Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ

HP ProLiant 8500

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
ProLiant 8500 イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase ストレージ説明
  概要説明   テクニカル仕様
  仕様一覧   システム構成
  オプション   カタログ
  メモリ増設      

先進のProfusion™ 8-Way システムアーキテクチャ。7Uの筐体に8-Wayの性能を凝縮した高密度サーバ。


ProLiant 8500 製品概要 (2000年5月23日)

4CPUを超えるスケーラビリティ、より高速で大容量のメモリ、より高性能のI/Oサブシステム・・・優れたプライスパフォーマンスはそのままに、性能や信頼性においてもRISC/UNIX サーバを超えるPCサーバが求められていました。 ProLiant 8500は最新の8-Way技術を採用し、複雑かつ膨大なデータを処理するデータセンターに求められる性能、アベイラビリティ、システム管理の容易さのすべてを満たすハイエンドPCサーバです。これまではRISC/UNIX サーバの領域とされていた365日×24時間の無停止のシステム運用にも安心して導入いただけます。

主な特長


ProLiant 8500 7Uサーバ イメージ 7Uの筐体に8-Wayの性能を凝縮した高密度サーバ

ProLiant 8500は、19インチラックに最適化された高密度の7Uサーバです。
42Uラックキャビネットで利用する場合、6台までのサーバが収納可能で、最大48基のPentium®III Xeon8500プロセッサが利用できます。また、ROC(RAID On a Chip) テクノロジによりRAIDコントローラチップを標準搭載し、内蔵のホットプラグ対応Wide Ultra2 SCSI ハードディスク4基をサポートします。
これによりアレイコントローラをPCIスロットに追加することなく、システムディスクをホットスペア対応のRAID構成で使用することができます。ラックスペースを節約しながら高い処理能力と信頼性が求められるクラスタ環境に最適です。

  • コンパックとIntel の共同開発によるProfusion アーキテクチャを採用。プロセッサ、メモリ、I/O がバランスよく強化され、高いスケーラビリティを維持しつつPentium® III Xeon プロセッサを最大8 基搭載可能です。
  • 42U ラックキャビネットを使用した場合、サーバを6 台まで収納可能。1 本のラックでPentium® III Xeon プロセッサを最大 48 基搭載可能です。
  • 11基のPCI スロットすべてにプッシュボタン式PCI ホットプラグを採用。サーバ本体の電源を落とすことなく、スロットのボタンと コンソールの画面から各スロットの電源のON/OFF が可能です。
  • リモートサイトからのROM アップデートが可能なリモートフラッシュリダンダントROMを採用。2 種類のROM イメージを保存できるため、1 つのROM バージョンで問題が生じても1 世代前のバージョンに戻すことが可能です。
  • リダンダントプロセッサパワーモジュールがプロセッサへの電源供給を確実にし、電源が不安定な場合に起こる障害を未然に防止します。
  • 冗長構成されたシステムファンにより、1 個のファンが故障しても他のファンが引き続き筐体内部を冷却するため、運用を中断しません。
  • オプションでリダンダントNIC 機能をサポート。1 枚目のNIC に障害が起こっても、2 枚目がスタンバイという構成を取れるため、システム全体に影響を与えません。
    ※電源は標準で2基搭載(最大2基)。200V電源でのご使用を強くおすすめします(オプションの200V用電源コードまたはUPS R6000Jが必要です)。PCIカードを9枚以上装着する場合、200Vでの運用が必須となります。

    ※ProLiant 8000/8500シリーズの設置にはラック9000シリーズの使用をおすすめします。ラック7000シリーズを使用する場合は、冷却効率を高めるため、オプションの ハイエアフロー ドアパネルが必要になります。

製品名

ProLiant 8500

モデル 6/700-1M モデル 2-1024 6/700-2M モデル 4-2048
プロセッサ Pentium®V Xeon 700MHz
マルチプロセッサ対応 標準2CPU/最大8CPU 標準4CPU/最大8CPU
キャッシュメモリ 1MB / CPU 2MB / CPU
メモリ 1GB(ECC/SDRAM)
(最大16GB)
2GB(ECC/SDRAM)
(最大16GB)
フロッピードライブ 3.5インチ (1.44MB/720KB)
CD-ROMドライブ 24倍速 IDE
ハードドライブ 標準 ディスクレス
最大
(内蔵)
291.2GB
ディスクコントローラ デュアルチャネル Wide Ultra2 SCSI アレイコントローラ
(オンボード) ※1
ハードドライブベイ 1インチ×4(ホットプラグ対応) ※2
リムーバブル ベイ 0 (フロッピードライブ、
CD-ROMドライブは専用ベイに装着済)
拡張スロット 64ビット/66MHz PCI×2、 64ビット/33MHz PCI×9
(全てプッシュボタンPCIホットプラグ対応)
インタフェース パラレル×1、シリアル×2、キーボード、マウス、
モニタ、Fast Wide SCSI-2
(VHDCI、外部テープドライブ専用)
ネットワーク Netelligent Dual Base コントローラ(PCI スロットに装備)
RJ- 45 ×2 、10Base- T/100Base- TX (自動認識)
解像度 1280×1024(256色)
消費電力 500W(100V-120V) / 1150W(200V-240V) ※3
省エネ法に基つくエネルギー消費効率 ※ I 区分 0.16
サイズ(H ×D ×W) 483 ×697 ×308mm
重量 約50kg
付属品 SmartStart、Insightマネージャ
サービス&サポート 1年間オンサイトサービス、3年間パーツ保証

製品名

ProLiant 8500

モデル 6/550-1M モデル 2-1024 6/550-2M モデル 4-2048
プロセッサ Pentium®V Xeon 550MHz
マルチプロセッサ対応 標準2CPU/最大8CPU 標準4CPU/最大8CPU
キャッシュメモリ 1MB / CPU 2MB / CPU
メモリ 1GB(ECC/SDRAM)
(最大16GB)
2GB(ECC/SDRAM)
(最大16GB)
フロッピードライブ 3.5インチ (1.44MB/720KB)
CD-ROMドライブ 24倍速 IDE
ハードドライブ 標準 ディスクレス
最大
(内蔵)
291.2GB
ディスクコントローラ デュアルチャネル Wide Ultra2 SCSI アレイコントローラ
(オンボード) ※1
ハードドライブベイ 1インチ×4(ホットプラグ対応) ※2
リムーバブル ベイ 0 (フロッピードライブ、
CD-ROMドライブは専用ベイに装着済)
拡張スロット 64ビット/66MHz PCI×2、 64ビット/33MHz PCI×9
(全てプッシュボタンPCIホットプラグ対応)
インタフェース パラレル×1、シリアル×2、キーボード、マウス、
モニタ、Fast Wide SCSI-2
(VHDCI、外部テープドライブ専用)
ネットワーク Netelligent Dual Base コントローラ(PCI スロットに装備)
RJ- 45 ×2 、10Base- T/100Base- TX (自動認識)
解像度 1280×1024(256色)
消費電力 500W(100V-120V) / 1150W(200V-240V) ※3
省エネ法に基つくエネルギー消費効率 ※ I 区分 0.22
サイズ(H ×D ×W) 483 ×697 ×308mm
重量 約50kg
付属品 SmartStart、Insightマネージャ
サービス&サポート 1年間オンサイトサービス、3年間パーツ保証

※1― 1チャネルは内蔵ハードディスク専用、1チャネルは外部のテープドライブ専用です。
※2― Wide Ultra2 SCSIハードディスク対応のドライブケージを標準搭載。Wide-Ultra SCSI-3ハードディスクは装着できません。
※3― 電源は標準で2基搭載(最大2基)。200V電源でのご使用を強くおすすめします(オプションの200V用電源コードまたはUPS R6000Jが必要です)。
PCIカードを9枚以上装着する場合、200Vでの運用が必須となります。

注: ProLiant 8000/8500シリーズの設置にはラック9000シリーズの使用をおすすめします。ラック7000シリーズを使用する場合は、冷却効率を高めるため、オプションのハイエアフロー ドアパネルが必要になります。

*エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める方法により測定された消費電力を省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項