Jump to content 日本-日本語

製品  >  BladeSystem  >  c-Class  >  インターコネクト  >  ファイバチャネル

HP BladeSystem c-Class 4Gb バーチャルコネクト ファイバチャネル モジュール(販売終了)

HPE BladeSystem

HPE ProLiant

キャンペーン

製品カタログ

技術情報

導入事例

サポート&サービス

旧製品情報

サイトマップ

 
 
コンテンツに進む
HP BladeSystem c-Class 4Gb バーチャルコネクト ファイバチャネル モジュール
概要
モデル/オプション
仕様
マニュアル
システム構成
カタログ

仕様一覧

輸送時寸法

長さ 352.55mm
270.00mm
高さ 120.65mm

輸送時重量

  2.0kg

製品仕様ハードウェア

性能 ポート当たり最大800MB/秒のスループット
最大フレーム サイズ2148バイト(2112バイト ペイロード)
帯域幅 106MB、全二重(1Gb/秒の場合)
212MB、全二重(2Gb/秒の場合)
426MB、全二重(4Gb/秒の場合)
アグリゲーション帯域幅 最大8.52GB、全二重
ファブリック レイテンシ (スイッチ内) 1Gb/秒〜1Gb/秒、0.6μ秒未満
2Gb/秒〜2Gb/秒、0.4μ秒未満
4Gb/秒〜4Gb/秒、0.2μ秒未満
ファイバ チャネル ポート数 (4)外部1/2/4Gb/秒ポート
(16)内部1/2/4Gb/秒ポート
外部ポートのタイプ ファブリック ポート(F_Port)として設定済み
1Gb、2Gb、または4Gbの自動ネゴシエーションSFPポート
内部ポートのタイプ ファブリック ノード ポート(N_Port)として設定済み
1Gb、2Gb、または4Gbのオートネゴシエーション
サービスのクラス Class 2およびClass 3のファイバ チャネル サービス
スケーラビリティ スイッチの総数制限に影響しない(サポートされる構成の最新情報については、『SAN Design Guide』を参照してください)
バッファ クレジット ポート当たり8バッファ クレジット、ASIC内臓組み込みメモリ
コネクタおよびケーブル LCコネクタ付きホットプラグ対応SFP光トランシーバ
短波長レーザ(SWL)、最大500m
長波長レーザ(LWL)、最大10km
インジケータ モジュール ロケータ(UID)
モジュール ステータス
リンクおよび動作
ポート設定ステータス
寸法 長さ 267.7mm
92.79mm
高さ 27.94mm
重量 1.27kg
環境範囲  仕様 10〜35℃
温度範囲 *
 動作時 10〜35℃
 輸送時 -40〜60℃
 保管時 -20〜60℃
 最大湿球温度 30℃
相対湿度 (ただし結露しないこと)**
 動作時 10〜90%
 輸送時 10〜90%
 保管時 10〜95%
 仕様 10〜35℃
* ここで示す温度の定格はすべて海抜0mにおけるものです。海抜3,048mまでは、高度が304.8m上昇するごとに1℃下がります。直射日光が当たらないようにしてください。動作時の最高海抜高度は、3,048m(70Kpa)です。非動作時の最高海抜高度は、9,144m(30.3kPa)です。
** 保管時の最高湿度95%は、最高温度45℃に基づきます。保管時の最低気圧は70KPaです。
電源仕様 12V@3A(36W)

製品仕様ソフトウェア

業界標準NPIVサポート バーチャル コネクト ファイバ チャネル モジュールは、N_Port_ID Virtualization(NPIV)を通じ単一のN_Port アップリンクに複数のFC HBAポートを統合することによって機能します。NPIVにより、複数の区別可能なアイデンティティ(複数のポートWWNやポートID)を単一のN_Port接続で使用できます。ほとんどのファイバ チャネルSANスイッチ ベンダは、最新バージョンのファームウェアでNPIVをサポートしています。NPIV規格に準拠することにより、SAN機器の相互運用性が簡素化されます。バーチャル コネクト ファイバ チャネル モジュールは、基本的な4:1、8:1、または16:1のNPIVファイバ チャネル集束をサポートします。
データセンタ接続 各バーチャル コネクト ファイバ チャネル モジュールは、最大4つのSANファブリックをサポートし、通常、NPIVモードで動作するように設定されたファイバ チャネル スイッチに接続されます。4個のアップリンク ポートは、1 / 2 / 4Gbpsのいずれかの転送速度を選択できます。

SAN管理者は、セットアップ ウィザードを使用して、サーバが接続されるファブリックを命名し、超過接続レートを設定することができます。ファイバ チャネル ブート パラメータおよびWWN管理は、設定可能なオプションとしてサーバ プロファイルに統合できます。

NPIV環境では、バーチャル コネクト ファイバ チャネル モジュールとデータセンタ スイッチの間に初期簡易ログイン機能があります。ログインが完了すると、すべてのHBA接続は、サーバとSANスイッチの間に直接接続されているように表示されます。バーチャル コネクト ファイバ チャネル モジュールはSANからはパススルー デバイスとして認識され、ケーブルの本数は最大16分の1に減少します。
管理機能

バーチャル コネクト ファイバ チャネル モジュールを設定するには、バーチャル コネクトイーサネット モジュールが必要です。 これで、サーバ接続のための完全なバーチャル コネクト環境が提供されます。

シンプルで使いやすいGUI(グラフィカル ユーザ インタフェース)を使用して、バーチャル コネクト ドメインのすべての要素を定義、設定、管理できます。

セットアップ ウィザードを使用して初期ドメインの導入と設定、およびSAN設定を行えます。

Ethernetネットワーク、VLANを使用した共有アップリンク セット、SANファブリック管理、およびサーバ プロファイルを包括的に管理および定義できます。

ドメイン管理を使用して、ユーザ アカウント、エンクロージャ、バーチャル コネクト ドメインの設定、およびファームウェア アップデートを行えます。

HP c-ClassエンクロージャおよびOnboard Administratorにおける、バーチャル コネクト モジュールの位置およびステータスを[Hardware Status]ページで表示できます。ハードウェア要素の詳細情報を一目で確認できるマウスオーバー ポップアップ ウィンドウ機能があります。

WWNアドレス管理によって、事前に定義されたWWNアドレス範囲をローカル管理して、SANボリュームの事前プロビジョニングが可能です。

HP 1/10Gbバーチャル コネクトEthernetモジュールが隣接したベイに取り付けられている場合、バーチャル コネクト マネージャは高可用性ペアとして動作します。すべての構成データはフラッシュ メモリに保存され、スタンバイ モジュールにチェックポイントが作成されます。GUIを使用して、構成をワークステーションにバックアップすることもできます。

管理および規格のサポート

標準 ANCI T11 N_Port ID仮想化
FC-PH Rev. 4.3
FC-PH-2
FC-PH-3
FC-AL Rev 4.6
FC-AL-2 Rev 7.0
FC-FLA
FC-GS
FC-GS-2
FC-GS-3
FC-FG
FC-VI
FC Element MIB RFC 2837
Fibre Alliance MIBバージョン4.0

安全規格

安全認定 UL/CSA 60950-1へのUL/CUL認証
EN 60950-1へのTUV
IEC 60950-1(国別の規格を含む)へのCBレポートと証明書
CEマーク

電磁界放射認定 FCC Part 15 Class A

FCC Part 15 Class A
EN 55022 Class A(CISPR22 Class A)
VCCI Class A
AS/NZS 3548 Class AまたはAS/NZS CISPR22 Class A
MIC Class A
CEマーク
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項