Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP Insight Dynamics - VSE

HP Insight Dynamics - VSEスイート

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
製品イメージ

製品情報/QuickSpecs

Showcase   システム構成図
概要説明   マニュアル
仕様一覧  
テクニカル仕様   定期トレーニング
Q&A  

製品説明

HP Insight Dynamics - VSEは、物理および仮想リソースを同じ方法で分析し最適化できる業界初の統合システムです。最高のHPインフラストラクチャ管理ポートフォリオを1つに組み合わせることによって、HP Insight Dynamics - VSEは、複雑なテクノロジのプロジェクトを促進する強力なツールを提供し、日常業務を簡素化します。物理インフラストラクチャ全体に柔軟で自由度の高い仮想化を実現することで、インフラストラクチャの適応性を向上させます。高度な計画性と仮想化によって、変化をより予想可能なものとし、管理を容易にします。
HP Insight Dynamics - VSEは、インフラストラクチャを継続的に統合し、動的なテストおよび開発環境を構築するのに最適なツールです。また、費用対効果の低い場所に高速で安価な高可用性を提供し、エネルギーを意識した優れたキャパシティプランニングを実行することにも最適です。

HP Insight Dynamics - VSEは、設計思想に基づいて統合されており、各製品を単にまとめただけよりも高い性能を発揮します。
HP Insight Dynamics - VSEは、HP Virtual Server Environment、HP Insight Control、HPバーチャル コネクトなどの定評のあるHPのテクノロジをベースにしています。この新しいソフトウェアはHP Systems Insight Managerにシームレスにプラグインとして提供されます。HPの仮想化に対するライフサイクル にわたるサービスによってサポートされています。

HP Insight Dynamics - VSEスイートには、Server Migration Pack - Universal EditionおよびHP Insight Controlに加えて、新しい論理サーバーおよびキャパシティプランニング機能が含まれています。また、HP Insight Dynamics - VSEスイートのキャパシティプランニング機能専用の、お求めやすい期間限定のライセンスも用意しています。

新機能

HP Insight Dynamics - VSEスイートfor HP ProLiantの最新リリースに当たるバージョン4.1では、キャパシティ プランニングや仮想化管理のためのサポートが拡大されます。また、新しいHP Insight Orchestrationオプションによりインフラストラクチャのプロビジョニングが自動化され、IT部門は業務部門に対してより優れたサービスをより速く提供できるようになります。

HP Insight Dynamics - VSEをオプションのHP Insight Orchestrationを使用して拡張すると、セルフサービス ポータルを使用して共有リソースのプールからインフラストラクチャを一貫性のある方法で自動的にプロビジョニングできるようになります。プロビジョニングできるリソースには、単一の仮想マシンから、関連付けられた物理および仮想リソース要件を含む複雑な多層環境までさまざまなものがあります。

キャパシティと電力の継続的なプランニング:以前からサポートされているHP製サーバーに加え、Windowsベースのx86サーバーのキャパシティをリアルタイムでプランニングして、統合とインフラストラクチャの最適化を継続的に行えるようになります。また、HP BladeSystemなど、より効率的な次世代プラットフォームへの移行が簡単になります。

HP Insight Dynamics - VSEは、VMware ESXiおよびMicrosoft Hyper-Vなどの新しい仮想化テクノロジもサポートするようになるため、お客様は物理リソースと仮想リソースを同じ方法で管理できます。
  • 管理対象サーバーのキャパシティ プランニング機能の拡張
    • Windowsベースx86プラットフォームを一部サポート。詳細については、HPのHP Insight Capacity Advisor Consolidation SoftwareのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/capadを参照してください。
    • Linuxを実行するHP ProLiantサーバーで、エージェントを利用した全ての機能をサポート
  • ハイパーバイザ サポートの拡張
    • Microsoft Hyper-VおよびVMware ESXi 3.5組み込み型ハイパーバイザ
  • 管理対象ノードを500台から1000台にオペレーティング システム イメージを増加
  • HP Server Migration Pack - Universal 3.6に対応
  • オプションの新しい拡張機能

最適な環境

以下の環境に適しています。

次のようなプロジェクトを計画している中規模または大規模企業

  • 巨大サーバー プールの統合
  • HAクラスタリングによって保護されていないアプリケーションのサービス品質の向上
  • テストおよび開発環境での稼動までの時間短縮
  • データセンタの消費電力の削減

HP BladeSystemを導入済みまたは導入予定がある大規模および中規模環境のお客様

  • 100〜150台以上のサーバーまたは4台以上のHP BladeSystemエンクロージャを所有
  • VMware ESX 3.0.1以降(HP ProLiantブレード)を所有
  • HP SIMおよびHP ICEを使用
  • バーチャルコネクトを使用、またはバーチャルコネクトに関心がある

HP ProLiantも使用している大規模または中規模のHP Integrityのお客様

  • HP Integrity、vPars、またはIntegrity Virtual Machines (Integrity VM)仮想マシンなどのVSEコンポーネントでHP Virtual Server Environmentをすでに使用している
  • HP ProLiantで同様の機能を求めている

主な利点

「論理サーバー」機能

「論理サーバー」によってインフラストラクチャの変更速度を向上
  • 仮想マシン、物理ブレード、およびオフライン テンプレートをすべて同じ方法で管理
  • 仮想ファブリックと組み合わせることによって、「論理サーバー」の作成、プロビジョニング、および移動が可能
  • これらを使用することにより、迅速かつ簡単にサーバーの能力に対応して新しいプロジェクトを配備し、メンテナンス時間を短縮し、サーバーを復旧することが可能

サーバーおよび電力のリアルタイムのキャパシティプランニング

最先端のキャパシティプランニングによってコストを削減し、エネルギー効率を向上
  • HP研究所の開発した新しいSmart Solverテクノロジのキャパシティプランニングによる、電力測定を含む数千のデータポイントに基づいた作業負荷配置の迅速かつ正確な推奨
  • 統合分析を自動化することで、大規模な統合計画を月単位から日単位、または時間単位にスピードアップ可能
  • キャパシティプランニングを単発ではなく継続的に実施することで、パフォーマンスと電力の継続した最適化を実現可能
  • Consolidation Pack for ProLiantが、100サーバーのキャパシティプランニングのための期間限定式ライセンス オプションを提供

物理および仮想リソースの統一された制御

物理および仮想リソースの統一された制御によってITスタッフのサービス品質と生産性を向上
  • HP Systems Insight Managerに基づいた、最も多くの企業で使用されているインフラストラクチャ管理プラットフォーム
  • HP Virtual Server EnvironmentおよびHP Insight Control上に構築
  • 物理マシンまたは仮想マシンにかかわらず、「論理サーバー」を視覚化して管理することで、非効率的な管理を排除
  • すべての仮想マシン テクノロジと連携する設計
  • プロセッサ、ネットワーク、ストレージ、および電力の使用量をリアルタイムで示すわかりやすいメータによって、一目でわかる詳細な構成および使用率情報を取得
  • 既存の組織とプロセスを壊すことなく仮想および物理環境を管理する単一のインタフェースによってプロセスを簡素化

対象となる使用例

統合、高可用性、テストおよび開発、ならびにエネルギー使用管理など、データセンタにおける重要なシナリオでの使用に最適
  • 継続的な統合
    • 大規模な統合を数時間で計画し、インフラストラクチャを迅速に再目的化して均衡化することによってリソースを継続的に最適化
  • 動的なテストおよび開発インフラストラクチャ
    • 複雑な再インストールなしにテストおよび開発ハードウェアを迅速に再目的化し、テスト環境を再利用できるように数分でアーカイブすることによって、実務への移行時間を短縮
  • 日単位の高可用性
    • 簡単に「論理サーバー」を移動して容量を節約することで、高速で安価な保護とメンテナンス時間の短縮を実現
  • エネルギーを意識したキャパシティプランニング
    • 非効率なサーバーを特定し、より電力効率の高い少数のサーバーに迅速に統合することで、データセンタの寿命を延長
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項