Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  旧製品情報

SCSI ハードディスクドライブ オプション キット(サーバ)

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
SCSIハードディスク 製品写真

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  システム構成
  カタログ

オプション キット


HPのハードディスク ドライブ製品は、様々な厳しいテストを経たばかりではなく、SMART機能を備えることによって、HPに認証されています。
SCSIハードディスク ドライブは、データの信頼性と可用性を提供します。 第2世代と呼ばれる新しい15,000rpmハードディスク ドライブは、標準的な10,000rpmハードディスク ドライブと比べてパフォーマンスが最大50%向上します。
実際の性能は、ご使用になるアプリケーションとコンフィギュレーションで異なります。
すべてのhp製ハードディスク ドライブは、厳しい認証プロセスを経ており、お使いのhp製サーバでの動作が保証されています。さらに、すべてのhp製ハードディスク ドライブは、hp専用に設計されたファームウェアを装備した上で、最終的な認証がなされています。それによって、互換性および機能性(SMARTおよび Insightマネージャのサポートを含む)が最適に保たれます。
HPは、ホットプラグ対応ドライブ ケージの革新的な設計思想がもつ優れたデザイン性が認められ、1999年度Gold IDEAを受賞しました。新しいドライブ ケージは、コンパクトな設計、冷却力の向上、および回転振動の低減によるドライブ マウンティングの安定化などの機能向上とともに人間工学的および美的感性も評価されました。

 
S・M・A・R・T Gold IDEA

ドライブの品質


今日の分散型エンタープライズ環境では、より大規模で複雑なアプリケーションの使用、サーバでのミッション クリティカルなデータの増大、トランザクション処理要求の増大、クリティカル サーバの統合といった傾向が見受けられます。このような環境下では、ディスクストレージは情報システムの重要な要素であり、システムの信頼性とパフォーマンスの両方を大きく左右します。そのためhpのハードディスク ドライブでは厳しい認証プロセスが実施され、データの信頼性の問題、ファームウェアやOSとの互換性の問題、およびその他のデータ破壊または初期不良の原因を取り除いています。ハードディスク ドライブのファームウェアはhp専用で、機能性および互換性を最大限に発揮するよう設計されています。すべてのハードディスク ドライブは、対応するhpのシステムで動作することが検証されています。

パフォーマンス


エンタープライズ環境に適したパフォーマンスをもつハードディスク ドライブだけが、HPの認証プロセスを通して選ばれ、"best in class"のラベルが添付されています。すべてのハードディスク ドライブは、信頼性が保証され、対応するHP製品とともにお使いいただくことで最高のパフォーマンスが実現できます。

事前予防保証


hp製ハードディスク ドライブのファームウェアは、SMART機能を備えているため、SMARTアレイ コントローラおよび Insightマネージャと併用していただくことで、優れた障害予測機能が提供されます。SMARTアレイ コントローラ、 InsightマネージャあるいはSMART対応ハードディスクドライブが潜在的な障害を検出した段階で、事前にユーザに通知を行います。事前予防保証によって、現実の障害が発生する前にドライブを交換することが可能です。

注: hp アレイ コントローラ(SMARTまたはSMART-2)と Insightマネージャをいっしょに使用する場合、すべてのドライブが事前予防保証を受けられます。現実の障害が発生する前に、ハードディスク ドライブの交換が可能です。さらに1〜3年間のオンサイト限定保証またはドライブがインストールされたシステムの無償保証期間(最長3年間)が有効な残り保証期間として適用されます。

統合性


サード パーティのハードディスク ドライブをお使いのお客様が直面される問題の多くは、統合化の問題です。hp以外の製造元が提供する製品を購入した場合、そのハードディスク ドライブはhp製サーバおよびストレージ システムで正常に動作するよう設定されている保証はありません。このような互換性の問題があった場合、構成上の問題やパフォーマンスの低下、最悪の場合はデータ損失の原因になることがあります。hp製ハードディスク ドライブなら、お使いのhp製の装置で完璧に動作するよう専用に設計されテストされています。hpのシステムにおけるハードディスク ドライブの統合とは、ケーブル、SCSI IDの設定、ターミネーション、ホットプラグ対応ドライブ ケージ、およびファームウェアのすべてが、お使いのhp サーバまたはストレージ システムに適合した製品であることを意味します。

Wide Ultra3 SCSIハードディスク ドライブ


Wide-Ultra SCSI-3ハードディスク ドライブは、 Fast-Wide、Wide-Ultra SCSI-3、Wide Ultra2 SCSIコントローラと互換性があります。ただし、Fast-Wideコントローラを使用すると、Fast-Wideの速度で動作します。同じSCSIバス上にFast-Wide SCSI-2ドライブを混在させることも可能です。ケーブルとコネクタはFast-Wideドライブと同じです。Wide-Ultra SCSI-3ハードディスク ドライブは、従来のProLiant対応のホットプラグ対応ドライブ トレイのサポートも継続します。

Wide Ultra2 SCSIハードディスク ドライブ


HPのWide Ultra2 SCSI ハードディスク ドライブはSCSIバスの最大転送速度を80MB/秒(Wide Ultra2 SCSI)に向上させています。転送速度の向上は、SCSIバスが飽和状態になる機会を減少させ、すべてのSCSIデバイスが最高のパフォーマンスを発揮できるようにします。Wide Ultra2 SCSIのハードディスク ドライブを搭載するホットプラグ対応ドライブ ケージも改良され、hpのWide Ultra2 SCSIまたはWide Ultra3 SCSI対応システムで使用できます。この新しいドライブ ケージは、ドライブのパフォーマンスと記憶密度の向上に加え、従来のシングル エンドSCSIドライブの誤挿入を防止しています(誤ったドライブの挿入による、LVD対応システムの性能低下を防止します)。Wide Ultra3 SCSIの最大転送速度(160MB/秒)を達成するためには、ハードディスク ドライブおよびアレイ コントローラ(またはSCSIホスト バス アダプタ)はともにWide Ultra3 SCSI対応でなければなりません。

Wide Ultra2 SCSIユニバーサル ディスク ドライブ


Wide Ultra2 SCSI ユニバーサル ディスクドライブは、企業全体にわたってストレージの共通性を提供します。Wide Ultra2 SCSI ユニバーサル ディスクドライブは、Wide Ultra2 SCSI/ Wide Ultra3 SCSI対応のProLiantサーバ、ProLiantストレージ システム、AlphaServer、およびStorageWorksエンクロージャ(筐体)間でホットプラグの互換性があります。これらのプラットフォーム間でストレージの共通性があるため、維持管理費が削減され、ストレージが簡素化され、ハードディスク ドライブのスペアも最小限ですみます。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項