Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  ソリューション

VMware for HP ProLiant

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
VMware for HP ProLiant VMware for HP ProLiant イメージ

HP ProLiant と VMware が実現するソリューション

 
VMwareの仮想テクノロジにより、1台の物理的なサーバー上に複数の「仮想マシン」を構成し、それぞれの仮想マシン上で異なるオペレーティング・システム(OS)やアプリケーションを稼動できます。
仮想マシンは個々に独立したシステム環境として動作し、特定の仮想マシン上で発生した問題や作業は、物理的なサーバーや他の仮想マシンの動作に干渉しません。
これにより、既存のサーバーを計画的に仮想マシンへ割り当て、1台の物理的サーバー上での統合することが可能です。

HP ProLiantとVMware製品が実現するソリューションと、そのメリットは以下の通りです。
目次
INDEX
HP ProLiant と VMware が実現するソリューション
製品ラインアップ
ESXサーバ動作認定機種
ダウンロード
ストレージ・サーバ接続情報
アセスメントサービス

●サーバーリソースの効率的運用
 
 
VMware
従来、サーバーシステムは物理的な1台を1システムとする構成が前提であったため、サーバーの構成は負荷のピークに合わせて決定されていました。このため、ピーク時以外に性能を100%活用しているケースは稀です。
VMwareにより、1台の物理的サーバー上に複数の仮想マシンを稼動させることで時間的な負荷分散などを実現し、システムを効率的に運用できます。
 
●サーバー統合ソリューションの実現
 
  1台の物理サーバー上で複数の仮想マシンを運用し、物理サーバー台数の削減と統合コンソリデーションを実現。省スペース運用や統合バックアップ運用といった新たな効果をもたらします。
 
●SAN環境の有効活用
 
 
VMware
データの共有のためのSANストレージの活用は近年一般的ですが、サーバー台数の多い環境では、サーバーごとにSANの結線が必要なため導入コストがかさむという課題があります。
仮想化によってサーバーを統合すれば、ストレージに接続するサーバー台数を物理サーバーの台数に集約でき、SAN設計が容易になります。また、SAN環境では、SAN経由での仮想マシン環境の起動(SANブート)が可能です。
SANの機能を利用した高機能なデータバックアップ運用を行うことも可能で、耐障害対策、復旧時間の短縮といった付加価値を提供します。
 
●HP ProLiant Essentialsとの連携によるVMwareのさらなる運用の効率化、自動化
 
  仮想マシンにおけるクラスタ構築や無停止スケジュール運用
  仮想マシンで稼動するOSとアプリケーションは、複数の物理サーバー間でクラスタを構成できます。これにより従来の物理サーバー同士のクラスタシステムと同等レベルの可用性、信頼性を実現します。またVMwareの特徴的な機能である「VMotionテクノロジ」により、稼動中の仮想マシンを異なる物理サーバーへ、セッション切断なしに瞬時に移動できます。(※1) 
このVMotionテクノロジ機能と「HP Systems Insight Manager(HP SIM)」を組み合わせることで、一定以上の高負荷が続いた仮想マシンをシステム停止することなく他の物理サーバーへ移動させるなど、自動的な運用の計画が可能になります。
 
  仮想マシンと物理マシンの統合管理が可能
  HP SIMの最新バージョン4.2とプラグインソフト 「HP Essentials Virtual Machine Management Pack」の導入により、物理的サーバーのハードウエアから仮想マシンまでを統合された一つのコンソールから管理できます。 この統合された管理機能は、HPの仮想化ソリューションの大きな特長です。
また、遠隔管理機能を提供する内蔵Light-Out(iLO、※2)の活用により、設定変更やインストレーションを遠隔地からでも迅速に行えます。
 
  既存環境を仮想マシンへ効率的に移行
  独自のソフトウェア製品 HP Essentials Server Migration Pack(2005年夏頃発売予定)が、既存のシステム環境の仮想マシンへの移行作業を効率化します。
本製品は仮想環境の構築を飛躍的に簡素化し、移行期間を大幅に短縮します。
これにより、既存環境の仮想化システムへのスムーズな移行を支援、物理サーバー台数の削減と統合コンソリデーションを実現します。
 
※1 VMotionテクノロジはVMware ESX ServerとVirtual Centerを併用した場合に利用可能です。
※2 一部、iLOを搭載していないHP ProLiantサーバーがあります。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項