Jump to content 日本-日本語



ニュースリリース

会社情報

HPEについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
カタログライブラリ
サイトマップ
コンテンツに進む
本リリースはミラクル・リナックス株式会社と日本ヒューレット・パッカード株式会社の共同リリースです。
両社から重複して配信されることがありますが、あらかじめご了承ください。

2003年11月12日

ミラクル・リナックス株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社

ミラクル・リナックス、HP ProLiant上での
Oracle9i Release 2 Real Application Clusters の動作環境を拡充

− Oracle10g へ向けて、既存システムへの対応を充実 −

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区赤坂4-1-30、代表取締役社長:佐藤武、以下ミラクル・リナックス)と日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区東品川2-2-24、代表取締役社長:樋口泰行、以下日本HP)は、日本HP の高性能IA サーバ「HP ProLiant (プロライアント) DL580 G2」および高性能ストレージ「HP StorageWorks Modular SAN Array 1000 (MSA1000)」上でOracle9i Database Release 2 Real Application Clusters (RAC)の動作検証を終了し、両社共同で大規模データベースクラスタソリューションの展開を拡充することを発表します。

ミラクル・リナックスのLinuxサーバOS「MIRACLE LINUX Standard Edition」はOracle製品との親和性が高く、信頼性・安定性も高いことから、企業システムにおいて既に多くの実績があります。
さらに、ミラクル・リナックスでは、現在提供しております「MIRACLE LINUX Standard Edition V2.1」での Oracle10g 対応も行う予定です。

HP ProLiantシリーズは世界的に支持を受けている最先端の高性能IAサーバです。また日本HPの万全のサポート体制により、お客様のシステム運用を強力にバックアップしています。

高可用データベースソリューション「Oracle9i Real Application Clusters」は従来では困難とされていた高い可用性とリニアなスケーラビリティを両立したクラスタシステムで、エンタープライズシステムに対する多様な期待に応えます。

これらの組み合わせによる厳しい動作検証を終了したことにより、より信頼性の向上した、コストパフォーマンスの高い大規模データベースクラスタステム構築が可能になるとともに、Oracle10g を円滑に大規模システムへ展開することができるようになります。

【検証ハードウェア構成】

 

IAサーバ: HP ProLiant DL580 G2 - 4台

 

[各ノードの構成]

  • CPU: Xeon 1.4GHz x 4
  • Memory: 4GB
  • Fibre Channel: QLA2321
  • NIC: BCM5701

    共有ディスク: HP StorageWorks MSA1000

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

    ミラクル・リナックス株式会社

    代表  TEL : 03-5562-8300
    E-Mail:   info@miraclelinux.com

    日本ヒューレット・パッカード株式会社

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660

    プライバシー ご利用条件・免責事項