Jump to content 日本-日本語



プレスリリース

会社情報

HPEについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
カタログライブラリ
サイトマップ
コンテンツに進む
2010年 元旦

日本ヒューレット・パッカード株式会社
代表取締役 社長執行役員
小出 伸一

2010年 年頭のご挨拶

代表取締役 社長執行役員 小出 伸一
新年明けましておめでとうございます。旧年中に皆様から賜りましたご支援、ご厚情に対し深く感謝申し上げますと共に、新しい年の門出にあたり、ご挨拶申し上げます。

2009年は、景気後退に伴い、企業の設備投資の抑制、雇用情勢の悪化や個人消費の落ち込みなど、日本全体として厳しい1年であったと思います。私ども日本HPにとりましても逆風の中を突き進むような険しい年となりましたが、次の成長に備えるべく、ビジネスの強化を行ってまいりました。

例えば、エンタープライズビジネス事業においては、2009年8月に日本においてもアプリケーションサービス、ITアウトソーシングの分野で世界をリードしてきたEDSの統合を完了しました。従来持っていた優れたハードウェア、ソフトウェア、ITインフラの構築サービスにEDSが持つサービスポートフォリオが加わることで、「戦略パートナー」として、これまで以上にお客様のビジネスの成功に貢献するソリューションを提供できる体制が整いました。またPC事業においては、ミニノートPCやデザイン性に優れた製品の投入、女性ユーザーに対する市場開拓活動にも積極的に取り組んでまいりました。そしてイメージング・プリンティング事業においては、環境に配慮したHP Latexインクを採用した世界初の大判プリンターを発売し、新しい需要を喚起するとともに、個人向けのクラウド型フォトサービス事業「Snapfish」はパートナー様との協業が進み、ユーザーリーチが大幅に拡大しました。

さて迎えた2010年は、一部で改善の兆しが見えつつも、不透明な経済状況は続くものと思われます。企業にとっては厳しい環境ではありますが、一方でこの不況は私どもが事業を営むIT業界にとってはチャンスでもあります。この度の世界同時不況を機に、各国、各所で「無駄や非効率なものを棚卸ししよう」という機運が加速しています。そして2010年は、これまではどちらかといえば話題先行だったクラウドが、具体的なソリューション、サービスとして日本においても本格的な展開が始まると思われます。

HPでは昨年11月、クラウド時代のサービスを支援する戦略「Converged Infrastructgure(コンバージド・インフラストラクチャ)」と、これを実現するための製品強化や、新しいサービスやデータセンターサービスについて発表しました。本年はこれらの製品、サービスを軸に、お客様のITシステムの標準化や運用コストの削減に貢献し、より良いビジネス成果をもたらすための提案を積極的に行っていきたいと考えています。

HPのグローバルなスケールメリットを生かし、サーバー、ストレージからPC、プリンターまで幅広いラインアップのハードウェアから、 ソフトウェア、サービスまで、すぐれた コストパフォーマンスで提供し、お客様の抱える問題解決のお手伝いしてまいります。

人々の生活を豊かに、快適にするという面においても、HPの持つテクノロジーを生かして貢献してゆく所存です。新製品を積極的に投入し、使いやすく、機能性とデザインにすぐれた多彩なPCやプリンターを軸に、「わくわくする技術とデザイン」と「使い方」を提案してまいりたいと思います。

「ITの信頼されるベストパートナー」を目指し、お客様にとって価値ある製品、サービスを提供していかれるよう、本年も社員一同努力してまいります。
引き続きより一層のご高配を賜りますよう、お願い申し上げます。

末筆ながら、皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

以上

#     #     #

お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

プライバシー ご利用条件・免責事項