Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPEについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
カタログライブラリ
日本HPEサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは、エレコム株式会社と日本ヒューレット・パッカード株式会社の共同リリースです。
両社から重複して配信されることがありますが、あらかじめご了承ください。

2003年10月21日

エレコム株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社

エレコムと日本HP Oracle9i RACとストレージの仮想化技術を使い、
レガシーシステムで行っていた業務を含む、
ミッションクリティカルな基幹業務システムを構築

− DB統合により、運用管理を簡素化し、大幅な保守運用コストの削減に成功 −

エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治、以下、エレコム)と日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、代表取締役社長:樋口泰行)は、本日、日本HPのHP AlphaServerと「Oracle9i Real Application Clusters(以下、Oracle9i RAC)」との組み合わせで、エレコムのミッションクリティカルな基幹業務システムを構築したことを発表します。

エレコムは、毎年1,000アイテム以上の製品を市場に売り出し、成長しているパソコン関連機器メーカーです。パソコン関連業界であるため、その商品寿命は短くかつ幅広い分野での商品開発を実施しており、商品情報の管理と商品の改廃の巧拙が企業の生命線となっています。

そのため従来エレコムでは、受注、出荷、商品開発管理などの基幹業務をはじめとして、分析系、情報系のシステムを独自に開発、それぞれを駆使し商品の状況の把握、分析を実施し、商品開発、販売業務に活用してきました。エレコムは、業務の伸張に併せて、それぞれのシステムを拡張してきたため、データベースが10個以上に増加し、複数のシステムに分散していました。その結果、データの二重管理などの作業が発生し、システム間の連携が複雑化し、全システムを統合・最適化する必要に迫られていました。

またエレコムは、業務の拡張に伴い、データ量やトランザクションが増加し、システムが複雑化したため、データベースサーバを1、2年単位で更新、増強を行っていました。そのための導入費用、移行のための時間、費用がかかり、システム運用管理の面からサーバの統合の必要性が生じていました。新しいシステムは、今後想定される海外パートナーとのビジネス拡大に備え、24時間稼動できる可用性の高さとシステム規模の拡大に対応できる柔軟性の高いシステムが求められていました。

このような要求に応えるため、エレコムと日本HPは、HP AlphaServerシステムとOracle9i RACの組み合わせで新システムを構築しました。また、ストレージの仮想化技術とOracle9i RACの採用により、10個以上に分散していたデータベースを統合し、今後のデータや業務処理能力の拡張要求にも柔軟に対応できるようになりました。今回の新システムにより、従来レガシーシステムで行っていた一部の業務も含めミッションクリティカルな業務を、オープンシステムで、容易な管理のもとに管理費用を抑えながら運用ができ、またシステムの拡張にも柔軟に対応ができるようになりました。

エレコムでは、その効果は

 
社内運用管理コストの圧縮(年間1,500時間の作業時間削減を想定)
ソフトウェアの保守費用の圧縮 (年間1,000万円の費用を圧縮)

となると見ています。

<システム構成>

 
HP AlphaServer DS25 3台
HP AlphaServer DS10 1台
HP ProLiant DL380 1台
HP StorageWorks EVA 5000(ストレージシステム) 1.7TB
Oracle9i Real Application Clusters  

エレコムが日本HPのAlphaServerシステムを選択した理由として、TruClusterの技術が生かされているOracle9i RACとAlphaServer/Tru64 UNIXとの親和性の高さ、Oracle9i RACによるシステム構築の豊富な経験と実績により、堅牢なシステム構築が可能な点が挙げられます。また将来的には、インテル® Itanium® プロセッサ搭載のプラットフォームにおいてもHPは、TruClusterの機能提供を計画しており、将来にわたるしっかりしたロードマップも評価されました。

これからの企業は、俊敏性=アジリティを備えたシステムを、サービスレベルを維持しながら、より少ない総所有コストで実現すること、つまりITが生み出すビジネス価値 = RoIT (Return on IT)を最大化することが求められています。日本HPは、エレコムが激しい変化に迅速に対応できる「アダプティブ・エンタープライズ(適応型企業)」として競争力を強化していくことを支援します。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

 

エレコム株式会社

エレコム コールセンター  TEL : 0120-941-149
URL :   http://www.elecom.co.jp/

日本ヒューレット・パッカード株式会社

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
URL :   http://www.hp.com/jp/

プライバシー ご利用条件・免責事項