Jump to content
日本-日本語

日本HP セミナー情報

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
 ソリューション 

HP Software Universe Tokyo 2010

〜コスト削減とIT投資価値の最大化〜
Content starts here
※本イベントは終了しております。

開催概要

企業活動がグローバル化し海外での競争は激化する一方、国内では経済低成長時代が続いておりますが、このような中にあっても企業が成長し競争優位に立つためには、ビジネスを支えるITの強化は大変重要な課題です。 そのため既存のIT環境を見直し、ITライフサイクルにおける開発・運用を可視化、標準化/自動化し、大幅なコスト削減とリスク低減を実現させ、戦略的ITイニシアチブへと投資を振り向けることなどが必要となります。

本イベントでは、「Maximize investment value」をテーマにHP Softwareがご提供するソリューションを活用しながら、このようなIT 課題に取り組まれたお客様の事例、およびHPのアプローチをご紹介することにより、課題解決のためのヒントをご提供します。

ご多忙の折とは存じますが、是非ご来場を賜りますようお願い申し上げます。
開催日 : 2010年 9月 16日(木)
開催時間 : 10:00〜17:30(受付開始:9:30)
※展示ブース11:45〜18:00 日本HP並びにパートナー各社による最新ソリューションをご紹介します。
会場 : グランドハイアット東京 3Fグランドボールルーム
主催 : 日本ヒューレット・パッカード株式会社
協賛 : 株式会社アシスト、株式会社アズジェント、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、住商情報システム株式会社、ダイキン工業株式会社、株式会社日立製作所、三井情報株式会社、横河レンタ・リース株式会社(50音順)
定員 : 400名
参加費 : 無料 (事前登録制 : 定員となり次第、受付を終了させていただきます)
お問い合わせ : HPセミナー事務局
Eメール:call.hp@hp.com
※本アドレスへの特定電子メール(広告や迷惑メール等)の送信はお断り致します。
  お申込方法»  
  講師経歴紹介»  

アジェンダ

キーノートセッション

10:00〜10:10 開演のご挨拶

日本ヒューレット・パッカード株式会社
代表取締役 社長執行役員
小出 伸一
10:10〜10:40
【基調講演1】
IT によって真のビジネス成果を得るために
〜 Delivering Business Outcomes that Matter 〜


同時通訳
加速度的に変化し、予見不可能となりつつある今日のビジネス環境において、IT投資効果を最大化し、持続的かつ中長期的なビジネス成果に結びつけるために、HPソフトウェアがどのように貢献できるかをご説明します。

10:40〜11:10 【基調講演2】
クラウド時代のIT マネジメント 〜先進事例を交えて〜


クラウド環境の実現に向けてますます複雑化/大規模化するIT 環境において、IT マネジメントのあるべき姿とはどのようなものか、HP 自身の社内クラウド構築事例や海外先進事例を交えながらご紹介します。

11:10〜12:00
【基調講演3】
海外お客様事例
United Airlines IT Transformation Journey


同時通訳
ユナイテッド航空:IT変革の道のり

ユナイテッド航空はHP BTOソリューションを導入することで、ITを変革し、非常に大きな便益を得ています。 当基調講演では、ユナイテッド航空におきまして、市場投入時間短縮の促進/コスト削減/リスク低減等を達成するためにHP BTOソリューションを使用した事例をご紹介いたします。

12:00〜13:30 昼食休憩

ブレイクアウトセッション

 

IT マネジメント事例

IT マネジメントソリューション

情報管理ソリューション/事例

13:30〜14:15
【A-1】 残席わずか!
個別最適から全体最適へ、SM7を利用したITサービスマネジメントの改善

2005年発生のシステム障害等を契機に、ITサービスマネジメントの抜本的な見直しを行ってきました。本講演ではSM7の導入を中心にこれまでの取り組みについてご紹介します。

株式会社東京証券取引所
IT サービス部 マネージャー
天野 智夫氏
【B-1】 同時通訳
Optimizing resources to deliver the highest value to the business : ビジネスに最高の結果をもたらすIT リソースの最適化

HP のIT Financial Management (ITFM) ソリューションは、企業の投資とリソースをプランし、優先順位付けし、トラックするためのツールをご提供します。ITFMによって得られる効果をご紹介します。

Hewlett-Packard Company
Senior Manager, Product Marketing
HP Software and Solutions
Bruce Randall(同時通訳)
【C-1】 残席わずか!
ビジネスインテリジェンスによる競争優位の実現に向けて
〜HP Neoview による統合データウェアハウスの構築〜


HP Neoview を活用した統合データウェアハウスの構築により実現された、パフォーマンス改善、検索柔軟性実現、運用負荷の大幅な削減など、具体的なメリットについてご紹介します。

国分株式会社
情報システム部
営業・情報システムチーム
チームリーダー 安村俊祐 氏
14:30〜15:15
【A-2】 残席わずか!
日本ユニシスのiDC 基盤(MiF®)における自動化の実践

重要なIT戦略の一つであるクラウドサービス。企業向けクラウドサービスとしてIaaS、PaaS、SaaSの提供を開始し、実績をあげている日本ユニシスのiDC 基盤(MiF®)における運用自動化事例についてご紹介します。

日本ユニシス株式会社
ICT サービス本部 副本部長
庭山 宣幸 氏
【B-2】 同時通訳
Delivering Modern Applications: Success Through a New Approach to the Application Lifecycle
最新アプリケーションの開発を成功に導く、アプリケーションライフサイクルへの新たなアプローチ


アプリケーションの刷新時期を迎えて、企業のアプリケーション再構築に伴う品質リスクとコストを軽減するHP のALMソリューションをご紹介します。

Hewlett-Packard Company
Senior Director, BTO Applications
Mark Sarbiewski(同時通訳)
【C-2】 残席わずか!
IT 部門も知っておくべき、米国訴訟における電子証拠開示の実務
〜訴訟関連データの収集から提出まで〜


日本企業がグローバル訴訟に効率よく対応するためには、E ディスカバリー対応プロセス、電子文書管理が不可欠です。IT 部門が果たす役割について解説します。

株式会社Ji2
技術本部 プロジェクトマネージャー
吉田 卓 氏
15:45〜16:30
【A-3】 残席わずか!
富士通のシステム品質の砦を守るために −性能品質向上プロセスの標準化とグループ全体への展開−

国内最大SIerにとっての課題の1つが性能問題。大小数多くのプロジェクトにベストプラクティスを徹底し成果をあげてきました。 その取り組みの実例を交えながら、「性能はライフサイクル(アプリ・インフラ両面)で語る」「性能検証はモデル次第」などについてご紹介します。

富士通株式会社 システム生産技術本部
インテグレーション技術統括部
性能技術部 部長
植中 淳一 氏
【B-3】 残席わずか!
劇的なシステム運用コスト改善を実現する、プライベート・クラウド基盤「HP BladeSystem Matrix + BTO Software」

本格的なプライベート・クラウド基盤の自動化運用を実現する「HP BladeSystem Matrix + BTO Software」をご紹介します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
インフラストラクチャソフトウェア・ブレード事業本部
担当マネージャー
伊藤 光裕
【C-3】
アプリケーションデータ移行とアーカイブのベストソリューション
〜 HP Database Archiving software 〜


アプリケーション近代化においてアプリケーションデータの移行と過去データのアーカイブは、工数、コスト面で重要な課題となります。これらを解決するソリューションをご紹介します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
HP ソフトウェア・ソリューションズ統括本部
テクニカル・マネージャー
佐々木 哲
16:45〜17:30
【A-4】 残席わずか!
IT 管理ソフトウェアの所有からSaaSモデルの活用へ
〜その選択ポイントと効果〜


SaaS 利用に適した運用管理モデルやシステム要件、自社運用と比較したTCO や期待される効果について、導入事例とともにご紹介します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
HP ソフトウェア・ソリューションズ統括本部
HP SaaS ビジネス開発部 部長
河口 雄一郎
【B-4】 同時通訳
Delivering Business Outcomes with HP Cloud Service Automation
〜HP Cloud Service Automationによるサービス自動化


サービスカタログをポータルから提供し、クラウドサービス実現に重要となる一連のプロセス自動化機能を提供するHP Cloud Service Automationについてご説明します。

Hewlett-Packard Company
Cloud Computing- BTO Software
Executive Program Manager
Mark Shoemaker(同時通訳)
【C-4】 残席わずか!
最強のアプリケーション品質管理体制構築に向けて
〜Testing as a Service(TaaS)とその効果〜


アプリケーション品質におけるリスクとコストを低減する為のベストプラクティスと、最強ソリューションであるTaaSおよびその活用事例をご紹介します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
HP ソフトウェア・ソリューションズ統括本部
プロフェッショナル・サービス事業本部 本部長
村瀬 将思
※当日のアジェンダは事情により変更される場合がございます。予めご了承下さい。
このページのトップへ

お申し込み

 アジェンダを確認する

WEBからの申し込みは締め切りとなりました、お申し込みをご希望の方は 『HP Software Universe Tokyo 2010』会場の ”当日申込” 受付に直接 ご来場下さい。
お客様に入力いただく情報は、128bit版SSL(暗号化技術)により保護されます。
申込フォームが開かない場合は、以下、申込書PDFをダウンロードの上、FAXでお申込下さい。
印刷後、必要事項をご記入の上、FAX 03-5214-0758までお送り下さい。
申込書PDFはこちら
このページのトップへ
 

個人情報の取り扱いについて

お申込時にいただきました内容については、本セミナーの連絡に使わせていただきます。
なお、住所と電話番号は、HPからのご案内(イベント・セミナー、キャンペーン、製品・サービス情報の紹介)と顧客満足度調査にも利用いたします。(但し、この利用につきましては、これらの利用(情報提供)を必ずしもお約束するものではありません。)
HP及び共催会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、各社の個人情報保護に関する方針に従いお取り扱いいたします。

日本HPの個人情報保護について
  http://www.hp.com/jp/pip
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
このページのトップへ