Jump to content 日本-日本語


HP News Letter

地球環境と向き合うHP の取り組み

会社情報

HPEについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
カタログライブラリ
サイトマップ
コンテンツに進む
HP News Letter
≫  1人1人が持つ「変える力」
HP「Power To Change」キャンペーン
≫  「目が合う」リアリティを実現したヴァーチャルMTG
HP Haloテレプレゼンス・ソリューション
≫  クリーンでタフな水性インク
HP Latexインクプリンター
≫  「MADE IN TOKYO」の意味
日本HP 昭島工場

関連リンク

環境保護
製品リサイクル
社会・環境への取り組み

1 人1 人が持つ「変える力」
HP「Power To Change」キャンペーン

HP「Power To Change」キャンペーン
地球温暖化の原因となるCO2(二酸化炭素)の排出量は、エネルギー需要にほぼ比例します。そして現在、全世界で年間約3億台を出荷しているコンピューターの電力消費による影響も、決して小さくありません。

普段何気なく使っているネット通販ショップや検索サイトの大手企業では、データ処理に数千台から数万台のサーバーを使用し、膨大な電力を消費しています。そこで、HPでは、世界各国のユーザーからアクセスされるデータセンターを80か所から3か所に統合し、約6 割の電力削減と約3倍の処理能力向上に成功しました。また、最新テクノロジーによって製品の省電力化を進め、企業のお客様に効率的なI T 機器の配置と運用を勧めるソリューションを提供するなど、グローバルI T 企業として環境保全に力を注いでいます。

しかし、HP1社ができることには限界があります。お客様1人1人が、お使いいただいている1台1台のコンピューターで無駄な電力を削減できれば、地球環境の現状をもっと大きく変えることができるはず。HPはそう考え、「Power To Change」キャンペーンを開始しました。

終業時の電源オフで無駄な電力をカット

「Power To Change」ウィジェット
「Powe r To Change 」キャンペーンは、使用していないコンピューターの電源を切りましょう、というシンプルな呼びかけです。電源を切るという小さな行為も、世界中に広がれば大きな力となります。HPの試算では、10万人のユーザーが1日の仕事の終わりにコンピューターの電源を確実に切れば、1日で2,680キロワット以上のエネルギーが節約できます。これにより削減されるCO2は約1.6トンにものぼり、道路から約107台の自動車を減らすのと同等の効果があります。

1人でも多くの方に、コンピューターの電源を切ることを意識していただくために、HPでは「Power To Change」ウィジェットを用意しました。このウィジェットは、常にコンピューターの電源の状態を監視し、電源が入っていながら使っていない時間(アイドルタイム)と電源を切っている時間の割合を表示します。また、「Power To Change」コミュニティで繋がった世界中のユーザー全体で、どれほどエネルギー削減が実現できているかを確認できるので、多くの人と協力し合って環境問題に貢献している実感を共有できるでしょう。

HPは、その価値観に深く根付いた指針の1つとして、環境に優しく、独創的で高品質な製品とサービスをお客様に提供すること、さらに環境に対して責任のある態度で企業活動を行うことに今後も力を注いでいきます。

「Power To Change」ウィジェットは、「Power To Change」ウェブサイト( http://www.hp.com/jp/powertochange )から無料でダウンロードできます。
このページのトップへ

「目が合う」リアリティを実現したヴァーチャルMTG
HP Haloテレプレゼンス・ソリューション

「HP Haloテレプレゼンス・ソリューション」
新しいビジネスフローの創造、そして事業継続性対策の一つとして、新しい形の通信手段が今、企業の注目を集めています。この分野において、HPでは、人と人とのコラボレーションを含め、ビジネスプロセスを強化するソリューションとして、「HP Haloテレプレゼンス・ソリューション」(以下、HP Halo)を提供しています。

「HP Halo」は、CGアニメーション映画の大手制作会社、DreamWorks Animation SKG.が、世界中のスタジオ間の移動時間の削減とコラボレーションの実現や、昨今のテロをはじめとした物理的異動に伴うリスク回避といった意図から発案し、そのアイディアをHPが実現させたバーチャルミーティング・ソリューションです。
「HP Halo」が一般的なテレビ会議システムと大きく異なるのは、その圧倒的なリアリティです。専用ネットワークで接続された複数の会議室は同じデザインで統一され、遅延の感じられない高品質な映像と音声によって、まるで全員が同じ部屋にいるような臨場感で、声のトーンから細かな表情まで伝えることが可能です。また、細部をクローズアップしたり、PCの画面を表示できる高精細ディスプレイを参照画面として備えているので、従来のテレビ会議では伝えにくかった製品の仕様やデザインの微妙なニュアンスを正確に共有することができます。
手元までリアルに伝える高精細ディスプレイ
手元までリアルに伝える高精細ディスプレイ
こうした拠点間のコミュニケーション強化、意思決定時間の短縮、出張交通費の削減といったメリットに加えて、最近は、その環境保護への貢献という点でも「HP Halo」は注目されています。

現在HP が自社内において世界規模で進めている「HPHalo」の増築が完成した際には、年間約2万件の出張が不要になると推定しています。その結果、膨大な額の交通費の節約に加え、移動の交通手段によって発生するCO2を35,000トン以上削減することが可能となります。これは、約4,700世帯の1 年間の電力消費量、または約6,500台の自動車が1年間走行しなかった場合に削減できるCO2排出量に相当するように、環境に大きなメリットをもたらすことができるのです。

「HP Halo」の詳細については、http://www.hp.com/jp/halo を参照してください。
このページのトップへ

クリーンでタフな水性インク
HP Latexインクプリンター

私たちが普段、街で目にする看板や、ラッピングカー、イベントバナーなどの多くは、耐水性・耐候性に優れたソルベントインクによって印刷されています。しかし、ソルベントインクは成分に有機溶剤を使用しているため、作業環境の空気中にVOC(揮発性有機化合物)を拡散し、廃棄物にも有害成分を含みます。一方、水性インクは有害性は低いものの、屋外など苛酷な環境における耐久性はソルベントインクに及びませんでした。

そこでHPは、有害成分をほとんど含まずに、ソルベントインクと同等の耐久性を備えた高品質なプリントを実現する水性ポリマー素材「HP Latex インク」を実用化した世界初の大判プリンター「HP Designjet L65500」を発売しました。印刷物は無臭で、作業中に拡散するVOCは極めて低く、オゾンを排出することもありません。廃棄物にも定められた危険物質を含まず、環境への影響を最小限に抑えた印刷を実現しています。

「HP Designjet L65500」についての詳細は、http://www.hp.com/jp/latex を参照してください。
このページのトップへ

「MADE IN TOKYO」の意味
日本HP 昭島工場

日本HP 昭島工場
日本HPでは、個人向けデスクトップPCのカスタマイズ対応モデルや一部のサーバー製品を東京の日本HP昭島事業所で生産しています。品質規格ISO9001とともに、環境マネジメント規格ISO14001の認定を受けた昭島事業所では、HPの環境方針に基づき、環境保護への様々な取り組みを行っています。

省資源への取り組みとして、段ボールなどの梱包材を徹底して分類し、リサイクル率98%を達成しました。また、昭島事業所から出荷する製品は梱包を整理してコンパクトなパッケージにまとめて出荷することによって、お客様サイドでのゴミ処理負担を軽減します。さらに、小さな部品を海外から輸入し、大きな完成品を国内から出荷することによって全体の輸送コストを削減し、CO2排出量の削減にも成功しています。

その他、事業所内のパレットにリサイクルペーパーを利用した段ボールパレットを使用することによって森林資源の保護に貢献し、オゾン層破壊物質を生産工程から一掃するなど、様々な視点から地球環境の保護を心がけています。

「MADE IN TOKYO」についての詳細は、http://www.hp.com/jp/made_in_tokyo/ を参照してください。
このページのトップへ
HPは創業以来、事業を展開する地域社会に対して貢献する責任があると考え、「よき企業市民であること」を会社の目的のひとつとしております。そして環境に優しく、独創的で高品質な製品とサービスをお客様に提供すること、さらに環境に対して責任のある態度で企業活動を行うことに力を注いできました。

自社の業務においても数値目標を定めると共に、エネルギー効率の改善されたテクノロジーへの投資、再利用可能エネルギーの積極活用などを推進しています。I T におけるリーディングカンパニーとして、各国政府、民間組織、他のI T企業と連携し、世界経済全体における温室効果ガス排出量削減を図っています。

輝く未来に向けて、地球環境の大切さを皆様と一緒に考え、持続可能な社会の実現のためにテクノロジーカンパニーとして貢献できることに真摯に取り組み、今後も一層の努力を重ねていく所存でございます。
日本ヒューレット・パッカード株式会社
代表取締役 社長執行役員 小出 伸一
日本ヒューレット・パッカード株式会社
代表取締役 社長執行役員
小出 伸一
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項