Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ

HP Serviceguard for Linux

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP Serviceguard for Linux ProLiantクラスタ イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase   定期トレーニング
  製品概要   マニュアル
    仕様一覧   システム構成
  オプション   カタログ
  Q&A      

仕様一覧


メモリ要件

HP Serviceguard for Linuxで必要なメモリ量は、クラスタで構成されているパッケージの数によって決まります。必要なメモリ量の概算は、次の式で求められます。
合計メモリ量 = 6MB + 80KB/クラスタ内の1パッケージ
合計メモリ量は、特定のパッケージやリソースがノード上に存在するかどうかには関係なく、クラスタ内のすべてのノードで必要です。

アプリケーション ツールキット

Apache、NFS、MySQL、PostgreSQL、Samba、Tomcat、およびSendMail用のアプリケーション ツールキットは、追加料金なしでダウンロードできます。ツールキットは、シェル スクリプト セットと、Serviceguardパッケージとしてこれらのアプリケーションを構成するためのバイナリ ファイルから構成されます。Oracle用のツールキットは、追加で購入できます。シェル スクリプトは、環境に合わせて修正できます。Serviceguardツールキットは、関連するアプリケーションなしでは使用できません。パッケージをインストール、構成、およびテストする前に、アプリケーションをLinuxシステムにインストールしなければなりません。
アプリケーション ツールキットは、HPのWebサイト http://www.hp.com/go/softwaredepot/ha (英語)からダウンロードできます。

サポートされるオペレーティング システム

  • Red Hat Enterprise Linux(ASおよびES)4
  • Red Hat Enterprise Linux5
  • SuSE Linux Enterprise Server 10
注: 現在サポートされているサービス パックについては、HPのWebサイト http://www.hp.com/info/sglx (英語)の「Documentation」の項にあるServiceguard for Linux認定マトリックスを参照してください。

クラスタ アービトレーション要件

  • クラスタ アービトレーションは、最高レベルの可用性とデータ完全性を確保するために不可欠です。HPは、この要件を満たすために2つの方法を提供しています。その1つは、複数の障害を処理するために、2ノード構成では必須要件であり、3または4ノード構成では推奨要件です。
  • クラスタ ロックLUN - 障害によってクラスタが50%に分割(スプリット)された場合に、共有LUNを利用して調停(アービトレーション)メカニズムを提供するクラスタ ロックLUNには、100K以上の専用LUNが必要です。
  • Quorumサービス:外部のPCまたはサーバで動作し、最大50クラスタ/100クラスタ ノードを調停できます。1つのQuorumサービスが、LinuxおよびHP-UXクラスタにアービトレーション サービスを提供します。これは、サイトの障害時にクラスタがQuorumを作成できることを保証するために第3サイトにQuorumサービスが存在するスプリット サイト構成で特に貴重です。Quorumサービスが動作しているノードは、サービスを提供するクラスタにネットワーク接続されている必要があります。各ノードとの接続に同時に障害が発生しないように、各ノード接続がクラスタ ハートビート接続から独立していることを確認してください。Linux環境では、Quorumサービスによって最大50のクラスタと100のノードを管理することができます。Quorumサービスとクラスタ ノードは、異なるサブネット上に存在することができます。
    Quorumサービスは、SuSEまたはRed Hat Professional 7.1以降で動作確認されているHP PCまたはサーバで実行してください。
  • パッケージの構成の1つになるようにQuorumサービスを作成できるため、高可用性が実現されます。パッケージは、Quorumサーバが提供するクラスタ外で実行する必要があります。
  • 最小メモリ要件は128MBです。
  • 最大16MBのメモリをロックします。
  • 1つのQuorumサービスによって最大100のノードまたは50の異機種クラスタを管理することができます。

Serviceguard Manager

B.01.01 (またはそれ以降)のエンタープライズ クラスタ管理対象ノード
 
  • ServiceguardバージョンA.11.17以降 (LinuxはA.11.18以降)
  • Serviceguard OPS Edition A.11.17以降 (LinuxはA.11.18以降)
  • Serviceguardの従来のバージョンは、HPのWebサイト http://www.hp.com/go/softwaredepot/ha(英語)で入手できます。

管理ブラウザ

以下のいずれかのブラウザをサポート
 
  • Internet Explorer 6.0以上
  • Mozilla 1.5以上

サポート対象となるモデル


サーバ

ProLiant BL c-Class(HP BladeSystem)   ProLiant BL p-Class(HP BladeSystem)
  • HP ProLiant BL460cサーバ ブレード
  • HP ProLiant BL465cサーバ ブレード
  • HP ProLiant BL480cサーバ ブレード
  • HP ProLiant BL685cサーバ ブレード
  • HP ProLiant BL20p G2サーバ ブレード
  • HP ProLiant BL20p G3サーバ ブレード
  • HP ProLiant BL20p G4サーバ ブレード
  • HP ProLiant BL25pサーバ ブレード
  • HP ProLiant BL40pサーバ ブレード
  • HP ProLiant BL45pサーバ ブレード
     
ProLiant DL(ラックに最適なサーバ)   ProLiant ML(拡張に最適なサーバ)
  • HP ProLiant DL360 G3
  • HP ProLiant DL360 G4
  • HP ProLiant DL360 G4p
  • HP ProLiant DL360 G5
  • HP ProLiant DL380 G2
  • HP ProLiant DL380 G3
  • HP ProLiant DL380 G2パッケージ クラスタ
  • HP ProLiant DL380 G3パッケージ クラスタ
  • HP ProLiant DL380 G4
  • HP ProLiant DL380 G4パッケージ クラスタ(MSA500 G2付き)
  • HP ProLiant DL380 G4パッケージ クラスタ(MSA1000付き)
  • HP ProLiant DL380 G5
  • HP ProLiant DL385
  • HP ProLiant DL560
  • HP ProLiant DL585
  • HP ProLiant DL580 G2
  • HP ProLiant DL580 G3
  • HP ProLiant DL580 G4
  • HP ProLiant DL580 G5
  • HP ProLiant DL585
  • HP ProLiant DL740
  • HP ProLiant DL760 G2
 
  • HP ProLiant ML350 G3
  • HP ProLiant ML350 G4p
  • HP ProLiant ML350 G5
  • HP ProLiant ML370 G3
  • HP ProLiant ML370 G4
  • HP ProLiant ML370 G5
  • HP ProLiant ML570 G3
  • HP ProLiant ML570 G4
   
  HP Integrityブレード
 
  • HP Integrity BL860cサーバ ブレード

注: これは、サポートされているサーバの一覧です。一部が販売終了になっている場合や、特定のLinuxディストリビューションではサポートされていない場合があります。サポートされているサーバの最新の一覧については、HPのWebサイト http://www.hp.com/info/sglx (英語)の「Documentation」の項にあるHP Serviceguard for Linux認定マトリックスを参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項