Jump to content 日本-日本語

製品  >  ネットワーク  >  製品導入事例 

HP ネットワーク導入事例

アステラス製薬株式会社様
ネットワーク
オンラインストア
ニュース & トピックス
ネットワーク製品
スイッチ
無線LAN
ルーター
ネットワーク管理
サポート(英語)
トレーニング(英語)
お客様導入事例
各種カタログ
日本語製品マニュアル
(アーカイブ)
システム構成図
省エネ法:トップランナー(PDF)
製品写真ライブラリ
製品保証
データシート一覧
ネットワークオンライン構成ツール(英語)
お問い合わせ
HPネットワーク オンラインはこちら
コンテンツに進む

アステラス製薬が、 全国拠点のネットワーク基盤を刷新 - 有線および無線ネットワーク構築においてHPネットワーク製品を全面採用、グローバルなビジネス展開を支える高付加価値なITインフラを実現

全社を挙げてグローバル戦略を推進する中、コストを増大させることなくネットワークサービスの価値を高めていくことが私たちのミッションです。ライフタイム保証と充実した標準機能は、それを後押ししてくれるものと言えるでしょう。
アステラス製薬株式会社
コーポレートIT部 インフラグループ 課長
矢ヶ部 泰法 氏
アステラス製薬が、データセンターを置く蓮根事業所をはじめ、全国拠点のネットワーク基盤刷新プロジェクトを進めている。
17,000ユーザーが活用するネットワーク環境において、大容量のデータトラフィックに応える広帯域を確保するとともに、セキュアな無線LAN環境を構築するなど、高付加価値なインフラの実現を目指している。
お客様背景
会社概要
関連製品
PDF(1.55MB)
 

アステラス製薬株式会社

目的

アプローチ

アステラス製薬グループ17,000ユーザーが活用するネットワーク基盤の刷新。大容量データの要求に応える広帯域を確保し、様々なアプリケーションを快適に利用できる高付加価値なインフラを実現すること。また、新本社の竣工に合わせてセキュアで利便性に優れた無線LAN環境を構築することを目指した。
コアスイッチをはじめ主要スイッチにネットワーク仮想化技術を適用し、リンクアグリゲーションによりムなく広帯域を確保できることを必須とした。また、無線LAN環境はIEEE 802.11nに対応し、高速アクセスを実現することを要件とした。

ITの効果

ビジネスの効果

ネットワーク仮想化技術「HP IRF」を採用しActive-Active 冗長化により広帯域を実現
スパニングツリーやVRRP 等のプロトコルを使わないシンプルな冗長構成を実現
ネットワーク機器管理を容易にし、将来の長距離スタックにも対応可能に
機器障害時における瞬時(50ミリ秒)のサービス復旧を可能に
IPv6対応により将来性も見通してコストを抑制
新本社に高速かつセキュアな無線LAN環境を導入しユーザーの利便性を向上
IEEE 802.1XとActive Directory 連携による認証で有線・無線環境ともに強固なセキュリティを確保
グローバルな成長戦略を支える高付加価値なITインフラを実現
IPマルチキャストによる快適な映像配信を実現
社内の効果的なコミュニケーションと業務の生産性向上に寄
「ライフタイム保証」により保守コストを抑制

お客様背景

グローバル経営戦略を支える全社ネットワーク基盤

17,000 名を超える従業員を擁し、世界約50カ国でビジネスを展開するアステラス製薬。山之内製薬と藤沢薬品工業の合併によって2005年に設立された同社は、医療用医薬品と新薬の開発・製造に特化した大手グローバル製薬メーカーとして広く知られている。2011年度のグローバル連結売上高は9,693億8,700万円。医薬品業界売上高ランキングで国内第2位のポジションを占める。

アステラス製薬は、治療満足度が低く薬剤の貢献が求められている"アンメットメディカルニーズ”があり、かつ高度な専門性が必要とされる分野をコアの事業領域と位置づけている。強みを持つ泌尿器、免疫疾患および感染症に加え、がん、精神・神経疾患、糖尿病合併症および腎疾患の5つの疾患・領域で確たるポジションの確立を目指す、「グローバル・カテゴリー・リーダー(GCL)戦略」を推進中だ。

アステラス製薬のグローバルな経営戦略を支えるIT 環境。その企画・構築・運用を担うのがコーポレートIT 部である。

アステラス製薬株式会社 矢ヶ部泰法氏
アステラス製薬株式会社
コーポレートIT部
インフラグループ
課長
矢ヶ部泰法氏

「ITに関しては、米州/欧州/アジア・オセアニアの3リージョンで分権型のガバナンス体制を敷いています。リージョンごとの独自性を尊重しつつ、いかに全体最適化を実現するか。これがグローバルでの共通テーマのひとつです」(コーポレートIT部 インフラグループ 課長 矢ヶ部泰法氏)

現在、ネットワーク基盤をグローバルで標準化 し、認証基盤、メールシステム、コミュニケーショ ン系システムなどの統合を図る計画が進められ ている。

「国内では、ネットワーク機器の更新に合わせて、グループ17,000ユーザーが利用するネットワーク基盤の再構築に取り組んでいます。同時に、2013年初めに竣工する新本社に無線LAN環境を構築します」(矢ヶ部氏)

アステラス製薬グループ・国内12拠点のネットワーク基盤再構築。その中核機器として採用されたのは、ネットワーク仮想化技術「HP IRF(Intelligent Resilient Framework)」を搭載したHPネットワーク製品群である。


ネットワーク仮想化技術「HP IRF」搭載スイッチを採用

2012年2月にスタートしたプロジェクトの基本方針は、「大容量データの要求に応える広帯域を確保し、様々なアプリケーションを快適に利用できる高付加価値なインフラを実現すること」と定められた。

コーポレートIT 部 インフラグループ 課長代理の川田康将氏は、「グローバル経営の進展に伴うビジネス環境の変化は、ネットワーク環境に対するユーザーの要求にも影響を与えている」と指摘し、次のように語る。

アステラス製薬株式会社 川田康将氏
アステラス製薬株式会社
コーポレートIT部
インフラグループ
課長代理
川田康将氏

「典型的な例が、複数拠点間でのリアルタイムコミュニケーションへの要求です。日本と海外の拠点間を結ぶテレビ会議や、経営トップのメッセージ動画の全拠点へのストリーミング配信などは、すでに日常的なものとなっています。より快適に大容量データをやりとりしたり、マルチキャスト通信を行えるネットワーク環境が求められていたのです」

広帯域の確保というテーマに対して合理的な解決をもたらしたのが、ネットワーク仮想化技術「HP IRF」と、それを搭載するHPネットワーク製品群だ。HP IRF は、複数のネットワークスイッチを仮想的に"1台のスイッチ”に統合し、帯域の拡大と耐障害性の強化を同時に実現するテクノロジーである。

各拠点のコアスイッチには、最大11.52Tbps のスイッチング容量をサポートするシャーシ型の10GbEレイヤー3スイッチ「HP 10500シリーズ」、およびボックス型10GbEレイヤー3スイッチ「HP 5800シリーズ」を採用した。それぞれ2台をHP IRFによってActive-Activeでスタッキングして"2台分の帯域を持つ1台の仮想スイッチ”として運用。これにより、Active-Standby 構成の2倍の帯域を確保している。HP 10500シリーズは、8本の10GbEによるリンクアグリゲーションで構成した。

この上でPIM-SMマルチキャストルーティングを実行するとともに、エッジスイッチではIGMPスヌーピングによってトラフィックを最適化させている。ブロードキャスト/マルチキャストの帯域制限、ループプロテクション機能によるネットワークループ対策も万全だ。

「従来のActive-Standby 構成によるネットワーク環境では、マルチキャスト・ストリーミング配信では動画の途切れや音声とのギャップが生じていました。HP IRF のActive-Active 構成によって、十分な帯域を確保するとともに、障害発生時の切り替えを瞬時に行えるようになりました」(川田氏)

ネットワーク仮想化を標榜する製品が増えてきたが、HP IRF のテクノロジー優位は揺るぎない。たとえばHP IRF では、ボックス型スイッチなら最大9台まで、シャーシ型スイッチは最大4台までのスタッキングが可能だ。さらに、複数のスイッチが最大80km離れて設置されても仮想的に統合することができる。長距離スタッキングは、広い敷地を持つ開発拠点や生産工場におけるネットワーク構築に威力を発揮する。

     
全社ネットワーク基盤構築    
全社ネットワーク基盤構築
[ 拡大図へ ]
     
導入ハードウェア
・HP 10508 Switch Chassis
・HP 5800 Switch
・HP 5120 Switch
・HP 3100 Switch
・HP 2620 Switch
・HP MSM410 Access Point
 
   


IRFによるネットワーク仮想化を活用し、耐障害性向上とTCO削減を共に実現

新しいネットワーク環境の設計上のポイントは、HP IRFによるネットワーク仮想化をコアスイッチ/ディストリビューションスイッチから、サーバー収容のアクセススイッチまで広範に適用している点にある。さらに、将来的な対応を見据えて全機器をIPv6に対応させている。この構成は、アステラス製薬のIT 基盤の構築・運用を長年にわたって支援してきたSCSKの提案によるものだ。

SCSK プラットフォームソリューション事業部門ITエンジニアリング事業本部のシニアエンジニア 碓井雄一郎氏は、「HP IRF は、TCO削減と耐障害性向上を両立させるテクノロジーとして非常に有効」と指摘し次のように話す。

SCSK株式会社 碓井雄一郎氏
SCSK株式会社
プラットフォームソリューション
事業部門
ITエンジニアリング事業本部
エンジニアリングソリューション
第2部
カスタマーソリューション第2課
シニアエンジニア
碓井雄一郎氏

「HP IRF は、スパニングツリーやVRRP 等のプロトコルを使わないシンプルな冗長構成を可能にするとともに、冗長化された機器をActive-Activeで使えるためコストを抑えつつ広帯域を実現できます。複数の機器を仮想的に"1台”として運用できますので、運用管理負荷も大幅に軽減できます。さらに、機器障害時でもわずか50ミリ秒でのサービス復旧を可能にします」

SCSKは、シャーシ型からボックス型までHPネットワーク製品の検証環境を自社に構築し、パフォーマンステストからトラブルシューティングまで高度な要求に応えている。設計・構築・運用支援サービスを提供するネットワーク技術者のスキルとノウハウは、アステラス製薬からも高く評価されてきた。

矢ヶ部氏は、HPネットワーク製品ならではの「ライフタイム保証」も高く評価する。これは、ユーザーがHPネットワーク製品を使い続ける限り、"ハードウェア故障時に無償交換"する制度だ。業界をリードするHP 独自のサービスである。ユーザーは機器の故障時に、故障機器を送付して代替機器を待つのではなく"先送り”で代替機器の提供を受けることができる。この制度を利用することで、ハードウェア保守費を事実上ゼロにすることも可能だ。

「ランニングコストの大幅な削減が見込まれます。他社製品では得られないメリットという意味で、『ライフタイム保証』はHPを選ぶ大きな決め手となりました。また、今回いくつかの機能を実装するにあたり、新しいモジュールや追加ライセンスを購入することなく標準機能だけでほとんど網羅できることにも大きな優位性を感じました。全社を挙げてグローバル戦略を推進する中、コストを増大させることなくネットワークサービスの価値を高めていくことが私たちのミッションです。ライフタイム保証と充実した標準機能は、それを後押ししてくれるものと言えるでしょう」(矢ヶ部氏)


新本社に高速かつセキュアな無線LAN環境を構築

本プロジェクトでも各拠点と同じく、コアスイッチに「HP 5800シリーズ」が採用された。ここでも、HP IRF による冗長構成で帯域と可用性の強化を図っている。さらにエッジスイッチとして「HP 3100シリーズ」を採用し快適かつセキュアなアクセス環境を実現した。

SCSK プラットフォームソリューション事業部門 ITエンジニアリング事業本部の野田昌司氏は、次のように説明する。

SCSK株式会社 野田昌司氏
SCSK株式会社
プラットフォームソリューション
事業部門
ITエンジニアリング事業本部
エンジニアリングソリューション
第2部
カスタマーソリューション第3課
課長代理
野田昌司氏

「新薬の研究や特許にかかわる情報を含め、様々な機密情報を扱うネットワーク環境には高度なセキュリティ要件が課されました。この要件に応えるため、新しい環境では、有線・無線ネットワークとも全面的にIEEE 802.1X 対応スイッチとActive Directory 連携によるユーザー認証、MACアドレスによるフィルターを適用しています」

2013年春に竣工予定の新本社では、300Mbosをサポートする高速無線LANアクセスポイント「HP MSM410」を全フロアに導入する計画だ。もちろん電源はPoE 対応のHPスイッチから供給される。IEEE 802.11n 対応の高速ワイヤレスアクセスによりユーザーの利便性を高めるだけでなく、ワークスタイルの改革も期待される。

「新本社はグローバルのヘッドオフィスとしての役割も担います。社員のみならず国内外からの訪問者に対しても、セキュアで快適なネットワークアクセスを提供できるものと期待しています」(矢ヶ部氏)

プロジェクトはすでに終盤に差し掛かっている。アステラス製薬のネットワーク環境は従来からHPネットワークスイッチ製品で構築されてきたが、VRRPによるActive-Standby 構成から、HP IRFによるActive- Active 構成へと順次置き換えられる計画だ。矢ヶ部氏はこれまでを振り返って、次のように語る。

「SCSKには、リアルタイムコミュニケーションを支える広帯域な動画/音声配信基盤、セキュアで快適な無線LAN環境まで、複数拠点での新しいネットワークの設計・構築・運用支援サービスをトータルに提供してもらえました。HPネットワーク製品をはじめ、最新のテクノロジーを私たちのビジネスに活かす提案をこれからも期待しています」


会社概要

アステラス製薬株式会社
所在地: 東京都中央区日本橋本町2-5-1
URL: http://www.astellas.com/jp/日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ

事例キーワード

業種: 医療・製薬
ソリューション: 仮想化、セキュリティ
製品: ネットワーク
  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項