Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPEについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
カタログライブラリ
日本HPEサイトマップ
コンテンツに進む
2004年2月10日

1U薄型ラックマウントサーバ新製品を発表
低電圧版Itanium 2プロセッサを最大二基搭載

− 拡張性と価格性能比に優れたエントリモデルの投入により、
ローエンド・サーバ市場におけるシェア拡大を図る −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口泰行)は、サーバ製品シリーズ「HP Integrityサーバ(エイチピー・インテグリティ)」の新製品 「HP Integrity サーバ rx1600」を発表、本日より受注を開始します。また、同社は本日、既存のモデルの2Uサーバ製品「HP Integrity サーバ rx2600」にも新CPU 2製品を追加し、Integrityシリーズのエントリ製品を大幅に強化しました。

今回発表のrx1600/rx2600は、低電圧版インテル® Itanium® (アイテニアム)2プロセッサ を搭載し、1U(1ユニットは高さ約44mm)あるいは2Uの薄型モデルながら、優れた処理性能と拡張性、信頼性を両立させます。特にrx1600は、既存の 1U サーバが多く利用されているフロントエッジサーバだけではなく、アプリケーションサーバやDBサーバなどにも利用が可能です。従来の他社製品と比較して、パフォーマンス、信頼性、拡張性、柔軟性において、ひとクラス上の価値を提供します。また、価格面でも、今までの常識を超えるような魅力的なものを提供します。

日本HPは拡大する64ビットコンピューティング環境に向けて、高性能で、UNIX、Windows®、Linuxの3OSをサポートし、業界標準の技術を使ったローエンドの製品ラインナップを投入することで、お客様の選択肢を拡げます。これにより変化に柔軟に対応できるシステム構築をサポートし、RoIT (Return on Information Technology : IT の生み出すビジネス価値) の最大化に貢献します。また、今回の新製品の投入により、従来同社が得意としてきたハイエンド、ミッドレンジ・サーバ市場に加えて、ローエンド市場向けの製品ラインナップを強化し、この分野のシェア拡大を図ります。

今回発表した新製品各種の概要は以下の通りです。

<1Uの薄型ラックマウントサーバ HP Integrity rx1600 >

 

HP Integrity rx1600は1Uと超薄型の筐体(きょうたい)ながら、低電圧版Itanium 2を最大2基まで搭載可能です。薄型ラックマウントサーバの利便性を活かしながら、十分な拡張性および処理性能により、お客様のRoIT向上に貢献する製品です。HP-UX, Linux, Windows をサポートし、お客様のシステム要求に柔軟に対応します。

 

○ 製品特長

 
  • 低電圧版Itanium2 搭載
    Integrityサーバ シリーズの製品としては初めて、インテルの低電圧版Itanium 2 プロセッサ (1GHz /1.5MB L3キャッシュ、コードネームDeerfield)を採用。チップセットには4way までのサーバ用に HP が独自に開発した 「HP zx1」を採用しました。エンタープライズ向け 4way サーバで実現されているハイパフォーマンスや高信頼性機能を 1U の筐体にパッケージし、システムとしてのトータルスループットの向上と信頼性向上を図っています。
  • 薄型筐体でありながら拡張性を強化
    1Uの超薄型筐体ながら、大容量メモリ(最大16GB)、高速PCI-X I/O 2スロット、ホットスワップ対応内蔵ディスク2個(最大292GB)など、クラス最高レベルの拡張性を備えています。
  • 高い信頼性・可用性を確保
    HP Integrity サーバの特徴である高い信頼性機能を備えています。ホットスワップHDD、メモリチップスペア、DMR(Dynamic Memory Resilience 不良メモリの動的切り離し)、DPR(Dynamic Processor Resilience 不良CPUの動的切り離し)などの機能を装備しており、高信頼のシステムを構築することが可能です。また、HP-UX 環境においてはクラスタ構成をサポートし、いままでの常識を超える信頼性を提供します。
  • バンドル製品 (HP Advantage シリーズ) を追加
    CPU, メモリ、HDD をバンドルして低価格で提供している HP Advantage シリーズとしても提供します。主要コンポーネントをバンドルすることで低価格を実現し、圧倒的なコストパフォーマンスを提供します。

    ○ 出荷開始時期

     
    HP-UX 版   2004年2月下旬 (HP-UX11i v2)
    Linux 版   2004年2月下旬 (RedHat Linux AS2.1)
    Windows 版   2004年後半

    ○ 価格と構成例(HP Advantage シリーズの場合:消費税別)

     

    HP Advantage シリーズ

     
    HP Integrity rx1600-1-1 : 468,000円
      (低電圧版Itanium2 1GHz 1way, 512MBメモリ、36GB HDD)
    HP Integrity rx1600-2-1 : 936,000円
      (低電圧版Itanium2 1GHz 2way, 2GBメモリ、73GB HDD)

    <価格性能比を向上させた2Uサーバ HP Integrity rx2600>

     

    2003年7月に発表されたHP Integrity rx2600に、低電圧版Itanium2 (1GHz/1.5MB L3キャッシュ コードネームDeerfield)プロセッサと、Itanium2(1.4GHz/1.5MB L3キャッシュ コードネーム Streetfighter)プロセッサの2製品が加わりました。いずれもCPUを最大2個搭載可能な2Uサーバで、既存モデルの高性能はそのままに、より一層の低価格を実現しました。ラックマウントと床置きの両用途に対応します。

    ○ 製品特長

     
  • 拡張性と価格性能比に優れた2Uモデル
    HP が同時に開発したHP zx1 チップセットにより、薄型2U(1ユニットは高さ約44mm)モデルながら、大容量メモリ(最大24GB)、高速PCI-X I/O 4スロット、ホットスワップ対応内蔵ディスク3個(最大438GB)など、拡張性に優れた製品です。
  • 高い信頼性・可用性を確保
    ホットスワップHDD、メモリチップスペア、DMR(Dynamic Memory Resilience 不良メモリの動的切り離し)、DPR(Dynamic Processor Resilience 不良CPUの動的切り離し)、冗長電源、冗長冷却ファンなどの機能を装備しており、高信頼のシステムを構築することが可能です。
  • お客様の投資保護に配慮
    既存 rx2600 を最新のプロセッサにアップグレード可能です。また、将来の Itanium 2 プロセッサへも同様に、同一筐体内でのアップグレードを提供予定であり、お客様の投資保護に貢献します。
  • バンドル製品 (HP Advantage シリーズ) を追加
    CPU, メモリ、HDD をバンドルして低価格で提供している HP Advantage シリーズに3モデル追加します。バンドルすることで低価格を実現し、圧倒的なコストパフォーマンスを提供します。

    ○ 出荷開始時期

     
    HP-UX 版   2004年2月後半 (HP-UX11i v2)
    Linux 版   2004年2月後半 (RedHat Linux AS 2.1)
    Windows 版   2004年2月後半 (Windows 2003, Enterprise Edition)

    ○ 価格と構成例(HP Advantage シリーズの場合:消費税別)

     

    HP Advantage シリーズ

     
    HP Integrity rx2600-1-3 : 742,000円
      (低電圧版Itanium2 1GHz 1way, 1GBメモリ、36GB HDD)
    HP Integrity rx2600-1-2 : 988,000円
      (Itanium2 1.4GHz 1way, 1GBメモリ、36GB HDD)
    HP Integrity rx2600-2-2 : 1,598,000円
      (Itanium2 1.4GHz 2way, 2GBメモリ、36GB x 2 HDD)

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660

    プライバシー ご利用条件・免責事項