原田様 水上様 付様 苗加様
先輩紹介01/セールススペシャリスト

ビジネスパートナーとして認められる存在をめざし、
「期待の、その先へ」に応える提案に取り組んでいます。

これまでのキャリア

2010年 4月 入社。セールススペシャリストとして大手通信キャリアとその関連グループ会社を担当
2014年 10月 部門を越え、One TeamでHPEのフルポートフォリオ戦略を実践し、数十億円のビッグプロジェクトを受注。大手通信キャリアのインフラ領域の80%以上がHPE製品・ソリューションに
2015年 2月 前年度の業績が称えられ、社長賞(チーム賞)を受賞

担当した仕事がCMやメディアを通じて世間の評判に

お客様担当営業として、大手通信キャリアとその関連グループ会社約50社を担当。お客様が新たなビジネスを展開する時、必要になるシステムの提案から受注、開発、納品、保守まで、一連の活動全てに携わっています。
最近、特に意識して取り組んでいるのは、提案前活動ですね。経営トップの発言や経営関連レポートなど、お客様の情報を入手・分析して、今後のビジネス展開を予測。その内容に合わせた提案作成を事前に進めておき、お客様から相談された時に、すぐ提案できるようにしています。時には、相談される前にビジネスの方向性を確認し、その実現に必要なシステムを紹介することもあるんですよ。こうして実現したビジネスやサービスが、よくCMで紹介されたりメディアで話題になります。なので、自分の仕事が分かりやすく、やりがいと責任を感じながら、仕事に取り組んでいます。

HPEだから確立できた、自分らしいビジネスモデル

私が仕事上のモットーにしているのは、「期待の、その先へ」というHPEのビジョンに通じるビジネススタイルです。お客様の期待に応えるだけでは、ただの御用聞き。期待の先に応えてこそ、HPEや私が提案する価値を認めてもらえると思うのです。
そのために私は、とにかくお客様の話を聞くことにしています。すると、期待の先にある本質的な期待や課題に気づくことも少なくありません。しかも、HPEほど幅広い製品やサービス、ソリューションを持つ企業はないので、どんな課題にもHPEならではの提案ができます。提案内容に自分の価値を映し出したい私にとって、「提案できないものは無い」HPEの特長ほど、嬉しいものは無いですね。

システムだけでなく、ビジネス全体で支援する存在に

今、私がお客様の役に立っているのは、システムの部分だけです。これをもっと広げ、ビジネスパートナーとして認められる存在になることが、将来の目標。「水津さんって、ウチの社員だっけ?」って言われるくらい、お客様に深く入り込んだ提案をしていきたいと思っています。
そのために、通信業界の動向にアンテナを張ることはもちろん、お客様から発表されるアニュアルレポートや財務諸表なども細かくチェックし、今後のビジネス展開を予測したシナリオ作りに取り組んでいます。この先、例えば海外展開の方針が見えたら、そのためのスキームを用意し、システムだけでなく、ビジネス全体を支援する。やりたいことをやらせてもらえるHPEだから、必ずこの目標が達成できると信じています。