Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  旧製品情報

ProLiantサーバ用 AXL300アクセラレータPCIカード

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
AXL600L SSLアクセラレータ カード

製品情報/QuickSpecs

Showcase
仕様一覧
システム構成
カタログ

モデル


ProLiantサーバ用 AXL300アクセラレータPCIカード 227933-B21

概要

セキュリティ アプリケーション サーバのための高性能ソリューション: 1秒間当たり300件以上のSSL接続をサポート

機能一覧

  • SSL保護アプリケーションの性能におけるボトルネックを解消
  • セキュリティWebアプリケーション サーバのためのSSLセキュリティ処理を高速化
  • 専用のコプロセッサをProLiantサーバに追加して、繰り返しの多い指数演算による負担を軽減
  • 標準Webサーバで、1秒間当たり300件以上のSSL接続をサポート
  • Chinese Remainder Theoremおよび MultiPrime™対応で性能が向上
  • 1秒間当たりの、SSL接続ごとのコストを大幅に削減
  • 複数のカードを使用することにより性能が直線的に向上
  • PCI 2.2規格に準拠しているので、素早く簡単にインストール可能
  • Windows NT 4.0、Windows 2000のシステムに直接接続が可能

SSL保護アプリケーション サーバの性能におけるボトルネック

SSL(Secure Sockets Layer)は、ブラウザとサーバ間のデジタル通信を保護する暗号プロトコルです。SSLは、今日のインターネット セキュリティの事実上の標準プロトコルであり、数億のブラウザや数十万台のアプリケーション サーバのソフトウェアで使用されています。これは、ホーム バンキング、オンライン取引、および消費者電子商取引など、多くのインターネット アプリケーションにおける極めて重要な要素です。セキュリティ サーバがますます多くのSSLトラフィックを扱うにつれて、性能におけるボトルネックが生じ、顧客満足度に重大な影響を及ぼすおそれがあります。

SSLプロトコルでは、ブラウザとサーバ間で「ハンドシェイク」が行われ、そのセッションで使用する暗号アルゴリズムが確立されます。このハンドシェイクで、サーバは、膨大な計算が必要となる暗号鍵の指数演算を実行しなければなりません。一般的なセキュリティ サーバの場合、ソフトウェアでこの指数演算を実行すると、1秒間当たりわずかな件数のSSL接続を実行するだけで、極めて重い負荷を持つことになります。サーバのCPUが暗号処理を実行すると、ビジネス処理に残された動作サイクルはほとんどありません。人気の高いアプリケーションでは、新しい顧客はサーバへの接続を待つことになりますが、顧客は待ちきれなくて他のサイトに移動することになるでしょう。


AXL300アクセラレータPCIカードによって性能におけるボトルネックを解消

性能におけるボトルネックに対して即座に実行できる対策は、新たなアプリケーション プロセッサを追加することです。ただし、これは高価で、追加メモリのインストールが必要となる場合もあります。また、サーバの操作や管理が複雑になります。おすすめする別の対策は、専用の周辺プロセッサにすべての指数演算処理を任せて、ビジネス アプリケーションを実行できるように汎用プロセッサを解放することです。

AXL300アクセラレータPCIカードは、専用の周辺プロセッサの能力を利用して、セキュリティ アプリケーションの性能におけるボトルネックを解消するものです。このカードは、PCI 2.2規格に準拠しているので、簡単にインストールして使用できます。たとえば、一般的なセキュリティ サーバは、1秒間当たりわずかな件数のSSL接続を実行するだけで飽和状態となり、CPUの利用率は100パーセントになります。AXL300アクセラレータPCIカードは、セキュリティ処理のオーバーヘッドの負担を取り除き指数演算に向けられるCPUの利用をほぼゼロに低下させます。AXL300アクセラレータPCIカードを使用すると、新たな汎用プロセッサを追加するよりもはるかに低いコストで、サーバの負荷が軽減されてビジネス アプリケーションを実行できるようになります。


AXL300アクセラレータPCIカードによって、ビジネスとともにセキュリティ サーバを確実に拡張可能

セキュリティ アプリケーションが、より多数の顧客にサービスを提供するのに応じて、AXL300アクセラレータPCIカードは、膨大な計算が必要な指数演算によって生じる性能のボトルネックを継続して軽減します。AXL300アクセラレータPCIカードは、今日の標準Webサーバで1024ビットのRSA鍵を使用して1秒間当たり300件以上のSSL接続をサポートできます。AXL300アクセラレータPCIカードは、Chinese Remainder Theorem(CRT)およびMultiPrime™(HPが特許取得済みのRSA公開鍵の拡張版)にも対応しています。このカードは、CRTを用いて1秒間当たり600件以上のSSL接続でテストされています。

複数のAXL300アクセラレータPCIカードを使用することにより、性能を直線的に向上させることができるので、ビジネスのニーズに合わせてセキュリティ アプリケーション サーバを拡張できます。このため、極めて経済的なソリューションによってセキュリティ アプリケーションの性能におけるボトルネックを軽減できるので、顧客がWebサイトを早々に立ち去るということがなくなります。


セキュリティ サーバの性能が重要である場合にAXL300アクセラレータPCIカードがそのソリューションとなる

AXL300アクセラレータPCIカードは、Netscape Enterprise Server 3.5と3.6、OpenSSL 0.9.5以降を使用したApache、およびMicrosoft社のIIS 5.0のセキュリティ アプリケーション環境をサポートしています。AXL300アクセラレータPCIカードは、Microsoft® Windows NT® 、Windows 2000® のプラットフォームが動作するProLiantサーバにインストールできます。

現在リリースされている AXL300 Software V1.2 では、以下の OS と Web サーバの組み合わせをサポートしています。

 

オペレーティング・システム

Web サーバ

Windows NT 4.0 Server/x86 Netscape Enterprise Server 3.5/3.6
iPlanet Web Server, Enterprise Edition 4.1
Windows 2000 Server Netscape Enterprise Server 3.5/3.6
Microsoft Internet Information Server 5.0
Linux/x86 (RedHat 6.2) Apache Web Server 1.3.x (via openSSL 0.9.5 or later)
ご注意:Microsoft IIS 4.0はサポートしていません。

サポートされるサーバ

AXL300アクセラレータPCIカードは、次のIntelベースのサーバをサポートしています。
 
ProLiant DL320
ProLiant DL360
ProLiant DL360 G2
ProLiant DL380
ProLiant DL380 G2
ProLiant DL580
ProLiant DL580 G2
ProLiant DL760
ProLiant DL380 パッケージ クラスタ
ProLiant ML350 G2
ProLiant ML370
ProLiant ML370 G2
ProLiant ML530
ProLiant ML530 G2
ProLiant ML570
ProLiant ML750
ProLiant 8000
ProLiant 8500
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項