Jump to content 日本-日本語



ニュースリリース

会社情報

HPEについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
カタログライブラリ
サイトマップ
コンテンツに進む
2005年4月1日

日本ヒューレット・パッカード株式会社 2005年度入社式
代表取締役社長 樋口泰行による訓話(要約)

代表取締役社長 樋口 泰行

皆さん、入社おめでとうございます。現在の皆さんは、緊張し、不安と期待の入り混じった複雑な心境かと思いますが、非常に高い倍率を勝ち抜いて日本HPの一員になったことに、ぜひ、自信と誇りをもってください。

皆さんにとって今日という日は大きな転換期です。人生を、働いている期間と働いていない期間の二つに大きく分けると、今日がまさにその境となる日です。その境の日を迎えるに当たって、まずお話したいことは、とにかく一生懸命に勉強して欲しいということです。

人間をコンピュータに例えるとすると、CPUやメモリーに当たるのが知識やスキルですが、皆さんには少しでも早く社会人としての知識を身に付けてほしい。1日1つずつでも知らない単語を理解し、それを元に点から線へと広げて、実際に自分が担当する仕事と結び付けていくということを実践していってください。一方、IOインタフェースに当たるのがコミュニケーション能力、折衝や調整の能力、あるいは人に影響を与えて動かすリーダーシップといった、対人的な能力です。CPUやメモリーがいくら高速でも、それだけではシステムは機能しません。皆さんには、単なる頭でっかちにならず、社会人として両面のバランスが取れた人になって欲しいと思います。
まずは自分が「知らない」ということを自覚することがバネになります。これからの勉強はたとえ一つ一つは関連がないように思えても、必ずビジネスに生きてきます。そして、その人の成長の度合いは、一生懸命さと、取り組んだ時間との掛け算で決まるのだということを肝に銘じておいてください。

HPには「+HP Way」という優れた企業理念があり、顧客への熱意 、信頼と尊敬、成果と貢献、妥協なき誠実さ、チームワーク、革新性、速さと敏捷さ、という7つの言葉に集約されています。日本ではこれらをより具体化し、「お客様第一主義」「スピード」「結果重視」「オープン」「日本市場に根付く」という5つのスローガンを掲げています。
HPは人を大切にする良い会社だと言われていますが、これは決して楽な会社という意味ではありません。良い会社とは、社員が仕事にやりがいを感じて、活き活きと働き、その結果としてお客様のお役に立ち、会社も成長するという循環につながっている会社のことです。厳しさの中にこそ楽しみもあるのだと、理解してください。

これから皆さんは研修に入るわけですが、これは猶予期間ではなく、勉強に集中できる最後の期間と思ってください。そして8月に研修を終えた時、ひとまわり大きく成長した皆さんとまたお会いできるのを心から楽しみにしています。

#     #     #

プライバシー ご利用条件・免責事項