Jump to content 日本-日本語



ニュースリリース

会社情報

HPEについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
カタログライブラリ
サイトマップ
コンテンツに進む
本リリースはTIS株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社による共同リリースです。
両社より重複して配信される場合がございますが、あらかじめご了承ください。

2008年8月7日

TIS株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社

TIS、日本HPが、オープンソースによるBPM分野で協業

- JBoss jBPMをエンジンとしたソリューション「e-ProcessManager」と
HP ProLiantの組み合わせでBPMシステムを構築しシスメックスに導入 -

ITホールディングスグループのTIS株式会社(略称:TIS、本社:東京都港区、代表取締役社長:藤宮 宏章)、日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)の2社は、オープンソース・ソフトウェア(以下OSS)によるビジネス・プロセス・マネジメント(以下、BPM)分野で協業を開始したことを発表します。この協業はOSSを活用して、低価格で、高品質のITシステム構築を求める市場ニーズに応えることを目的としています。中でも、経営環境や市場環境が急激に変化する現在、関心が高まっているBPMの分野に焦点を定め、市場の変化に即応でき、かつ、低価格で高品質なBPMシステムの提供を開始します。

また2社は、医療用検査機器・試薬大手のシスメックス株式会社(以下シスメックス、本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:家次 恒)のOSSによるBPMシステムを構築し、経理、総務、勤怠のシステムが既に本格稼動しています。

<協業の目的>OSSを活用して、低価格で高品質なBPMシステム構築を実現
従来、BPMシステムの商用製品は高価なため、システム構築に数億円規模の投資が必要になるとされ、それが導入にあたっての障壁となっていました。しかし、ライセンスフリーのOSSの中で、標準に準拠したBPMエンジンとして注目されているレッドハット社のJBoss jBPM(*1)をベースとしたBPMソリューション「e-ProcessManager」と、業界標準サーバであるHP ProLiantを組み合わせることにより、大幅なコスト削減でBPMシステムを構築することが可能になります。

TISは、JBoss jBPMをエンジンとして採用したワークフロー開発フレームワーク「e-ProcessManager」を独自に開発し、BPMシステム導入のコンサルティング、インプリから基幹情報システムのライフサイクル全般までの豊富な実績を持っています。日本HPは、オープンソース領域で実績のある業界標準x86サーバ「HP ProLiant サーバ」を中核に高性能で高品質なプラットフォームを提供しています。

この2社の協業により、低価格かつ高品質なBPMシステムの提供が可能になりました。

*1: JBoss jBPM
レッドハット株式会社が開発している製品。ワークフローからエンタープライズ・クラスのBPM、システムオーケストレーションに至るまで、より広範囲のビジネス課題におけるプロセスの自動化を可能にする。

<シスメックス社が採用>HP ProLiant上で稼動する「e-ProcessManager」によるBPMシステム
協業に先駆けて2社は、Microsoft® Windows® Server環境のもとHP ProLiant上で稼動するオープンソースJBoss jBPMをベースとした「e-ProcessManager」を活用してBPMシステムを構築し、シスメックスに納入しました。新システムの構築は昨年7月にスタートし、今年2月に経理システム、4月に総務システム、6月に勤怠システムが稼動開始しました。

シスメックスは、医療用検査機器・試薬ならびに関連ソフトウェアなどの開発・製造・販売を行う東証一部上場企業です。同社では、これまで利用していた経理、人事などのワークフローシステムの老朽化が進んでいたことから、安価にシステムのマイグレーションが可能な方法を検討していました。またBPMによってビジネスプロセスの改善、業務の効率化を一層推進したいと考えていました。同社では様々なソリューションを検討した結果、TISと日本HPの2社の提案を採用しました。

新システム導入の主な効果としては、
   ・従来システムよりもアプリケーションのレスポンスが大幅向上し、業務スピードがアップ
   ・OSSの採用により、システム拡張時のライセンス費が発生しないなどのランニングコストが大幅に低減
   ・自社の業務フローに合わせた自由度の高いシステム構築の実現と高い拡張性
   ・グローバル展開を見据えた将来の多言語利用にも対応可能
などが挙げられます。

シスメックスでは、今回の新システムのレスポンスや品質などを高く評価しており、今後はグループ関連会社への展開を図るなど、企業マネジメントの中核システムとしていく予定です。

2社がシスメックスに提供した製品、サービスは以下の通りです。

TIS:JBoss jBPMベースのソリューション「eProcess Manager」によるシステムインテグレーション(システムコンサルティングからシステムの企画、立案、構築)、構築後のシステムサポート

日本HP:製品検証、サイジング、コンサルティング、ハードウェアHP ProLiant DL360G5、の提供、ハードウェアサポート

<2社協業による提供サービスの内容>

2社はシスメックスへの納入を皮切りに今後も、以下の活動を行っていきます。
(1)オープンソース・ソフトウェアの検証
BPMエンジン「JBoss jBPM」を中心とした製品検証。OSやハードウェアについての組み合わせやベンチマーク、サイジングなどを行い、検証結果を文書として公開します。

(2)お客様へのインフラ提案・構築支援サービスを提供
(1)による検証結果の文書などを元に、TISがお客様に最適なシステムの提案サービス、構築サービスを提供します。

日本HPは、これまでOSIP(HP Open Source Integrated Portfolio)(*2)プログラムに基づき、レッドハット社とともに世界レベルでOSSビジネスを推進してきました。またTISは、高品質でコンサルティング販売ができる新しいソリューション「e-ProcessManager」を2006年頃から開発してきました。

*2: OSIP(HP Open Source Integrated Portfolio)
ユーザー企業に必要なソリューションを提供するためのオープンソースのミドルウェアを、購入しやすいようにHPが製品化し、構築や保守サービスなどを提供していくというもの。この際、システムが動作するOSは、WindowsかLinuxかを問わない。また、検証・サポートされたオープンソースのスタックを構築するためにコンポーネントを定義し、検証結果の文書化やセミナーの開催、コンサルティングなどの活動もしている。

■ レッドハット株式会社様からのエンドースメント

レッドハットはTIS株式会社と日本ヒューレット・パッカード株式会社がJBossjBPMを利用し、ビジネス・プロセス・マネジメント(BPM)分野で協業を始めたことを歓迎いたします。

シスメックス株式会社において品質とレスポンスタイムの向上を高く評価頂いたJBoss jBPMは、柔軟性と拡張性に定評のある優れたツールで、人・事業・ITシステムを効率よく繋いで成果を上げるための、ビジネスプロセスの自動化を行います。レッドハットはTIS、HPと協業し、お客様の業務や経営の効率化に貢献するSOA・BPMソリューションを、これからも市場に提供して参ります。

レッドハット株式会社
代表取締役社長 廣川裕司 様

■ 「eProcess Manager」に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.tis.co.jp/service/e-processmanager/index.html 日本HP外のウェブサイトへ

■ 「JBoss jBPM」に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.jp.redhat.com/jboss/ 日本HP外のウェブサイトへ

■ 「HPのオープンソース」に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/opensource/

TISについて
TIS株式会社は企業情報システム事業(アウトソーシングサービス、ソフトウェア開発、ソリューションサービス、インターネットデータセンター事業、ウェブ構築など)を展開しています。2008年4月の経営統合により専門分野に特化した40社以上の企業グループ「ITホールディングスグループ」の一員となりました。業界第2位グループに位置するITホールディングスグループの中核企業として、経営戦略を実現するためのシステムコンサルティングからシステムの企画・立案・構築、運用・保守までの一連の流れを支援・サポートしていきます。
http://www.tis.co.jp/ 日本HP外のウェブサイトへ

日本HPについて
HPはコンシューマから大企業まで、すべてのお客様がテクノロジを身近に活用し、より便利で豊かな環境を享受できるよう努めています。HPはプリンティング、PC、ソフトウェア、サービスからITインフラにいたる幅広いポートフォリオを持つ、世界最大のIT企業のひとつです。2008年第2四半期(2008年4月30日)までの年間売上高は1,104億ドルです。HP についての情報はhttp://www.hp.com/ をご覧ください。日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。http://www.hp.com/jp/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
TIS株式会社 産業事業統括本部
産業第2事業部 産業システム営業部
営業担当 河端
TEL:06-6821-1050
ホームページ:http://www.tis.co.jp/ 日本HP外のウェブサイトへ

日本ヒューレット・パッカード株式会社
カスタマー・インフォメーション・センター TEL: 03-6416-6660
ホームページ:http://www.hpe.com/jp

プライバシー ご利用条件・免責事項