Jump to content 日本-日本語

製品  >  BladeSystem  >  c-Class  >  メザニンカード

HP FlexFabric 10Gb 2ポート534FLB
コンバージドネットワークアダプター(販売終了)

HPE BladeSystem

HPE ProLiant

キャンペーン

製品カタログ

技術情報

導入事例

サポート&サービス

旧製品情報

サイトマップ

 
 
コンテンツに進む
製品写真

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  サポート & ドライバー
  システム構成
  カタログ

概要

HP FlexFabric 534FLBは、FlexibleLOM形状の2ポート10GbEアダプターです。次世代のシングルチップ10Gb Ethernetソリューションで、10Gb Ethernetを2ポート搭載しながらさらなる消費電力の削減を実現しています。HP BladeSystem c-Class Gen8ブレードサーバーのFlexibleLOM専用スロットに搭載することができます。

高性能な全二重Ethernet接続とHPバーチャルコネクトFlex-10ブレードインターコネクトに対応し、各10GbEポートを4つの物理NICに分割することで仮想サーバーの帯域制御を最適化できます。また、新しいストレージI/O機能を搭載しており、完全なコンバージドネットワークアダプター (CNA) としても利用できます。

エンタープライズクラスの機能としては、VLANタギング、アダプティブインタラプトコアレッセンス、MSI-X、NICチーミング (ボンディング)、Receive Side Scaling (RSS)、ジャンボフレーム、PXEブートなどをサポートしています。対応する仮想化機能には、SR-IOV (Windows)、VMware NetQueue、Microsoft VMQなどがあります。

製品イメージ

HP FlexFabric 10Gb 2ポート534FLB コンバージドネットワークアダプター

このページのトップへ

モデル

HP FlexFabric 10Gb 2ポート534FLB コンバージドネットワークアダプター 700741-B21
(販売終了)

このページのトップへ

キットの内容

  • HP FlexFabric 10Gb 2ポート534FLB コンバージドネットワークアダプター
  • クイックインストールカード
  • 製品保証書
    (ドライバーおよびユーザーガイドはHPのWebサイト
    http://www.hp.com/cgi-bin/hpsupport/index.pl (英語) から取得してください)
  • ドライバー、ユーザーガイド、およびユーティリティは次のHPのWebサイトから入手できます。 http://www.hp.com/

このページのトップへ

互換性

各サーバーのシステム構成図を参照
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/sh_system.html

このページのトップへ

性能

製品の機能

  • iSCSIおよびFCoEのストレージプロトコルをすべてハードウェアにオフロードすることで、データ、ストレージを統合したEthernetネットワークで最適なパフォーマンスを実現
  • HP BladeSystem c-Class Gen8ブレードサーバー FlexibleLOMスロット対応
  • 高スループットと低レイテンシを実現する業界最高レベルの性能
  • HPのFlex-10ブレードインターコネクトをサポート
  • 10Gb Flex-10バーチャルコネクトモジュールと組み合わせた場合、ユーザーによる帯域幅の設定が可能。最大4個の「物理機能」NICに対して、100Mb〜10Gb/秒の範囲で設定できます (100/Mb秒単位でNICに設定)。NICの合計帯域幅はポートの帯域幅 (10Gb) 以内となります。
  • 最大40Gb/秒の双方向ニアラインレートスループット
  • ハードウェアアクセラレーション、ステートレスTCP/IPオフロード、TCPオフロードエンジン (TOE)
  • パケットが小さい場合のパフォーマンスが向上
  • 統合されたPHYおよびMAC
  • Preboot eXecution Environment (PXE) のサポート
  • SR-IOV (Windows) のサポート

デュアルポート10 Gigabit Ethernetスループット(理論帯域幅)

HP 534FLBアダプターは、ポートあたり20,000Mb/秒 (合計40Gb/秒全二重) の全二重Ethernet転送速度により卓越したネットワークパフォーマンスを実現することで、応答時間を短縮するとともに、次世代データセンターのパフォーマンスに影響を及ぼすボトルネックを解消します。10Gb Ethernet帯域幅は、ハイパフォーマンスコンピューティングやデータベースクラスター、仮想化に最適です。

HP BladeSystem c-Class 10GbバーチャルコネクトFlexFabric Ethernetモジュール

必要に応じて10Gbを発展させることが可能です。HPバーチャルコネクトFlexFabric 10Gb Ethernetモジュールと組み合わせると、OS/ハイパーバイザーに依存しないPCI物理デバイスとして機能するFlex NICの利点を活かすことができます。また新しいストレージI/O機能により、完全なコンバージドネットワークアダプター (CNA) としても利用できます。
サーバーROMはこれらを個別のNICとして認識します。
さらに速度は、NICごとに100Mb/秒単位で、100Mb/秒〜10Gb/秒の間で設定できます。
したがって、1つの10Gb Ethernetポートを、最大4つのEthernetポートに分割可能です。

ポートあたり4つのFlexNIC
仮想化サーバー環境、特に、ある物理サーバーから他の物理サーバーに仮想マシンを移行する場合など、帯域幅を利用する場合に最適です。

ジャンボフレーム

本製品はジャンボフレーム (別名: 拡張フレーム) をサポートし、Ethernet I/Oトラフィックの処理時に最大9Kバイト (KB) 転送単位 (MTU) を実現します。これは1,500バイトの標準Ethernetフレームの5倍を超える大きさです。ジャンボフレームにより、ネットワークの高スループット性能とCPU利用効率が向上します。こうした特長は、特にデータベース転送やテープバックアップの処理に役立ちます。

MSIおよびMSI-X

Message Signaled Interrupt (Extended) は、CPU/コア間で割り込みの負荷を分散することによりマルチコアサーバーのパフォーマンスの向上を図ります。

802.1p QoSタギング

IEEE QoS (Quality of Service) 802.1pタギングにより、アダプターは、QoS対応のネットワーク全体にまたがってフレームに優先レベルのマーク (タグ) を付けることができるため、トラフィックフローが改善されます。

802.1Q VLAN

IEEE 802.1Q仮想ローカルエリアネットワーク (VLAN) プロトコルにより、本製品の個々の物理ポートを複数の仮想NICに分割でき、ネットワークセグメントの追加や、セキュリティおよびパフォーマンスの強化が可能になります。VLANでは、ユーザー間のトラフィックを隔離することにより、セキュリティが強化されます。ブロードキャストトラフィックを同一のVLANドメイン内に制限することにより、パフォーマンスを向上させることもできます。

TCP/IPステートレスオフロード

TCP、IP、UDPチェックサムオフロード、大量送信オフロード (LSO)、TCPセグメンテーションオフロード (TSO)。これらの機能により、ホストの効率が最適化され、サーバーのCPUを他のタスクに使用できるようになります。

TOE

TCP/IPオフロードエンジン (TOE) により、TCPプロトコルスタックのデータをサーバーのCPUではなくアダプターのプロセッサーが処理できます。このため、ネットワークデータの処理に使われていたサーバーのCPUサイクルを他の処理に回すことができるようになります。

Single-Root I/O Virtualization

Single-Root I/O Virtualization (SR-IOV) は、仮想化環境でホストシステムのハイパーバイザーをバイパスする機能で、ベアメタルに迫る性能とサーバーの効率化を可能にします。SR-IOVでは複数の仮想ファンクション (VF) を作成して、1つのPCIリソースを共有します。このSR-IOV対応デバイスには、サーバーBIOSのサポート、コントローラーファームウェア、およびOSのサポートが必要です。

仮想化に対応した最適化

VMware NetQueueおよびMicrosoft VMQの各テクノロジーのI/O仮想化をサポートすることで、統合された仮想ワークロードに求められるパフォーマンスを達成できます。

HP Sea of Sensors 3D

32個のセンサーを集めたHPのSea of Sensorsのサポートにより、サーバー全体のサーマルアクティビティ (発熱) を自動トラッキングします。高温になると、センサーがファンのスイッチを入れ、省エネのためにさまざまな調整を行います。さらに、新システムへのアップグレードで、一度にすべてのファンスイッチが投入されていたものから、温度が上昇し始めた領域の近辺にあるファンのみをスイッチオンするように変更されており、冷却用のエネルギー量が省力化されています。

RDMA

サポートなし

iSCSI

本製品は高速iSCSIおよびiSCSIブートをサポートしません。

このページのトップへ

配備と管理の容易性

PXEブートサポート

Preboot eXecution Environment (PXE) のサポートにより、本製品ではネットワーク経由でサーバーをブートしたり、ネットワーク上にあるソフトウェアをダウンロードしたりできます。

FlexibleLOMスロット

c-Class Gen8ブレードサーバーのFlexibleLOMスロットに対応

ネットワークアダプターチーミング

本製品はNICチーミングをサポートし、ネットワークフォールトトレランスとワークロードの均一化を高めることで、IT管理者を支援します。これらの機能は、最適な可用性と優れたパフォーマンスを実現し、コスト削減に役立ちます。

マネジメントサポート

本製品はHP Systems Insight Manager (SIM) から管理できます。個別の管理またはチームによる管理が可能で、レポート用にSNMPベースの統計情報が表示されます。また、SNMPサポートを使用すると、本製品を他のアプリケーションから管理することもできます。

このページのトップへ

保証

HP BladeSystem c-Classおよびp-Classサーバーに対応したHPブランドのハードウェアオプションには、グローバル限定保証が付属しており、HPサービスおよび世界中のHP認定チャネルパートナーを通じて広範なサービスを提供しています。HPブランドのハードウェアオプションの診断サポートおよび修理は、購入日より1年間または接続先サーバーの対応期間のうちどちらか長い期間にわたって利用できます。ソフトウェアのサポートと初期セットアップは、購入日から90日間利用できます。さらに、保証の範囲内または追加料金で、追加サポートを受けることができます。拡張された保証サービスは、HP Care Packサービスまたはお客様との個別サービス契約を通じて購入できます。

全世界で提供されている限定保証およびテクニカルサポートについて詳しくは、
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/platforms/warranty/index.html (英語) を参照してください。

このページのトップへ

仕様一覧

一般仕様

ネットワークプロセッサー Broadcom BCM 57810S
データ速度 20Gb/秒全二重×2ポート、全二重で合計40Gb/秒の理論帯域幅
オンボードメモリ 900MB (分散メモリ)
バスタイプ PCI Express v2.0 (Gen 2) x8
フォームファクター FlexibleLOM
IEEE準拠 802.3、802.1ab、802.3x、802.3ad、802.3p、802.1q、802.3ae、802.1Qau、802.3ap

電源と環境に関する仕様

動作時
温度範囲 0〜55℃
湿度   10〜90%、結露しないこと
電源要件 12W(最大)
エミッション クラス FCC Class A
規定準拠
米国 FCC Part 15 Class A
カナダ   ICES=--3、Issue 4
日本   VCCI V3 (2010.04) Class A
各国共通   EN55022:2006 + A1:2007 Class A
各国共通   EN55024:1998+A1:2011+A2、EN61000-3-2:2006、EN61000-3-3:2008
台湾   BSMI, CNS13438 (2006) Class A
オーストラリア
/ニュージーランド (AS/NZS)
  EN55022:2006+A12007 class A
韓国   KN22 Class A、KN24
RoHS準拠 対象6物質のうち6
安全性 ULマーク(米国、カナダ)
CEマーク準拠
EN 60590

オペレーティングシステムサポート

注:以下オペレーティングシステムが、メインストリームサポート期間内である場合に限り、動作不良発生時の修正対応が可能です。
    Microsoft:
  • Microsoft Windows Server

    Linux:
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL)
  • SUSE Linux Enterprise Server (SLES)

    Solaris:
  • Solaris

    仮想化:
  • VMware vSphere

注:最新のサポートバージョンについては、次のHPのWebサイトにて、ドライバーが対応するオペレーションシステムをご確認ください。
http://www8.hp.com/jp/ja/drivers.html

注:オペレーティングシステムのサポートおよび証明書情報については、次のHPのWebサイト (英語) を参照してください。
http://h10018.www1.hp.com/wwsolutions/index.html

このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項