Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

SmartStart 8.0

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
SmartStart 製品イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase
    インストール方法
  概要説明
  Q&A

サーバ セットアップ

SmartStartは、ROMベース セットアップ ユーティリティ(RBSU)を使用し、サーバおよびアレイのハードウェア構成を実行します。ROMベース システムの一覧については、サポートマトリックス(PDF)で確認できます。ROMベースではない従来のサーバ システムでは、SmartStart 5.50を使用してサーバをセットアップしてください。

自動OSインストール

SmartStartを使用すると、ハードウェア プラットフォームのパフォーマンスを最適化できるように、オペレーティング システムのインストール処理に対するシステムの準備をするのに役立ちます。自動インストールを使用すると、SmartStartは、ベンダ供給のCDを使用してオペレーティング システムをインストールできるようになり、さらに、ProLiant Support Pack(PSP)を使用してサーバ サポート ソフトウェアを自動インストールできるようになります。

手動OSインストール

自動インストールをしない場合は、(RBSUが有効なシステムで)ROMベースのセットアップまたはOption ROM Array Configuration(ORCA)を使用するか、もしくはOSをインストールする前に、SmartStartを使ってサーバのハードウェアを設定することができます。オペレーティング システムをインストールした後、SmartStartから最新のPSPを適用してください。最新のPSPは、WindowsまたはLinuxシステムのどちらかを自動実行するか、またはHPのWebサイト http://www.hp.com/jp/servers/swdrivers/からダウンロードできます(詳しくは、「ソフトウェア アップデート」を参照してください)。
 このページの先頭へ戻る

ソフトウェアのアップデート

自動実行機能

SmartStart CDおよびProLiant Firmware Maintenance CDの自動実行機能が、Windows環境およびLinux環境で利用できます。自動実行を使用すると、CDに収録されたソフトウェアと製品の役立つ情報にアクセスすることができます。

  • Windowsシステムで自動実行を起動するには、CDをCD-ROMドライブに挿入して自動実行を自動的に起動させます。または、CDから_autorun\autorun_win.exeを実行して起動します。
  • Linuxシステムで自動実行を起動するには、CDをCD-ROMドライブに挿入し、ルートにログインしてCDをマウントし、自動実行ファイルを実行します。

Subscriber's Choiceによる新しくリリースされるソフトウェアに関する事前通知

Subscriber's Choiceのサービスを利用するお客様には、PCN(Product Change Notification)、CA(Customer Advisory)、およびソフトウェア ドライバ アラートが配布されます(英語)。HPのSubscriber's ChoiceのWebサイトhttp://www.hp.com/go/subscriberschoice/(英語)で提供される機能の豊富な通知サービスのご利用をおすすめします。なお、ソフトウェアの新リリースについての通知は、英語で提供されます。
 このページの先頭へ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項