Jump to content 日本-日本語



ニュースリリース

会社情報

HPEについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
カタログライブラリ
サイトマップ
コンテンツに進む
2007年9月6日

クアッドコア インテル Xeon プロセッサーを4基搭載できる
HP ProLiantサーバ2機種を発売

- 同時に、HP ProLiant製品のクアッドコア製品を
中心とした大規模な価格改定を実施 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小田 晋吾)は本日、業界標準x86サーバ「HP ProLiantファミリ」において、新たにクアッドコア インテル® Xeon® プロセッサー 7300番台を最大4基搭載可能なサーバを2機種発売するとともに、既存サーバについても最新のクアッドコア インテル Xeon プロセッサー 5300番台、デュアルコア AMD Opteron™プロセッサを搭載したモデルを発売し、ポートフォリオを強化します。

また、「HP ProLiantファミリ」のクアッドコア インテル Xeon プロセッサー搭載機種を中心に15機種68モデルについて最大改定率31%の大規模な価格改定を行います。これにより、業界最高水準の価格性能比を実現し、クアッドコア搭載製品のさらなる普及を図ります。

さらに、本日あわせて、「HP ProLiantファミリ」の世代(Generation)表記ルールの変更を発表します。従来の機種ごとの世代表記から、テクノロジの世代に基づく表記に改めることで、より製品の技術的特長を明確にし、お客様の機種選択を容易にします。

<本日発表の新製品>
本日発売する製品は、以下のとおりです。

  • クアッドコア インテル Xeonプロセッサー 7300番台を最大4基搭載できるラックマウント型ハイエンド機種の最新世代機「HP ProLiant DL580 G5」
  • 同じく同プロセッサを最大4基搭載できる、第3世代ブレードHP BladeSystem c-Class対応のブレード型サーバ「HP ProLiant BL680c G5」

製品名 希望小売価格 受注開始
HP ProLiant DL580 Generation 5(G5) 1,741,950円(税抜1,659,000円) 11月上旬
HP ProLiant BL680c Generation 5(G5) 1,701,000円(税抜1,620,000円) 11月上旬

HP ProLiant DL580 G5
「HP ProLiant DL580 G5」は、現在販売中のHP ProLiant製品の最上位機種にあたる、4ソケット(最大4基のプロセッサを搭載できる)サーバの新世代機です。本製品は、高さ4U(17.6cm)の筐体に最大16コア、128GBのメモリ、16本の内蔵ハードディスクドライブ(HDD)を搭載でき、旧世代の製品に比べて2倍の拡張性を備えています。性能が優れているだけでなく、メモリやHDDにも十分な容量を備えているため、HPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング)はもちろん、データベースサーバ、メッセージングサーバ、業務アプリケーションサーバなど、企業の根幹を担う幅広い用途に活用できます。

また、本製品はラックに固定したままでプロセッサ・メモリ・HDD・パワーサプライなどの主要コンポーネントの保守を行うことができ、運用性にも十分な配慮がなされています。

HP ProLiant BL680c G5
「HP ProLiant BL680c G5」は、HP BladeSystem c-Classでは初めてとなる、クアッドコア インテル Xeon プロセッサー 7300番台を最大4基搭載できる4ソケットのブレード型サーバです。本製品は、1台のHP BladeSystem c7000エンクロージャに8枚まで搭載できるフルハイトブレードで、最大構成時には高さ10U(44.2cm)のスペースに128コアという高密度を実現でき、多数の並列処理のためにコア数を必要とする科学技術計算や、集中処理が必要なデータベース、高負荷のアプリケーション処理などの用途に最適です。

<既存サーバについても最新プロセッサ搭載モデルを発売>
また、本日よりHP ProLiantの多くの機種で、インテル及びAMDの最新プロセッサを搭載したモデルが購入可能になります。(*)新たに選択可能になるプロセッサと対応機種は以下の通りです。

  • クアッドコア インテル Xeon プロセッサー X5365 (3GHz, FSB1333)
    対応機種:BL460c、BL480c(近日中にDL380G5とML370G5も対応予定)
  • クアッドコア インテル Xeon プロセッサー L5335 (2GHz, FSB1333)
    対応機種:BL460c(近日中にDL380G5も対応予定)
  • デュアルコア AMD Opteron プロセッサ 2222 (3GHz)
    対応機種:BL465c(近日中にDL385G2とDL365も対応予定)
  • デュアルコア AMD Opteron プロセッサ 8222 (3GHz)
    対応機種:BL685c
*: HP ProLiant 300シリーズについては日本HPのオンラインストア HP Directplus、および販売パートナーHP Directpartner経由で販売します。

<HP ProLiant大規模価格改定>
同時に、HP ProLiantサーバ製品15機種68製品について、大規模な価格改定を行います。今回の価格改定では、クアッドコア インテル Xeonプロセッサー 5300番台を搭載した1UサーバエントリーモデルのDL140 G3が最大31%の値下げとなるなど、クアッドコアプロセッサ搭載製品を中心にさらにお求め易い価格を実現し、新製品の発売とあわせて、より多くのお客様へのクアッドコアプロセッサ製品の普及を図ります。
今回の価格改定の詳細については、添付資料をご参照下さい。

<HP ProLiantにおける世代表記ルールの変更のお知らせ>
日本HPは、本日以降発売するHP ProLiant製品の世代表記(製品名の最後の”G”の後の数字)について、技術世代に基づく表記に変更します。従来、HP ProLiantにおいては、技術世代としては同世代の製品である「HP ProLiant DL380 G5」と「HP ProLiant DL385 G2」のように、技術世代と関係なく、機種ごとの製品世代を製品名に付与していました。

このたび、より製品の技術的特長を明確にし、お客様の機種選択を容易にするために、本日以降発売する全てのHP ProLiant新製品の世代表記を、技術世代に基づくものに変更します。このルール変更により、本日発売の新製品「HP ProLiant BL680c G5」については、今回初めて発売される新機種ながら、現行最新の技術世代である「G5」として発売します。

なお、現在発売中の製品については製品名を変更せず、次世代製品の発売に応じて、順次世代表記を改めていきます。

■ 添付資料
     「HP ProLiant 2007年9月6日価格改定一覧」(PDF:158KB)

■ 本日発表の新製品に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/proliant_new/

■ HP ProLiantに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/proliant/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
プライバシー ご利用条件・免責事項