それぞれの専門性を発揮し、連携することで、お客様に最適なソリューションを提供しています。

HPEのビジネスフロー

保守・運用 納入 要件定義 受注 提案 ニーズ調査 概要

構築・開発

設計書に基づき、実際の形に作り上げていくのが、このフェーズです。構築・開発は、いくつものチームに分かれて行うため、そのレベルを合わせるのが大変。そこで、開発手法やプログラムの品質管理を担当するPMO(Project Management Office)が策定した標準化ルールに従い、ITコンサルタントとソリューション系エンジニアが構築・開発を進めていきます。
構築・開発期間中には予期せぬ事態が発生することもありますが、チームやプロジェクト全体で協力して問題を乗り越え、一丸となってゴールをめざします。こうしてシステムが完成したら、単体・結合テスト、機能テスト、運用テストなどの各種テストを実施。設計通りにシステムが稼働することを確認します。

ビジネスフローと職種の関わり

セールススペシャリスト 引き続き、プロジェクト全体の状況を把握。

要件定義フェーズと同様、ITコンサルタントやソリューション系エンジニアと密にコミュニケーションを図り、プロジェクトの進行を見守ります。

ITコンサルタント HPE品質のシステム実現・提供に向けて。

ITプラットフォームは提供するサービス・ソリューションの土台となる部分。その重要性を十分に認識し、責任と期待に応えるため、チームで連携しながら構築を進めていきます。設計書にあるシステム全体の構成をみて必要となるサーバの容量、能力、スピードといったハードウェアの調達から構築を行うとともに、ネットワークやセキュリティシステムなどの設計・構築を行い、要求に応えるプラットフォームの実現に取り組みます。構築が進んでくると、品質チェックも忙しくなってきます。システム設計書の内容に合致していることはもちろん、標準化ルールに適合したHPEブランドに見合う品質が確保されていることを確認します。

ソリューション系エンジニア チームで協力しながら効率よく開発。

システム設計書の内容に基づいて、開発を推進。スケジュールを意識して、各チームが協力し、連携しながら効率よく開発を進めていきます。まずは画面や帳票など、システム使用者の目に触れる部分の開発からスタート。その後、開発するシステム内部を機能単位でいくつかのモジュールに分割し、設計・プログラミングを進めていきます。プログラム品質は標準化ルールに従うとともに、お客様目線で見やすさ、使いやすさにも配慮します。
モジュールが完成すると、まずは単体でのテストを行い、機能を確認。続いて結合テスト、機能テスト、運用テストを行い、設計書で定義された要求通りに動作することを確認します。

ニーズ調査 提案 受注 要件定義 構築・開発 納入 保守・運用
詳細 セールス
スペシャリスト
◎ ◎ ◎ ○ ○ ◎ ○
詳細 プリセールス
コンサルタント
◎ ◎
詳細 ITコンサル
タント
○ ○ ◎ ◎ ◎
詳細 ソリューション系
エンジニア
○ ○ ◎ ◎ ◎ ○
詳細 サービス系
エンジニア
○ ○ ◎

◎ は当該職種がメインとしている業務
○ はサポートとして関わる業務