLOイベントログ機能
 カスタマイズ可能なアクセス権限を持つ最大12のユーザ アカウントの
 サポート
自動サーバ復旧2(ASR-2)
Insightマネージャ7
リダンダントROM
リモート フラッシュROM
ROMベースのセットアップ ユーティリティ(RBSU)
Advanced Configuration and Power Interface(ACPI)仕様対応
サーバ ヘルス ログ
リダンダント パワー サプライ ユーティリティ
事前予防保証(プロセッサ、ハードディスク ドライブ、およびメモリが対象)
インターコネクト スイッチ マネジメント システムおよびユーティリティ(インターコネクト スイッチ オプション)
インテグレーテッド マネジメント ログ(IML)
オフライン バックアップ プロセッサ機能
ダイナミック セクタ修復およびドライブ パラメータ トラッキング(Smartアレイ コントローラ使用時)
リダンダント/アダプティブ 負荷均一化NICのサポート
* グラフィカル リモート コンソールや仮想フロッピなどのAdvanced機能はBL p-Classサーバに標準で使用できます。
可用性
電源の二重化: リダンダントAC電源からパワーエンクロージャへの電源供給、リダンダントDC電源によるパワーエンクロージャからサーバ ブレード エンクロージャへの電源供給、1+1リダンダント パワー サプライ
各サーバ ブレードにホットプラグ対応SCSIハードディスク ドライブ ベイ×2および内蔵RAID(Smartアレイ5i)を装備(バッテリ バックアップ式ライト キャッシュ イネーブラはオプション)
各サーバ ブレードにリダンダントROMを装備
ECCメモリ
インターコネクト スイッチの可用性
 
- ホットプラグおよびホットリムーブ対応、構成保持機能付き
- 各サーバ ブレード ベイに2つのネットワーク接続(合計4つのNIC)、2つのリダンダント インターコネクト スイッチに接続
- 各インターコネクト スイッチに2セットのリダンダント アップリンク ポートを装備し、スイッチ間通信を二重化
- IEEE 802.1Dスパニング ツリー プロトコルのサポートにより、ループの生じないリダンダント パスを実現
- 自動ポート負荷均一化によるスタティックIEEE 802.3ad(EtherChannel互換)トランキング
ネットワーク アダプタ チーミング(ネットワーク フォールト トレランス、伝送の負荷均一化、スイッチ支援の負荷均一化)
セキュリティ
電源投入時パスワード
管理者用パスワード
内蔵Lights-Outには、12のカスタマイズ可能なユーザ アカウントとSSL暗号化があります。
内蔵Lights-Outは、グローバル設定によって無効にすることができます。
インターコネクト スイッチには、マルチレベルのユーザ名とパスワード、および管理インタフェースのタイムアウトを設定することができます。
各インターコネクト スイッチで最大64のポート ベースIEEE 802.1QタグVLANをサポート
サービスおよびサポート 3年間のパーツ保証、1年間のオンサイト(出張)サービス、ならびに事前予防保証(ハードディスクドライブ、メモリおよびプロセッサ対象)を提供。さらにHP CarePackは、全国の特約店およびサービス会社網を通じて、広範なサービスを提供。
注: この保証には、一定の制限や例外事項があります。詳細についてはhp カスタマー インフォメーションセンターにお問い合わせ下さい。

ProLiant Essentials ソフトウェア

ProLiant Essentials Valueパック
オプションのProLiant Essentials Valueパック オプションのソフトウェア製品です。Adaptive Infrastructure(アダプティブ・インフラストラクチャ)の機能を選択的に拡張し、ビジネス上の特定の問題点やニーズを解決します。
Rapid Deploymentパック - マルチサーバ配備/監視を自動化するソリューションです。これにより、企業がビジネスの要求の変化に迅速かつ容易に対応することができます。
Workload Managementパック- 複雑な環境の管理を容易にし、サーバの利用効率全体を向上させます。これにより、初めてのWindows 2000のユーザが、複数のアプリケーションを単一のマルチプロセッサProLiantサーバに不安なく配備することができるようになります。
内蔵Lights-Out Advancedパック - BL40pには、グラフィカル コンソールと仮想メディアを含む内蔵Lights-Outのアドバンス バージョンが含まれます。
ProLiant Essentials Foundationパック
Insightマネージャ™ 7 Insightマネージャ7は、コストのかかるダウン時間や生産性の低下の原因となる問題が発生する前に問題の障害予測通知を提供するので、システムの稼動時間と性能の最大化やITインフラストラクチャの維持管理費の削減に有用です。Insightマネージャ7は、セットアップが簡単で、マネジメント エージェントが収集した障害およびパフォーマンス情報への迅速なアクセスを提供します。リモートInsightボードLights-Out Editionに1回のクリックでアクセスできるので、システム管理者は、リモート サイトやリモートInsightボードLights-Out Editionを備えたデータ センターにあるProLiantサーバをグラフィカルに完全に制御することができます。さらに、Insightマネージャ7をバージョン コントロール エージェントおよびバージョン コントロール マネージャと共に使用すると、システム管理者はHP ProLiantサーバの複数のグループにわたり、バージョン管理とシステム ソフトウェアのアップデートを行うことができます。
マネジメント エージェント マネジメント エージェントは、HPのインテリジェント マネジメント機能戦略の基礎を形成します。これによって、HP製サーバ、ワークステーション、デスクトップ、およびポータブル内に構築された構成の詳細に、ブラウザ ベースで直接アクセスできます。また、サブシステムまたは環境に障害が発生した際に、Insightマネージャ7およびその他のエンタープライズ マネジメント アプリケーションにアラートを送信します。マネジメント エージェントおよびその他のHP製管理製品について詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/servers/manage/ を参照してください。
ActiveUpdate ActiveUpdateは、Webベースのアプリケーションです。IT管理者がHPに直接アクセスし、ソフトウェア アップデートの事前通知や配信を受けることができます。
ROMPaq、サポート ソフトウェア、およびコンフィギュレーション ユーティリティ ProLiantサーバおよびオプションに対して最適化とテストが十分に行われた、最新のソフトウェア、ドライバ、およびファームウェアです。
Surveyユーティリティおよび診断ユーティリティ HPまたはユーザ自身によって使用する、非常に高度なコンフィギュレーション分析、レポートおよびトラブルシューティング用のユーティリティです。
ヘルスドライバ ヘルス ドライバ インタフェースと内蔵Lights-Out ASICは、サーバ コンポーネントの監視、イベント ロギング、およびHP Insightマネジメント エージェントのサポートなど、システム管理をサポートします。
iLO Management Interface Driver iLO Management Interface Driverは、Insightマネジメント エージェントに対しiLOマネジメント プロセッサへのアクセスを提供します。このインタフェースを使用して、SNMPアラート転送およびマネジメント エージェントの統合が提供されます。
注: ProLiant Essentialsソフトウェアについて詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/servers/proliantessentials を参照してください。

ラック最小要件

HP、Telco、および次の条件を満たす他社製のラックに収納

19インチ標準EIAレール セット互換
EIAレール間隔73.66〜76.2cm
キャビネット全体の奥行91.44cm以上(背面RETMAレールと背面ドアの間隔最低8.89cmを含む)
上部および下部にケーブル配線用の空間(パッチ パネルを使用したフル ラック構成時で約20cm四方)
725.75kg(フル ラック構成時)の耐重量
正面ドアと背面ドアに冷却用の通気を確保するための通気孔
通気要件を満たすため、サーバ ブレード エンクロージャのドアに65%の通気孔
10000シリーズ ラックでの使用に最適化

注: 7000シリーズ ラックを使用する場合は、ラック拡張キットおよびハイ エア フロー ドア パネル オプションが必要です。

ラックの通気要件

ラック9000および10000シリーズ キャビネット 新しい高性能プロセッサ技術の性能を最大限に引き出すには、ラックマウント型サーバの冷却効率を向上させる必要があります。ラック9000シリーズとラック10000シリーズでは、通気性の向上により非常に高い冷却効果を実現しており、最新のプロセッサを使用したサーバをラックに完全に実装することができます。
ラック7000シリーズ キャビネット ガラス製ドア付きのラック7000シリーズのラック(165753-293(42U)および163747-292(22U))にクロック周波数550MHz以上のプロセッサを搭載したサーバを設置する場合は、通気性を確保するために、ハイ エアフロー ドア パネル(モデル7142用)(327281-B21(42U))またはハイ エアフロー ドア パネル(モデル7122用)(157847-B21(22U))を取り付けて、通気を改善し冷却機能を大幅に向上させる必要があります。
注意: 他社製のラックを使用する場合、通気をよくして装置の損傷を防ぐために、以下の追加要件を満たすようにしてください。
- フロントおよびリア ドア: 42Uサーバ ラックでフロントおよびリア ドアを閉じる場合、通気をよくするために、上部から下部にわたって5350cm2の通気孔を均一に配置する必要があります(換気のために必要な64パーセントの開口部と同等になります)
  - 側面: インストールしたラック コンポーネントと、ラックのサイド パネルの間は、7cm以上あけてください。
注意: 通気をよくするために、ラックのフロント パネルのUスペースが空いたままになっている場合は、必ずブランク パネルを使用してカバーしてください。ブランク パネルなしでラックを使用すると、冷却が適切に行われず、高温による損傷が発生することがあります。
注: 詳細については、サーバに付属の『セットアップ/インストレーション ガイド』またはドキュメンテーションCDを参照してください。また、HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/manual にあるサーバに関する資料も参照してください。

モデル


ProLiant BL20p P1400-512KB、512MB (1プロセッサ) 230040-B21

プロセッサ インテル® Pentium® III 1.40GHz×1、標準(最大2基をサポート)
キャッシュ メモリ 512KBの2次キャッシュ(プロセッサ当たり)
メモリ 512(標準)〜4096MB PC133MHzレジスタ付きECC SDRAM DIMMメモリ
ネットワーク コントローラ NC3163 Fast Ethernet NIC 10/100 WOL(Wake On LAN)(PCI)×3、1つはPXEをサポート
もう1つの10/100ポートはiLO管理専用
ストレージ コントローラ Smartアレイ5iコントローラ(システム ボードに内蔵)
ハードディスク ドライブ 標準ではなし
内蔵ストレージ 最大600GB(オプションのハードディスク ドライブを使用)
CD-ROMドライブ なし
形状 ProLiant BL p-Classサーバ ブレード エンクロージャに垂直に挿入

ProLiant BL20p P1400-512KB、1GB(2プロセッサ) 257959-B21

プロセッサ インテル® Pentium® III 1.40GHz×2、標準(最大2基をサポート)
キャッシュ メモリ 512KBの2次キャッシュ(プロセッサ当たり)
メモリ 1024(標準)〜4096MB PC133MHzレジスタ付きECC SDRAM DIMMメモリ
ネットワーク コントローラ NC3163 Fast Ethernet NIC 10/100 WOL(Wake On LAN)(PCI)×3、1つはPXEをサポート
もう1つの10/100ポートはiLO管理専用
ストレージ コントローラ Smartアレイ5iコントローラ(システム ボードに内蔵)
ハードディスク ドライブ 標準ではなし
内蔵ストレージ 最大600GB(オプションのハードディスク ドライブを使用)
CD-ROMドライブ なし
形状 ProLiant BL p-Classサーバ ブレード エンクロージャに垂直に挿入
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡