Jump to content 日本-日本語



ニュースリリース

会社情報

HPEについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
カタログライブラリ
サイトマップ
コンテンツに進む
このリリースは、オラクル・コーポレーション、ヒューレット・パッカード カンパニーが、2006年3月2日 (米国時間)に発表したリリースの日本語抄訳です。

2006年3月3日
日本オラクル株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社

HP Integrity サーバを使ったソリューション拡大のために
取り組みを強化

2006年3月2日カリフォルニア州パロアルト-オラクル・コーポレーション(以下、オラクル)とヒューレット・パッカード カンパニー(以下、HP)は、お客様の業務効率最大化をサポートする両社のアライアンスの一環として、「HP Integrity サーバ」とオラクルのソフトウェアの組み合わせへのコミットメントを強化します。本日の発表は、3人のCEO(最高経営責任者)、HPのマーク・ハード、インテル・コーポレーションのポール・オッテリーニ、オラクルのラリー・エリソン、が参加するWebイベントにて発表されました。(イベントの内容は、http://www.hp.com/go/hpliveで見ることができます。)

オラクルは、同社のOracle 10g基盤ソフトウェア製品である「Oracle Database」、「Oracle Fusion Middleware」、および「Oracle Enterprise Manager」、さらにそれらに加えて「Oracle E-Business Suite」を HP-UX 11i搭載のHP Integrity サーバ上で稼動させると発表しました。オラクルでは、現在HP-UX 11i搭載のHP Integrity サーバ上で稼動する統合されたビジネスアプリケーションのセットである「Oracle E-Business Suite」のリリースに向けた作業を行っています。

さらに、インテル®Itanium®プロセッサ上で稼動するHP-UX 11iは、オラクルにとって戦略的なプラットフォームの1つになります。今後は新製品のリリースや将来のアップグレードに関して、他の戦略的なUNIXプラットフォームと同時に対応するよう開発計画が立てられます。

オラクル、HP、インテルは、引き続き共通のお客様における企業のITコスト削減の取り組みをリードしていきます。先日オラクルにより発表された内容をさらに拡大して、HP Integrity サーバを利用しているお客様には、オラクルのソフトウェア製品に関する有利な価格体系が適用されるようになります。

「今回の発表は、HPとオラクルが、既存の10万にもおよぶお客様に両社のソリューションの将来性へのコミットメントを再度表明するものであり、HP IntegrityサーバとOracle E-Business Suiteを組み合わせたソリューションへの強い要望に応えるものです。HPとオラクルは、25年以上にわたってサーバ、アプリケーションのチューニング、最適化を通じて、他に並ぶものがない価値をお客様に提供してきました。」とHPビジネスクリティカルサーバの上級副社長兼ゼネラルマネジャ リッチ・マルセロは語っています。

これに加えてオラクルは、HP Integrityサーバの主要な仮想化技術である「HP Virtual Server Environment (以下、VSE)」へのライセンス面での支持を拡張します。オラクルの技術ライセンスモデルと組み合わされたHP製品は、お客様のITコスト削減の実現を助けます。お客様は、「HP Integrity Virtual Machines」、「Secure Resource Partitions」といった一連のHPパーティショニング技術を利用すれば、サーバ内の実際に使用するCPU分のみのライセンスを受ければよいことになります。

「長期間にわたり、HPの技術とサーバ製品は、オラクルのアプリケーション、基盤ソフトウェアの戦略的な基礎となっています。本日の発表で、高い処理能力を求められる企業ITの基盤として最適なHP Integrity サーバ製品群へのオラクルの更なるそして継続的なコミットメントを表明できたと思います。オラクルのデータベース、アプリケーション製品と組み合わされたHP Integrityサーバの継続的な成功を期待しています。」とオラクルのプラットフォーム・ディストリビューション・アライアンス担当の副社長ジュドソン・アルソフは述べています。

さらにHPは、お客様がSOAベースのシステムを計画、設計、導入、管理することをサポートするために、Oracle Fusion Middlewareを全世界のコンピテンシー・センタに導入します。カリフォルニア州のクパチノ、インドのバンガロール、フランスのソフィア・アンティポリス、東京にある「SOAコンピテンシー・センタ」において、システム設計、コンサルティング、ソフトウェアおよびハードウェアのデモ、セミナやワークショップを提供していく予定です。

オラクルについて
オラクルは世界最大の企業向けソフトウェア会社です。オラクルに関するより詳しい情報は、http://www.oracle.com  をご覧ください。

HPについて
HPは、コンシューマ、企業、各種機関等に世界規模でサービスを提供するテクノロジー・ソリューション・プロバイダとして、ITインフラストラクチャ、コンサルティング&インテグレーションサービスからPC、PDA、プリンタまで幅広い製品、サービスを提供しています。2006年1月31日締めの4四半期の総計で、年間売上高は879億ドルでした。HP (NYSE, Nasdaq: HPQ) についての情報はhttp://www.hp.com/をご覧ください。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

プライバシー ご利用条件・免責事項