企業と時代のあるべき姿をみつめ、夢と未来の実現を加速しています。

1939年、米国カリフォルニア州パロアルト。ここにある小さなガレージで、ウィリアム・ヒューレットとデビッド・パッカードという二人の若者が、企業を立ち上げました。それが、ヒューレット・パッカード。ベンチャー企業の先駆けであり、シリコンバレーの発祥となる出来事でした。二人が築いたHP Wayと呼ばれる企業理念・文化は、社員の多様性を尊重し、能力が存分に発揮できる環境を提供するものでした。これにより、ヒューレット・パッカードは、世界のITをリードするテクノロジーカンパニーへ成長しました。 そして2015年、ヒューレット・パッカードは、第二の創業を迎えました。より専門分野にフォーカスした研究開発投資を行うことで新たな技術、イノベーションを生み出し、よりお客様に近づくことで意思決定のスピードを速め、いち早く変化と要望に応えるために。法人事業のヒューレット・パッカード・エンタープライズと、PC・プリンター事業のHP Incに分社したのです。これに伴い、ヒューレット・パッカード・エンタープライズの日本法人として、日本ヒューレット・パッカード(HPE)が誕生。HPEは、最先端のテクノロジー、幅広い事業領域、グローバルな組織体制を活かしたビジネスを展開し、時代に先駆けビジネスモデルを変革させ、ビジネスを加速化させようとするお客様に、最適な製品とソリューションを提供しています。

グローバルの売り上げが527億ドルに達する、幅広い事業領域

HPEが展開する幅広い事業領域の中核となっているのが、「エンタープライズグループ」「エンタープライズサービス」「ソフトウェア」の3つの事業統括本部です。
「エンタープライズグループ」は、グローバルでトップシェアを誇るサーバー、ストレージ、ネットワークといったハードウェアに、ITプラットフォームを構成するソフトウェアを主に担当する事業統括本部です。ビジネスのグローバル化が進むなか、世界120カ国以上に現地法人を構え事業を展開しているHPEは、世界中のどこにいてもお客様に高い品質のソリューションを提供できることで、存在感をますます高めています。
「エンタープライズサービス」は、クラウドサービスやBPO(Business Process Outsourcing)サービスなど。業界をリードするITサービス・ITコンサルティング力と最新テクノロジーの融合で業務の最適化を図り、お客様のビジネスをサポートしている事業統括本部です。
「ソフトウェア」は、ビッグデータ分析やセキュリティソフトなど、IT環境をより効率よく開発・運用するソフトウェア製品群を主に担当する事業統括本部です。システム開発が大規模で複雑さを増すなか、開発・運用の自動化やセキュリティ強化などでITシステムの柔軟性と堅牢化を高めることで、ITシステムを利用するお客様の利便性向上に努めています。 こうした事業により、グローバルの売上高は527億ドル(2015年10月時点)で、営業利益は49億ドル(2015年10月時点)。分社してもなおビッグビジネスを展開し、グローバルのIT業界をリードしています。

グローバルの売り上げが527億ドルに達する、幅広い事業領域

「New Style of Business」をテーマに、4分野へ注力

ITを利用して新たなビジネスモデルへの変革をめざすお客様を支援するため、HPEは「ハイブリッド・インフラへの変革」「デジタル・エンタープライズの保護」「データ指向経営の推進」「ワークプレイスの生産性向上」の4つの領域に注力しています。
その中で最もフォーカスしているのが、「ハイブリッド・インフラへの変革」です。インフラシステムとしてクラウドの利用が高まっていることを見据え、お客様のビジネスやニーズに合わせて、オンプレミスと呼ばれるお客様が自社運用されているシステムやセキュアで運用の柔軟性が高いプライベートクラウドと、利便性とコストパフォーマンスに優れたパブリッククラウドを最適なバランスで組み合わせたハイブリッドクラウドの提供を推進していきます。
また、「デジタル・エンタープライズの保護」として、不正アクセスなど、企業の情報資産に対するリスクが高まっていることに対応したソリューションを展開。「データ指向経営の推進」では、ビッグデータ分析など、ビジネスにつながる知見を生み出す仕組みを提供していきます。さらに、「ワークプレイスの生産性向上」として、いつでも、どこでも、あらゆるデバイスやアプリケーションとの接続性を実現しているモビリティに優れた社内システムを応用し、思い通りの業務をこなして生産性を高める環境を提供していきます。

「New Style of Business」をテーマに、4分野へ注力

グローバル企業の知見を活かして日本企業の海外戦略を支援

IT化の推進とともに、多くの日本企業からHPEへの期待として数多く寄せられているのが、ビジネスのグローバル化に対応した海外進出の支援です。そこでHPEでは、世界120カ国以上で事業を展開する真のグローバルカンパニーとしての知見を活かし、日本のお客様がめざすグローバル展開に関連した新戦略や事業変革も、積極的にサポートしています。

このようにHPEは、世界中でビジネスを創造してきた革新的な製品と技術、ビジネスの変革を支えてきた知識とノウハウを提供することで、お客様がめざす未来の夢を実現し、お客様の未来を加速していきます。

グローバル企業の知見を活かして日本企業の海外戦略を支援