Jump to content 日本-日本語

製品  >  BladeSystem  >  c-Class  >  メザニンカード

QLogic 1GbE iSCSI アダプター

HPE BladeSystem

HPE ProLiant

キャンペーン

製品カタログ

技術情報

導入事例

サポート&サービス

旧製品情報

サイトマップ

 
 
コンテンツに進む
本製品は販売終了しました。
QLogic 1GbE iSCSI アダプター 製品写真

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  ドライバー[英語]
  システム構成
  カタログ

概要

本製品は、HP BladeSystem c-Classサーバーブレード用に2つの1Gbイーサネットポートを増設するiSCSI、TCP/IPトラフィックのオフロード対応のメザニンカード(PCI Expressカード)です。PCI Express 4レーン(x4)の仕様で、Type I、Type IIの双方のメザニンコネクタに対応し、1台のサーバーブレードに複数の本製品を搭載可能です。

本製品は、エンタープライズ環境に適した高いパフォーマンスを実現するように設計され、またVMware ESX/ESXi 3.5をiSCSI接続のSAN環境からブートすることができ構成のさらなる柔軟性を提供可能です。さらに本製品はIPv6に準拠しており、Cisco Catalyst Blade Switch 3120シリーズやイーサネットパススルーモジュールとともに使用することで、IPv6環境を提供することが可能です。
QLogic 1GbE iSCSI アダプター
QLogic 1GbE iSCSI アダプター
このページのトップへ

特長

  • ソフトウェアとハードウェアが完全に統合された高性能iSCSIイニシエーター
  • デュアルGigabit Ethernetポート
  • iSCSIおよびTCP/IPトラフィックのオフロード
  • Microsoft WindowsおよびLinuxの両方のシングルステップiSCSI SANブート
  • VMware Server ESX 4.0およびESXi 4.0のiSCSIブートの動作確認済み
  • IPv6対応。Cisco Catalyst Blade Switch 3120(IPv6対応)アップグレードオプションまたはEthernetパススルーを使用すると、エンドツーエンドのIPv6ソリューションを提供
  • HP ProLiant Storage Serverファミリー、All-in-One Storage System製品、HP StorageWorks EVA iSCSI接続オプション、その他、数多くの他社製ストレージソリューション(「iSCSIターゲットの事前動作確認」の項に示します)を含む、iSCSIターゲットの事前動作確認
  • サポートされるすべてのオペレーティングシステムで一貫性のあるWebベースおよびCLI管理インターフェイス
  • VLAN、リンクアグリゲーション、フロー制御、およびQoSを含むIEEE規格をサポート
  • 9kBジャンボフレーム
  • ProLiant c-Classサーバー、すべてのメザニンスロット、サーバー当たり複数のアダプターでサポート
  • バーチャルコネクトEthernetモジュールを含む、すべてのHP Ethernetインターコネクトでサポート
このページのトップへ

モデル

QLogic 1GbE デュアルポート iSCSIアダプター 488074-B22
QLogic QMH4062 1GbEデュアルポートiSCSIアダプター 488074-B21
このページのトップへ

キットの内容

  • 1GbE デュアルポート iSCSIアダプター
  • 製品保証書
  • ドライバー、ユーザーガイド、およびユーティリティ(HPのWebサイトhttp://www.hp.com/[英語]から取得)
このページのトップへ

標準機能

HP ProLiant サーバー

各サーバーのシステム構成図を参照
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/sh_system.html
このページのトップへ

パフォーマンス

デュアルGigabit Ethernetスループット

合計4,000Mb/秒のフルデュプレックス(ポート当たり2,000Mb/秒フルデュプレックス)の転送速度が卓越したネットワークサポートを実現。それにより、応答時間が改善され、ネットワーク全体のボトルネックが解消されます。
注:各ポートのサーバーからのデータ転送は、2,000Mb/秒フルデュプレックスです。

TCP/IPおよびiSCSIオフロード

本製品は究極のパフォーマンスを実現するように設計されており、iSCSIおよびTCP/IPトラフィックのオフロードを提供します。このアダプターを搭載すると、プロトコルのサポートに必要な処理、割り込み、およびバスアクセスをホストソフトウェアで行う必要がなくなります。iSCSIおよびTCP/IPで必要なホストCPUによるシステム処理を実質的になくし、多くの場合、直接接続ストレージ(DAS)やファイバーチャネル(FC)SANに匹敵するパフォーマンスを実現します。

iSCSIブート

iSCSI機能ブートを使用すると、c-Class ProLiantサーバーはEthernetベースのストレージネットワークにあるリモートのオペレーティングシステムイメージから起動することができます。本製品は、オペレーティングシステムに対してはSCSIデバイスとして示され、リモートディスクドライブをローカルの起動可能なC:ドライブとして出現させます。サーバーは、ネットワーク上のiSCSIターゲットディスクに接続してそこから起動できるように設定することができ、OSイメージをiSCSIターゲットディスクからダウンロードすることができます。

iSCSIブートを有効にするには、アダプターがターゲットLUNに接続可能で、サーバーの初期電源投入時にこれらのLUNをホストサーバーに提供できる必要があります。本製品の完全に統合されたiSCSI実装によって、iSCSIブート初期化はストレージデバイス上のLUNからシングルステップで直接起動することができ、その他の起動サーバーを必要としません。対照的に、ソフトウェアベースのネットワークアダプターiSCSIイニシエーター実装では、iSCSIブートの実行に追加サーバーを使用し、マルチステップの処理が必要になることがあります。

VMwareによるiSCSIブートの動作確認

本製品のiSCSIブートは、VMware Server ESX 4.0およびESXi 4.0で動作確認されています。この動作確認は、Microsoft WindowsおよびLinuxオペレーティングシステム環境でサポートされます。

IPv6対応

本製品はIPv6に対応しており、Cisco Catalyst Blade Switch 3120(IPv6対応)ソフトウェアオプションまたはIPv6対応ネットワークに接続されたEthernetパススルーインターコネクトを使用する場合、c-ClassエンクロージャーからIPv6パケットトラフィックをオフロードおよび処理します。

IPv6は、次世代のIPプロトコルです。IPv4とは異なり、IPv6には、32ビットから128ビットへの追加ネットワークアドレス、セキュリティの強化、管理性の向上などの利点があります。

iSCSIターゲットの事前動作確認

iSCSIは、Ethernet経由でブロックベースのデータを転送するための標準化された方式です。この規格に準拠するiSCSIターゲットであれば、どのターゲットにも互換性があります。ただし、クラス最高レベルの運用を可能にするために、本製品の事前動作確認プログラムにより、HPおよび他社製のiSCSIターゲットならびに多くのソフトウェアアプリケーションについて、広範なSAN相互運用性および互換性テストが行われています。

本製品では、次のような広範なiSCSIターゲットとの動作が事前に確認されています。
  • HP StorageWorks MSA2000i製品系列
  • HP StorageWorks All-in One(AiO)製品系列
  • HP StorageWorks EVA iSCSI接続キット
  • HP ProLiant Storage Serverファミリ
  • NetApp、EMC、IBM、Dell、Lefthand、LSI、Sun/Storagetek、Promise、Compellent、Quantum、AC&NC、SpectraLogic、StoneFly、iQstorii、iStor、DNF、JetStor、Quantum、Engenioなど数多くの他社製ストレージ
詳細については、『QLogic SAN interoperability Guide』(http://www.qlogic.com このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。[英語])を参照してください。

一貫性のある管理

イニシエータソフトウェアに基づくiSCSIソリューションの管理は、各種オペレーティング システムによって大きく異なります。しかし、本製品のアプローチは、サポートされるすべてのオペレーティングシステムを通して一貫性のあるグラフィカルおよびコマンドライン管理インターフェイスを提供し、SAN管理者の作業を簡素化します。

802.1p QoSタギングを備えた802.1Q VLAN

本製品は、Linux用にIEEE 802.1Q VLAN(仮想ローカルエリアネットワーク)プロトコルを提供します。搭載されている個々の物理ポートは、802.1Qにより、複数の仮想NICに分割されます。これによってネットワークを細かく分割できるため、セキュリティと性能が向上します。VLANでは、ユーザー間のトラフィックを隔離することでセキュリティを強化します。また、ブロードキャストトラフィックが同じVLANドメイン内に制限されることによって、性能が向上します。IEEE QoS(Quality of Service)802.1pタギングにより、アダプターは、QoS対応のネットワーク全体にまたがってフレームに優先レベルのマーク(タグ)を付けることができるため、トラフィックフローが改善されます。

ジャンボフレームのサポート

本製品は、標準のEthernetフレーム(1,500バイト)の6倍に当たる、業界標準の9KバイトのMTU(転送単位)を実現するジャンボフレーム(拡張フレームとも呼びます)をサポートします。ジャンボフレームを使用することにより、高スループットとCPUの利用効率の向上を実現します。ジャンボフレームは、データベース転送やテープバックアップに最適です。
このページのトップへ

高可用性

デュアル ポート

本製品の2つのポートは、ポートの冗長性を提供します。また、先に延ばしてエンクロージャーのインターコネクトを切り離し、可用性を向上させることができます。

リダンダントアダプター

エンクロージャー当たり最大2つのリダンダントペアのインターコネクトモジュールに接続されたサーバーごとにサポートされる複数のデュアルポートアダプターを使用して、非常に多様な高可用性I/O構成が可能です。

Linux IEEE 802.3adリンクアグリゲーション

リンクアグリゲーションを使用すると、複数の物理ポートを連結して1つの論理リンクを形成することができます。これによって、1つのリンクのネットワークスループットが向上するとともに、物理ポートの障害時に備えた冗長性が確保されます。ポートの障害時には、論理リンク(またはチーム)内の残りのポートが動作を続けます。QMH4062は、Linux環境で802.3adリンクアグリゲーションをサポートします。
このページのトップへ

保証と保守サービス

この製品の標準保証は、1年間のパーツ保証です。ただし最大3年間、本製品が装着されている製品の保証の残余期間は保証されます。 HPは、HPの保証規定に基づき保証サービスを提供いたします。オプション製品やソフトウェア製品を含むお買い上の製品の詳しい保証内容と保証規定については以下のWebページをご覧ください。日本語による日本保証規定は、Japan:にあるJapanese(pdf)をご参照ください。
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/platforms/warranty/

標準保証のアップグレードには、HP Care Packハードウェアサービスをご用意しております。HP Care Packは製品本体の保証内容をお客様の希望される保守レベルにアップグレードするサービスです。豊富なサービスメニューで、お客様のビジネスニーズにお応えいたします。詳細は下記Webサイトをご参照ください。
http://www.hp.com/jp/carepack/
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項