Jump to content 日本-日本語



プレスリリース

会社情報

HPEについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
カタログライブラリ
サイトマップ
コンテンツに進む
2009年6月2日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ITIL v3の実装を現実的にサポートするITサービス管理製品の最新版
「HP Service Manager 7.1 software」を発表

- IT運用のベストプラクティスのテンプレートを組み込み、ITIL v3実装工数を大幅削減、
「HP UCMDB」との連携も強化し、さらにSaaSでの利用も可能に -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、ITIL v3の実装を現実的にサポートし、IT運用における最先端のITサービスマネジメントを実現するITサービス管理ソフトウェア「HP Service Manager 7.1 software」(以下、HP Service Manager 7.1)を発表します。

昨年からの深刻な経済不況を受け、今、多くの企業においてIT運用の最適化およびコスト削減が急務となっています。さらに、内部統制強化に向けて日本版SOX法対応やITガバナンスへの取り組みも大きな課題となっています。その中で、ITサービス運用・管理の最適化を実現するための標準的な枠組み「ITIL(Information Technology Infrastructure Library)」の導入・実践がさらに重要性を増してきています。

現在においてもITILの実装にあたっては、ITILに関する高度な知識や各種機能の詳細な設定が必要であり、お客様にとっての作業負荷が少なくありません。そのため、日本HPでは今回の最新版「HP Service Manager 7.1」より、ITIL v3ベースのベストプラクティス(模範事例)をテンプレート化した機能「ITSM Implementation Accelerator」(以下、IIA)を標準搭載しました。

また、IT運用のための統合リポジトリ製品「HP Universal CMDB」(以下、HP UCMDB)との連携機能も強化しており、構成情報や変更履歴などのデータへリアルタイムなアクセスが可能となりました。
これによりITIL v3の導入負荷を大幅に軽減し、ITIL v3の実装をより迅速に行うことが可能になります。

なお、「HP Service Manager 7.1」の発表にあわせて、基本機能とヘルプデスク機能、変更管理機能、サービスレベル管理機能をセットにしたスイートパック(25固定ユーザーライセンス)を通常価格の68%値下げした価格で提供する「HP Service Manager Starter Suite(固定ユーザー)」を用意するほか、HP SaaS利用形態によるサービス提供も行います。さらに、教育サービス「Service Managerトレーニング」、および構築サービス「ITILプロセス支援システム構築サービス」を含めたトータルな「ITサービス管理(IT Service Management;以下、ITSM)」ソリューションを展開することで、国内ITサービスマネジメント市場のさらなる拡大を目指します。

<本日発表の新製品>

製品名 最小構成価格 出荷開始
HP Service Manager 7.1 3,571,050円〜
(税抜 3,401,000円〜)
6月2日
HP Service Manager Starter Suite
(固定ユーザー)
8,064,000円
(税抜 7,680,000円)
6月2日

<「HP Service Manager 7.1」の特長>

「HP Service Manager」は、ITILに沿ったワークフロー管理をサポートし、インシデント管理、問題管理、変更管理、リリース管理、構成管理までの流れを一元的に提供します。これによりIT運用体制の標準化を実現するとともに、コンプライアンスへの対応も図ることが可能となります。

  • ITIL v3ベースのベストプラクティスをテンプレート化
    最新版の「HP Service Manager 7.1」では、ITIL v3ベースのベストプラクティスをテンプレート化した機能「IIA」を標準搭載し、ITIL v3の実装を現実的にサポートします。
    「IIA」は、ITIL v3に基づいた人・モノ・プロセスを包含した仕組みをテンプレートとして提供します。「人」については、各管理プロセスの役割と責任に関しての定義の雛形をあらかじめ実装しており、各管理プロセスの役割に応じた担当者を容易に割り当てることができます。「モノ」については、構成管理データベースの雛形を用意し、インシデント管理を中核にITIL v3の全体的なプロセスフローチャートが組み込まれています。「プロセス」については、ITIL v3をベースにした管理プロセス図と実行手順、およびKPIに関するガイドを提供します。
    「IIA」を活用することで、ITIL v3導入のためにゼロから要件定義を行う必要がなくなり、導入にかかる作業負荷を大幅に削減することができます。また、COBIT 4.1に対応しているため、内部統制強化に向けた日本版SOX法対応およびITガバナンスの取り組みもサポートします。

  • 「HP UCMDB」との連携機能を強化
    さらに、最新版の「HP Service Manager 7.1」では、IT運用のための統合リポジトリ製品である「HP UCMDB」との連携機能を強化しています。従来まで定期的なバッチ処理で行っていた双方向連携をWebサービス化することで、ITILプロセスに必要な構成情報とその関係、および、さまざまなインシデントや変更作業、リリース情報などを包括したデータへのリアルタイムアクセスが可能となりました。また、「HP Service Manager 7.1」上の変更管理機能のもとで構成情報をコントロールできるほか、「HP Service Manager 7.1」から「HP UCMDB」の構成ビュー(影響の可視化)を呼び出すこともできます。「HP Service Manager 7.1」と「HP UCMDB」の保有している構成情報に誤差がある場合は管理者に通知されるため、実態データと管理データの監査も可能です。

<トータルなHP ITSMソリューションを展開>

今回の発表にともない、「HP Service Manager 7.1」を中核にしたトータルな「ITSM」ソリューションを展開し、国内ITサービスマネジメント市場拡大に向けた販売活動を推進していきます。
大企業向けのスイートパックとして、「HP Service Manager 7.1」の基本機能に加え、ヘルプデスク機能、変更管理機能、サービスレベル管理機能をセットにした「HP Service Manager Starter Suite」(25固定ユーザーライセンス)を提供します。このスイートパックは、各オプション機能を別々で購入する場合に比べて68%値下げした低価格を実現しています。また、自社サーバーでの運用が難しいお客様に向けては、HP SaaS利用形態によるサービス提供にも対応します。あわせて、教育サービスの「Service Managerトレーニング」、および構築サービスの「ITILプロセス支援システム構築サービス」を提案することにより、ITIL v3導入を積極的に支援します。

■ 「HP Service Manager」に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/software/sm7

■ 日本HPプレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

プライバシー ご利用条件・免責事項