アナウンス − 2017年7月6日

本日、PoEを搭載し、消費電力を最小限に抑え、信頼性の高いワイヤレスネットワークを提供するAruba 203Hアクセスポイントシリーズ、コントローラベースの無線LANネットワークの中核として機能し、セキュリティ、ライセンス、各種設定、およびネットワーク全体を一元管理することによって可能になるMobility Masterのハードウェアアプライアンス版を販売開始します。

 

本日発表の新製品

Aruba 203H アクセスポイントシリーズ

新シリーズ
Aruba 203H アクセスポイントシリーズ

本シリーズは、小規模オフィス、リモートワークステーション、ホテルの客室、寮などの屋内施設で費用対効果の高いWi-Fi接続を提供します。1x1デュアルラジオモードまたは2x2シングルラジオモードで動作するようにソフトウェア設定を行います。

Mobility Master Hardware Applianceシリーズ

新シリーズ
Mobility Master Hardware Applianceシリーズ

本シリーズは、コントローラ用ArubaOS 8.1で実現する大規模な無線LAN環境においてマスターコントローラ機能を提供します。Mobility Masterは、ハードウェアアプライアンスとして配備されたローカルコントローラ、またはサーバアプライアンスにインストールされたVMとしてのローカルコントローラ機能を実行するローカルコントローラを管理できます。既存のArubaユーザは、マスタコントローラのコンフィギュレーションとライセンスをMobility Masterに移行することが出来ます。

 

オプション製品

  • Aruba 203H アクセスポイントシリーズ用取付キット
    - AP-203H-MNT1 Single-gang Mount Kit
    - AP-203H-MNTW Dual-gang Wall Mount Kit
    - AP-203H-MNTD Desk Mount Kit
  • Mobility Master Hardware Applianceシリーズ用スペア電源サプライ製品
    - MMPSU-400-AC 400W AC Spare Power Supply for Mobility Master Hardware Appliance
  • Mobility Master Hardware Applianceシリーズ用スペアファントレイ製品
    - MM-FT Spare Fan Tray for Mobility Master Hardware Appliance