それぞれの専門性を発揮し、連携することで、お客様に最適なソリューションを提供しています。

HPEのビジネスフロー

納入 構築・開発 要件定義 受注 提案 ニーズ調査 概要

保守・運用

納入を終えたあとは、運用・保守という形でシステムとの関わりが続きます。ソリューション系エンジニアはアプリケーションを、サービス系エンジニアはITプラットフォームを主に担当します。安定稼働で設計通りのパフォーマンスが維持できるよう、システムを管理。不具合が発生しないための取り組みも進めます。万一、障害が発生した時は迅速に原因を突き止め、いち早くシステムを復旧。同じ障害が起こらないよう、障害予防にも取り組みます。
また、こうした内容を社内にフィードバックし、ITプラットフォームの改善提案を行ったり、お客様から事業強化のためのさらなる要望をいただいたときは、アプリケーションの追加開発の提案も行い、お客様満足の向上につなげます。

ビジネスフローと職種の関わり

セールススペシャリスト 目標は、要求に100%見合ったシステムの納入。

サービス系エンジニア、ソリューション系エンジニアと連絡を取り合い、保守・運用の状況を把握します。安定稼働を続け、お客様から「ありがとう」と感謝され、要求に100%見合ったシステムを納入できたと感じた時、最高の気分が味わえます。また、サービス系エンジニアからITプラットフォームの改善点などがフィードバックされたり、ソリューション系エンジニアからアプリケーションの追加開発に関する相談をもらったら内容を随時検討し、新たな提案につなげます。

ソリューション系エンジニア アプリケーション開発担当として、納入後もサポート。

実際に使ってみたお客様から、「思った通りだよ」と言われた瞬間が、最高のよろこびを感じる時です。また、「もっとこうしたい」「こんな機能がほしい」といったアプリケーションに関する改善要望や機能追加などが発生すると、そのニーズに応えるために追加開発を随時検討。アプリケーションはお客様固有の業務に基づき開発されたものであり、お客様の事業に競争優位性を持たらもの。だからこそ、お客様に満足してもらうため、納入後もサポートを続けます。

サービス系エンジニア 24時間365日、絶対に止めない。

HPEが持つ最先端の技術とグローバルリソースを使って常にITプラットフォームの稼働状況を監視し、安定稼働と障害防止に取り組みます。仕事の充実感を味わえるのは、24時間365日止まらないサービスを実現できた時。万が一障害が発生した時は、迅速に原因究明を行い、素早く復旧。こうした活動や事例に基づき、お客様にITプラットフォームに関する改善提案をしたり、セールススペシャリストへフィードバックしたりします。

ニーズ調査 提案 受注 要件定義 構築・開発 納入 保守・運用
詳細 セールス
スペシャリスト
◎ ◎ ◎ ○ ○ ◎ ○
詳細 プリセールス
コンサルタント
◎ ◎
詳細 ITコンサル
タント
○ ○ ◎ ◎ ◎
詳細 ソリューション系
エンジニア
○ ○ ◎ ◎ ◎ ○
詳細 サービス系
エンジニア
○ ○ ◎

◎ は当該職種がメインとしている業務
○ はサポートとして関わる業務