開催概要

IoTや、Fintechなどが企業のビジネスにとって無視できないものになりつつあります。ビジネスの将来像を予測すると、ITがカギになることは間違いありません。テクノロジーそのものが事業を変革すると言えます。

このような時代の中、お客様の真の課題は何か、クラウドかオンプレミスどちらを選ぶべきか、その最適な組み合わせは何か、を考えてみませんか?これまでのお客様との対話や経験から、エバンジェリストが最新のIT動向、事例を交え、現実解を解説します。

今話題のコンポーザブル・インフラストラクチャ製品「HPE Synergy」、ハイパーコンバージドインフラ「HPE SimpliVity」がお客様に与えるメリットとは?正しいテクノロジーの選び方は?今知っておくべきITの新常識をご紹介します。今後のIT活用のヒントをご提供できれば幸いです。

開催日: 2017年7月18日(火)
開催時間: 10:00〜11:30(受付開始:9:30)
会場: 日本ヒューレット・パッカード株式会社 大島本社 [ 地図 ]
主催: 日本ヒューレット・パッカード株式会社
協賛: インテル株式会社
定員: 40名(定員となり次第、受付を終了させていただきます)
受講対象者: ITマネージャー、IT戦略に関わる方、データセンター企画運用に関わる方
最新テクノロジーに興味のあるIT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者

プログラム

時間 内容
10:00〜10:15 15分でわかる!ITのトレンドと新常識
ITの世界、テクノロジーが進化するスピードは日に日に速くなっています。今知っておくべきITのトレンドと新常識を15分で凝縮!テクノロジーエバンジェリストが解説します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社 DCHC製品本部
ミッションクリティカルサーバー テクノロジー エバンジェリスト
山中 伸吾

10:15〜10:45 HPE SimpliVity 仮想化、ハイパーコンバージドの正しい選び方
今急速に需要が拡がっているハイパーコンバージド。仮想化、ハイパーコンバージドの正しい選び方は?
HPEはSimpliVityを統合し、更に進化したソリューションを提供します。HPE SimpliVity、ハイパーコンバージドでどんなメリットがあるのか?具体的な活用例を踏まえて解説します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
仮想化・統合基盤テクノロジー エバンジェリスト
小川 大地

10:45〜11:15 HPE Synergy 「プライベートクラウドを選ぶなら何が良い?」
クラウドファーストと言われる時代に、プライベートクラウド、オンプレミスに回帰する企業が増えています。
仮想環境だけでなく、ベアメタルや、Dockerのようなコンテナなど、あらゆるリソースを迅速に調達して構成できる「HPE Synergy」が1つの解となると、HPEは考えています。実機を交えてそのコンセプト、メリットを解説します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社 DCHC製品本部
ミッションクリティカルサーバー テクノロジー エバンジェリスト
山中 伸吾

11:15〜11:30 まとめ、質疑応答

※プログラム、タイトルは、予告なく変更される場合があります。
※ブラウザに古い情報が残っている場合がありますので、最新のセミナー情報は、ブラウザの「更新」ボタンをクリックしてご覧いただくことをおすすめします。

 

講演者プロフィール

山中 伸吾 日本ヒューレット・パッカード株式会社 DCHC製品本部 ミッションクリティカルサーバー テクノロジー エバンジェリスト
山中 伸吾

2001年、コンパックコンピュータ株式会社(現日本ヒューレット・パッカード)入社。金融プリセールスエンジニアを務めた後、2003年よりHP BladeSystemの日本でのプロダクトマネージャーに就任。寸劇等を活用したわかりやすい製品紹介を通じて、ブレードサーバー国内シェアNo.1を達成。2008年より、フラッグシップサーバーであるHP Superdomeのプロダクトマネージャーに就任。ミッションクリティカルシステムの改革を提唱し、年率200%超の売上を達成。2012年より日本を含めたアジア地区全体のプロダクトマネージャーに就任。日本国外のお客様との交流を通して、日本のお客様のミッションクリティカルシステムの方向性を提言する活動を実施中。

小川 大地 日本ヒューレット・パッカード株式会社 仮想化・統合基盤テクノロジー エバンジェリスト
小川 大地

SAN ストレージの製品開発部門にてBCP/DRやデータベースバックアップに関するエンジニアリングを経験後、2006年より日本ヒューレット・パッカードに入社。x86サーバー製品のプリセールス部門に所属し、WindowsやVMwareといったOS、仮想化レイヤーのソリューションアーキテクトを担当。現在は、ハードウェアとソフトウェアの両方の知見を活かし、お客様の仮想化基盤やインフラ統合の導入プロジェクトを、システムデザインの視点から支援。Microsoft MVPを5年連続、VMware vExpertを3年連続で個人受賞。

 

お申し込み方法

下記の「お申し込みはこちら」をクリックし、セミナー申込フォーム からお申し込みください。

 

ただ今、お申し込みのメールフォームに不具合が発生しています。
お手数をおかけしますが、時間をあけて再度お試しください。
なお、お急ぎのお申し込みの場合には、下記「お問い合わせ先」までご連絡ください。

お客様に入力いただく情報は、128bit版SSL(暗号化技術)により保護されます。
上記のWEBお申し込みフォームにアクセスできない場合は、以下のFAX用お申し込み書(PDF)をダウンロードの上、
FAXでお申し込み下さい。PDFを印刷し必要事項をご記入の上、お申し込み書に記載のFAX番号宛てにお送り下さい。

お申し込みに関する個人情報の取り扱いについて

お申し込み時にいただきました情報については、本セミナーの連絡に使用させていただきます。
また、日本ヒューレット・パッカード株式会社からのご案内(イベント・セミナー、キャンペーン、製品・サービス情報の紹介)と顧客満足度調査にも使用させていただきます。(但し、情報提供を必ずしもお約束するものではありません。)
日本ヒューレット・パッカード株式会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、日本ヒューレット・パッカード株式会社個人情報保護に関する方針に従いお取り扱いいたします。

 

お問い合わせ:日本ヒューレット・パッカード株式会社 セミナー事務局

お問い合わせはこちら

※本お問い合わせフォームへの特定電子メール(広告や迷惑メール等)の送信は御断り致します。

ただ今、お問い合わせのメールフォームに不具合が発生しています。
お手数をおかけしますが、こちらの(call.hp@hp.com)Eメールアドレスにご連絡ください。

※本アドレスへの特定電子メール(広告や迷惑メール等)の送信は御断り致します。

お問い合わせに関する個人情報の取り扱いについて

ご送信頂きました個人情報は、今回ご送信頂いたご質問に対する回答のご返信の為のみに利用します。
日本ヒューレット・パッカード株式会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、日本ヒューレット・パッカード株式会社個人情報保護に関する方針に従いお取り扱いいたします。

インテルR XeonR プロセッサー搭載 HPE Simplivity 380 with Omnistack & HPE Synergy
インテル® Xeon® プロセッサー搭載

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。