開催概要

近年のIT運用の環境は、今までにないダイナミックなものとなってきています。DevOpsに代表されるアプリケーション開発サイクルのスピードにIT運用は連動する必要がありますし、クラウドやコンテナ利用時のサービス数や負荷のピーク的な増減やIoTを見据えた爆発的なデータ増加への対応も必要です。さらに、デジタル・トランスフォーメーション(DX)によって、ITがビジネスに直結することになり、IT運用はビジネスに対して安定化だけではなく、活用基盤としての役割を担うことになります。
これを支えるIT運用管理(ITOM)ソフトウェアは、今までの延長線上の進化だけでは不十分であり、革新を遂げる必要があります。このため、HPEはITOMソフトウェアのアーキテクチャ自体を刷新し、高速化を実現するためのDockerコンテナ技術を採用、よりスマートな管理を実現するためのアナリティクスとコラボレーション機能の拡張、あるいは、ビジネス層に向けた運用ダッシュボード機能などの革新的なソリューションを提供しています。
当セミナーでは、これらの先進的なIT運用管理の導入に成功した、海外のユーザー様を招聘し、その事例をご紹介いただきます。段階的な管理レベルの向上や導入効果を具体的に共有いただくことで、特にIT運用管理をコスト削減だけでなく、ビジネスへの活用を期待するお客様へのヒントになれば幸いです。

開催日: 2017年7月27日(木)
開催時間: 14:00〜18:30(受付開始:13:30)
懇親会:17:30〜18:30
会場: ベルサール八重洲 
主催: HPEソフトウェア
受講対象者: 情報システム部門の意思決定者の皆さま
定員: 60名

プログラム

時間 内容
14:00〜14:05 ご挨拶
14:05〜14:55
製品開発担当者が語る: HPE ITOM Operations Bridgeの新しい価値  
ITOM(運用管理)のなかでも、監視を担う領域をOperations Bridgeと呼んでいます。Bridgeという言葉には、あらゆるデータソースや管理ツールをBridgeする、パブリック・クラウドとプライベート・クラウドをBridgeする、ITとビジネスや経営層をBridgeする、などの意図が込められています。 先般発表した、商用の運用管理パッケージ・ソフトウェアとしては業界でも先陣を切るネイティブDockerコンテナ化、ビッグデータを活用した根本原因の分析機能、従来からの運用時の協調作業やコミュニケーションのあり方を変えるChatOpsなどの最先端の機能とその効果・価値をご紹介します。

Harald Burose, Product Manager, Hewlett Packard Enterprise Software

14:55〜15:45
<海外ユーザー事例> IT運用をビジネス価値に変えるBusiness Value Dashboard  
Die Mobiliar社は、1826年創立のスイスの大手個人向け保険相互会社です。家財や生命保険についてはスイスではトップ企業であり、4,600名以上の従業員と160を超える拠点を展開しています。

当社のビジネスプロセスを支えるあらゆるITインフラ、アプリケーション、データソースを一箇所から監視する取り組みをご紹介します。モニタリング・リファレンス・アーキテクチャを作成し、可視化を図るために運用ダッシュボードを導入したことで、MTTR(平均復旧時間)の短縮、主要インシデントの削減の効果を得られました。さらに、Business Value Dashboardにより、ITとビジネスKPIの統合ビューにより、ITと事業部門間との連携強化をもたらしました。

Daniel Boschbach, System-Spezialist, Die Mobiliar社 様

15:45〜15:55 休憩
15:55〜16:45
<海外ユーザー事例> スマート・オペレーション戦略とロボティックス・プロセス・オートメーション  
Schlumberger社は、世界中の石油・ガス業界関連の企業に対して、各種の技術、統合化されたプロジェクト管理、情報ソリューションを提供するリーディング・サプライヤです。約10万名の従業員によって、85ヶ国以上に展開しており、資源探索から生産に至る業界で最も包括的な製品とサービスを提供しています。

限られたコストとリソースによるIT運用の効率を最大化するために、当社では、7段階から成る自動化成熟度レベルを既定し、ITプロセスの自動運用のレベルを段階的に上げています。マシーン・ラーニングや自立運用に至るまでの段階では、ワークフローの自動化が必要であり、RPA(ロボティックス・プロセス・オートメーション)のコンセプトを導入し、自動化可能な範囲の拡大を進めています。

Sergio Ricardo Banguero Torres, Enterprise Management Tools Manager, Schlumberger社 様

16:45〜17:30 日本人エバンジェリストが語る: 国内におけるユースケースと本日のサマリ
日本市場とIT運用管理に精通したエバンジェリストが、日本国内におけるユースケースをご紹介しながら、本日のセッションのポイントを整理していきます。

ヒューレット・パッカード エンタープライズ プリセールス本部 本部長(兼)ソフトウェア・エバンジェリスト 梅根 庸一

17:30〜18:30 懇親会
隣接する会場でお飲み物と軽食を用意したご意見交換会を行います。くつろいだ雰囲気の中でセッションに関する意見・情報交換、またご参加いただきますお客様同士の交流を深める機会にしていただければ幸いです。

 : 同時通訳あり
※プログラム、タイトルは、予告なく変更される場合があります。
※ブラウザに古い情報が残っている場合がありますので、最新のセミナー情報は、ブラウザの「更新」ボタンをクリックしてご覧いただくことをおすすめします。

 

お申し込み方法

下記の「お申し込みはこちら」をクリックし、セミナー申込フォーム からお申し込みください。

ただ今、お申し込みのメールフォームに不具合が発生しています。
お手数をおかけしますが、時間をあけて再度お試しください。
なお、お急ぎのお申し込みの場合には、下記「お問い合わせ先」までご連絡ください。

お客様に入力いただく情報は、128bit版SSL(暗号化技術)により保護されます。
上記のWEBお申し込みフォームにアクセスできない場合は、以下のFAX用お申し込み書(PDF)をダウンロードの上、
FAXでお申し込み下さい。PDFを印刷し必要事項をご記入の上、お申し込み書に記載のFAX番号宛てにお送り下さい。

お申し込みに関する個人情報の取り扱いについて

お申し込み時にいただきました情報については、本セミナーの連絡に使用させていただきます。
また、日本ヒューレット・パッカード株式会社からのご案内(イベント・セミナー、キャンペーン、製品・サービス情報の紹介)と顧客満足度調査にも使用させていただきます。(但し、情報提供を必ずしもお約束するものではありません。)
日本ヒューレット・パッカード株式会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、日本ヒューレット・パッカード株式会社個人情報保護に関する方針に従いお取り扱いいたします。

 

お問い合わせ:日本ヒューレット・パッカード株式会社 セミナー事務局

お問い合わせはこちら

※本お問い合わせフォームへの特定電子メール(広告や迷惑メール等)の送信は御断り致します。

ただ今、お問い合わせのメールフォームに不具合が発生しています。
お手数をおかけしますが、こちらの(call.hp@hp.com)Eメールアドレスにご連絡ください。

※本アドレスへの特定電子メール(広告や迷惑メール等)の送信は御断り致します。

お問い合わせに関する個人情報の取り扱いについて

ご送信頂きました個人情報は、今回ご送信頂いたご質問に対する回答のご返信の為のみに利用します。
日本ヒューレット・パッカード株式会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、日本ヒューレット・パッカード株式会社個人情報保護に関する方針に従いお取り扱いいたします。