開催概要

来る10月5日(水)に東京御茶ノ水にてHPE Advanced Analyticsワールドツアー東京を開催いたします。
当イベントでは、Facebook、Uber、Virgin Racing でも採用された次世代型データ分析基盤の新バージョンHPE Vertica 8 に関して、国内で始めてご紹介します。Verticaが提供するマシンラーニング、Amazon Web Service に加え今回新たにサポートされたMicrosoft Azureを含むマルチクラウド対応、Hadoop、SparkそしてKafkaを含むオープンソース対応の拡張について、米国HPE本社のトップエンジニアより、充実したセッションをお届けします。
さらに、開発者向けに多彩な機械学習APIをクラウドベースで提供するHaven OnDemand Combinations詳細をデモンストレーションを交えてご覧いただけます。
国内および海外事例ご講演では様々な業種のお客様より、データ活用課題への対応策などについて、貴重な経験値に基づいた自社事例をご紹介いただきます。
お忙しいと存じますが、ぜひ当イベントへご参加のうえ、HPEテクノロジーがもたらすビッグデータ分析における革新を体感してください。

  • ビッグデータインサイト:Verticaが提供する最新アーキテクチャ、スピードそしてスケール
  • Hadoop、Kafka、Sparkが加速するビッグデータ分析
  • ソフトウェア開発者向け機械学習活用ソリューション:Haven OnDemand APIとは
  • 活動するデータ (Data in Motion):IoTと 次世代エンベデッドアナリティクス
  • コンテキスト分析とヒューマンデータへの対応: HPE IDOLについて
  • データ指向経営を支援する具体的事例のご紹介
開催日: 2016年10月5日(水)
開催時間: 13:00〜17:40(受付開始:12:30)
会場: ソラシティカンファレンスセンター 御茶ノ水ソラシティ 2階 
主催: 日本ヒューレット・パッカード株式会社
受講対象者: データ分析やマーケティングに関わるIT部門意思決定者、チーフエンジニア、データアナリスト
定員: 100名

< 一部プログラム変更のお知らせ >
17:10〜17:40 にて予定しておりました「海外最新事例講演」につきまして開催時間が変更となり、基調講演内14:50〜15:20での開催となります。
参加ご希望の場合は申し込みフォームにて基調講演をご選択ください。
既にお申し込みいただいた方につきましては別途、ご案内いたします。

プログラム

基調講演
13:00〜14:10 ビッグデータ分析最新動向とビジョン
HPE ビッグデータ製品担当最高責任者が、グローバルトレンドとビッグデータがどのようにビジネスの局面に変革をもたらしつつあるかについての考察を語ります。
また、本社にて発表されたばかりの最新バージョン Vertica 8 について、新たに拡張されたデータベース内機械学習、複数のクラウドサービス対応、オープンソースと連携したインプレイス解析など、データ分析に役立つ最新情報をご紹介します。
さらに、新たなクラウドベースのサービス、Haven OnDemand 最新情報をご提供します。Haven OnDemand Combinations により、開発者は機械学習による認知解析サービスの構築が容易になり、次世代型アプリケーションの開発が可能となります。
ビッグデータソリューション事業本部 マーケティング担当 バイスプレジデント Jeff Veis HPE Vertica製品責任者 Eamon O'Neill Haven OnDemand製品責任者 Alon Mei Raz
米国Hewlett Packard Enterprise
ビッグデータソリューション事業本部
マーケティング担当 バイスプレジデント
Jeff Veis
米国Hewlett Packard Enterprise
HPE Vertica製品責任者
Eamon O´Neill
米国Hewlett Packard Enterprise
Haven OnDemand製品責任者
Alon Mei Raz
14:10〜14:20 休憩
14:20〜14:50 データ分析と見える化の推進で効率経営へ
最近のトレンドとしてビッグデータによるデータ分析への期待が高まっています。社内の業務の効率化と精度を高めるPDCAを推進していくためには、トップダウンによるITの推進および支援、ボトムアップによる業務改善のアプローチが組み合わさる事で目標に対して会社としての一体感が出ます。当セッションではカブドットコム証券社の事例について説明します。

カブドットコム証券株式会社
常務執行役
阿部 吉伸 氏

14:50〜15:20 海外事例講演:HPE Verticaが実現するインサイトと分析によるビジネス変革

Guess?, Inc.
ビジネスインテリジェンス&モバイル事業部門長
Bruce Yen 氏

15:20〜15:30 休憩
分科会A #HighPerformanceAnalytics 分科会B #MachineLearningApplied
15:30〜16:10 A-1:あらゆる場所での導入と分析が可能な Vertica 構造上の利点
HPE Vertica 解析基盤が提供する超高速の処理能力は、1秒以下の応答時間を求める数千の組織において幅広く活用されています。
そのようなお客様を、いかに Vertica が支えているのか、真のカラム指向型、データベース内技術などを含めた内部構造や、最新バージョン Vertica 8 詳細についてご紹介します。

HPE Vertica製品責任者 Eamon O´Neill

B-1:HPE Haven OnDemand - 企業へのマシンラーニング技術の適用
HPE Haven OnDemand では70 以上の API により、マシンラーニング、信号処理、統計技術を活用したデータリッチ アプリケーションを構築できます。企業内のさまざまな問題を解決するため、そのスピードと容易さを生かし、Haven OnDemand API を既存のワークフローに統合したり、さらに この Haven OnDemand API を利用した開発済みアプリケーション(プリビルトアプリケーション) を利用できます。

Haven OnDemand製品責任者 Alon Mei Raz

16:10〜16:20 休憩
16:20〜17:00 A-2:Hadoop, Kafka, Spark を活用したビッグデータ解析
Hadoop に投資をしたものの、期待するクエリ性能が出ずにお困りのお客様、Kafka や Spark などの新しい技術を採用し、新たな解析のユースケースへの投資を検討中のお客様など、企業の課題を解決するため、いかに Vertica がご支援できるかをご紹介いたします。
SQL on Hadoop を活用した高速データ分析から、Spark, Kafka, Vertica それぞれの利点を生かした、ストリーム型、相互型、バッチ型の処理まで幅広く網羅します。

米国Hewlett Packard Enterprise
HPE Vertica製品責任者 Eamon O´Neill

B-2:ヒューマンデータのための応用マシンラーニング: HPE IDOL
HPE IDOL によって、さまざまな情報源から集められたテキストやリッチメディア (映像、画像、音声)に隠れた事実を監視、抽出できます。
市民の安全 (パブリックセーフティー) に関して、IDOL による 基礎技術、主要機能、およびお客様の革新的取り組みについてご紹介します。

Hewlett Packard Enterprise
ビッグデータサービス部門アジアパシフィックおよび日本担当責任者
Andrew Park

17:00〜17:10 休憩
17:10〜17:40 全行動履歴のリアルタイム分析で実現したヒト軸マーケティング
ロックオン社が2004年から提供しているAD EBiSは、WEB上のあらゆる行動を計測してきました。
近年、市場の成熟とともに個別の広告評価だけでなく、顧客(ヒト)を育てる観点での分析が求められています。
『AD EBiS全行動履歴』と『列指向DB Vertica』で実現したヒト軸マーケティングについて紹介します。

株式会社ロックオン
マーケティングPF開発本部
開発部
佐々木 秀幸 氏

※プログラム、タイトルは、予告なく変更される場合があります。
※ブラウザに古い情報が残っている場合がありますので、最新のセミナー情報は、ブラウザの「更新」ボタンをクリックしてご覧いただくことをおすすめします。

 

お申し込み方法

※今回の受付は終了いたしました。

お申し込みに関する個人情報の取り扱いについて

お申し込み時にいただきました情報については、本セミナーの連絡に使用させていただきます。
また、日本ヒューレット・パッカード株式会社からのご案内(イベント・セミナー、キャンペーン、製品・サービス情報の紹介)と顧客満足度調査にも使用させていただきます。(但し、情報提供を必ずしもお約束するものではありません。)
日本ヒューレット・パッカード株式会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、日本ヒューレット・パッカード株式会社個人情報保護に関する方針に従いお取り扱いいたします。

 

お問い合わせ:日本ヒューレット・パッカード株式会社 セミナー事務局

お問い合わせはこちら

※本お問い合わせフォームへの特定電子メール(広告や迷惑メール等)の送信は御断り致します。

ただ今、お問い合わせのメールフォームに不具合が発生しています。
お手数をおかけしますが、こちらの(call.hp@hp.com)Eメールアドレスにご連絡ください。

※本アドレスへの特定電子メール(広告や迷惑メール等)の送信は御断り致します。

お問い合わせに関する個人情報の取り扱いについて

ご送信頂きました個人情報は、今回ご送信頂いたご質問に対する回答のご返信の為のみに利用します。
日本ヒューレット・パッカード株式会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、日本ヒューレット・パッカード株式会社個人情報保護に関する方針に従いお取り扱いいたします。