Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラム資格者規約

次の規約を注意深くお読み下さい。本規約に同意いただくことによってHP認定プロフェッショナルとして認められることとなります。HPは、本規約条項への同意及び機密保持契約への同意がされない限り、本認定を認めません。

Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムへの参加

Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムは、世界で展開されている認定プログラムであり、地域ごとに運営されている。プログラムへの参加の際は、居住する地域でメンバー登録を行なわなければならない。地域により、Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムへの加入方法は異なる。申し込み方法は、www.hp.com/go/certification より居住地域を選択することにより参照できる。

Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムに参加するには、以下の条件を満たさねばならない。

  • 目標とする資格に関し、ピアソンVUEによって配信されている必須のHP試験に合格すること。
  • 目標とする資格に必要となるその他の前提条件を満たすこと。本条件は、外部ベンダーによって提供される試験または資格の場合もある。
  • 地域によっては、OS資格や必要な外部資格の認定証/トランスクリプトのコピーの提出を行なうこと。
  • 適切な試験に合格し、必須外部資格/試験の情報の提出後数週間以内に、電子メールによる認定状況の確認内容及び特典・認定記録の取得方法が送信される。
  • ウェブサイト上で機密保持契約に同意すること。
  • 本ページの規約によって拘束されることに同意すること。HPは予告なしに本規約の変更を必要に応じて行なう権利を有する。Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムのメンバーは、規約を確認し遵守すること。

Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムは、南北アメリカ、アジア太平洋/日本、ヨーロッパ/中東/アフリカの3つの地域により運営されている。認定資格のメンバーシップはメンバーの居住地域内で行なわれる。現在のHewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムのステータスを保持しながら他地域への移住を希望する場合、Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラム事務局へ他地域へのメンバーシップ移行の希望を通知しなければならない。当該2地域のプログラム事務局が手続きを行なうことにより、移住者のメンバーシップステータスは維持され、新たな地域でプロファイルへのアクセス及び特典を受けることができる。

契約の終了

Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラム資格者とHPの承諾により、契約は次のいずれかが発生するまで有効である。

  • HPがHewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムを終了する場合
  • 資格者の資格が「期限切れ」となり、他に有効な資格を保持しない場合
  • 資格者がプログラムの退会を選択し、地域のプログラム事務局に退会希望の旨を書面により通知した場合
  • 正当な理由によりHPが資格者の認定を無効にした場合。理由は次の場合を含むが、ここに限定されるものではない。
    • 機密保持契約の条項に違反した場合
    • 故意に雇用主または雇用ステータスを偽った場合
    • 故意に保有資格を偽ったり、資格の詐称 を行なった場合
    • 顧客もしくは公衆に対しHPの評判または信用を下げる行為を行なった場合

契約条件

  1. Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムの受験者として登録する際は、個々に固有の認定IDが付与され、受験者及びHPが個人を特定する目的で使用される。

    HP認定プロフェッショナルとして認定されると、認定IDを利用してHewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムの特典を受けることが可能になる。Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムの判断に従い、認定IDを不正使用した場合、HP認定プロフェッショナル資格が失効されることがある。
  2. 資格者は、勤務先、住所、電子メールアドレスの変更またはHewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムのステータスやHPとのコミュニケーションに影響を与える変更がなされた場合は、Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラム事務局に通知しなければならない。通知は電子メール、Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムウェブサイト、HPポータルなどによりプロファイル変更を送信することにより行なわれる。Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラム事務局が、資格者がプロファイルに記載されているHPパートナー会社に勤務していないことを発見した場合、該当者のプロファイルからパートナーステータスを削除する権利を有する。
  3. 資格者がHPパートナーと関連している場合、資格者の認定情報はHPパートナー会社へ報告される場合がある。
  4. 資格者がHPに雇用されている場合、資格者の認定情報は、資格者のHPマネージャーへ報告される場合がある。
  5. HP認定プロフェッショナルとして認定されると、Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムによって定められた資格継続のための学習条件を満たすことによりHP認定プロフェッショナルのステータスを保持しなければならない。当該条件はHewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムによって決められた期限内に完了されなければならない。
    資格継続のための要求事項があるかどうかは、Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラム・ウェブサイトに掲載され、当該要求事項は各地域にて決定される。
  6. HPはバージョン制度によって資格のライフサイクルを管理している。資格者は自身の保有する資格のステータスを認識しなければならない。資格のステータスは資格者が居住する地域のHewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラム・ウェブサイト上で確認することができる。
    プログラム特典は”アクティブ”、”トランジショナル”、もしくは”インアクティブ”のステータスを持つ資格を保有するHP認定プロフェッショナルが受けられる。有効期限の切れた資格や無効な資格を保有しているHP認定プロフェッショナルはHewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムの一員とみなされなくなる。
  7. Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラム事務局が、資格者がHPの競合会社(エンタープライズ・コンピュータ・ソリューション、フォールト・トレラント・ビジネス・クリティカル・ソリューション、ネットワーキング&コミュニケーション製品、コマーシャル・デスクトップ&ポータブル製品、コンシューマPCを含むハードウェア、ソフトウェア、ソリューション、サービスの開発及びマーケティングに携わるコンピューター会社など)に勤務していると判断した場合、Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムは資格者の認定ステータスを終了もしくは失効する権利を有する。
  8. HP認定プロフェッショナル資格を有する個人の行動がHPの評判及び信用に影響を与えるため、資格者はHPへ悪影響を与えない方法で業務を遂行することに同意する。Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラム事務局は独自の判断により、7日以内の書面通知により、いかなる義務も負わずいつでもHP認定プロフェッショナルのステータスを終了もしくは失効する権利を有する。HPは資格者のHP認定プロフェッショナル資格失効によって発生するいかなる申し立てまたは損失に対しても責を負わない。
  9. Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラムは、ビジネス条件の変更に対応するためにプログラムの必要条件及び認定条件を変更する場合がある。資格への変更はHewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラム・ウェブサイトへ掲載され、電子メール、ニュースレター、プレスリリースもしくはその他のコミュニケーション媒体により伝達される場合がある。HP認定プロフェッショナルは、該当資格への変更が与える影響について理解しなければならない。プログラムへの変更はHPが定める発効日に適用となる。
  10. Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラム事務局は、本規約の遵守を確認するため、いつでも通知 なしに雇用ステータス、現在の外部資格の認定状況など(しかしこれに限らず)資格者の自己申告情報を調査する権利を有する。
  11. 何らかの理由でHP認定プロフェッショナル資格が失効となった場合、該当者はHP認定プロフェッショナルを称することができなくなる場合がある。再びHP認定プロフェッショナルに認定されるには、全ての認定条件を再度満たし、本規約に同意しなければならない。
  12. HP認定プロフェッショナルとしてHPに提供したデータはHP内部で使用される場合がある。例えば、 パートナー会社がHPパートナープログラム・メンバーとなるためにパートナー会社内に認定者が必要となった場合、HPパートナー・プログラムまたはHPパートナー・アカウント・マネージャーへ資格者のステータスが公開される場合がある。ただし、これらの場合に限られない。
  13. HP認定プロフェッショナルとして、 資格者はHPが定めたさまざまなロゴ、トレードマーク、 サービスマーク、トレードネーム、タイトル(総称してトレードマーク)を使用することができる。 Hewlett Packard Enterprise認定プロフェッショナル・プログラム事務局は独自の判断により、資格者が 本規約に違反したとみなした場合、該当者のトレードマークの使用を停止させる権利を有する。HPはトレードマークの使用の停止により発生するいかなる損失に対しても責を負わない。
  14. 本規約で許諾された権利は所有権ではないため、第三者への譲渡はできない。