「上限をまとめて設定」で、パフォーマンスと省電力設定を両立