ビッグデータがすべてを変える - データの価値を100%活用し、競争力を手に入れよう!

スポットライトセッション、3番目に登場したルイス・カーは、ビッグデータに対するHPの取り組みを紹介。「ビッグデータを100%活用できるようにすることが、『New Style of Business』の実現には不可欠で、多くの企業が今までにないビジネスチャンスや利益を手にすることになるでしょう」と語り始めた。しかし、そのためには乗り越えなければならないハードルがあるとして、いくつかの課題を提示した。

ヒューレット・パッカード・カンパニー
HPソフトウェアマーケットリサーチ&デベロップメント
シニアディレクター
ルイス・カー

HP World Tour 2015レポート関連リンク

重要なのはサービスデリバリのスピード

「まず、データアクセシビリティの課題があります。多くの企業では、未だに不完全なデータセットにしかアクセスできていないのが現状。その原因はIT基盤にあります。20年〜30年前のアーキテクチャの延長線上にあるリレーショナルデータベースや専用技術に基づいたアプライアンスでは、ビッグデータの分析や管理は難しいのです」
もう一つは、企業文化の課題である。とくに、IT部門とビジネス部門の意識の違いが問題だという。IT部門にとっては、アウトプットを出すまでの効率性やコストが最大の関心事で、肝心のアウトプットには気が回らないことが多い。ビッグデータを扱う際でも、昔ながらの固定化した内容のレポートを定期的に提供するシステムを構築してしまいがちだという。
「変化するビジネス状況の中で常に次の一手を模索するビジネス部門にとっては、固定化したレポートでは意味がありません。彼らが望んでいるのは、いつでもどこでも自由な分析が実行でき、その答が即座に導き出せる仕組みです。重要なのはサービスデリバリのスピードなのです」
一方、ビッグデータは増え続けている。東京オリンピックが開催される2020年には、全世界76億人のヒューマンデータや、1000億台のインターネット接続デバイスからのマシンデータ、1兆本のアプリケーションからのビジネスデータが、活用の対象になる。
ルイス・カーは、「HPは、これらのビッグデータをビジネスの競争力に活かす皆様の挑戦を全面的に支えていく」と話し、具体的な取り組みとして「HP Havenビッグデータプラットフォーム」を紹介した。
「『HP Haven』は、6月のHP Discover 2015ラスベガスでも発表されたビッグデータプラットフォームです。これは、今まで個別に提供してきた『HP Autonomy』や『HP Vertica Analytics Platform』などのソフトウェア製品を統合したものです。HP Havenによって、企業内のサイロ化したシステムに分散していたビジネスデータやナレッジワーカーの知識、ノウハウを統合し、100%活用することができます」
「HP Haven」は、ヒューマンデータ、マシンデータからビジネスデータまで、構造化データと非構造化データを問わずすべてのデータをカバーし、オンプレミスでもプライベートクラウドでもシームレスに展開できる。Hadoopなどとの親和性も高く、企業独自のシステム環境への組込みも容易なため、「企業全体でのビッグデータ活用に最適なプラットフォーム」と説明した。



ビジネスの競争力につながる洞察を得る

HP Havenの導入効果をご紹介しましょう。まず、ハイパフォーマンスな処理を実現します。HP Havenの環境では、Hadoopのパフォーマンスの向上と物理サーバーの削減を同時に実現します。投資対効果を高めながら、より幅広い領域でのデータ解析が可能になります」
ビジネス部門にとってはクエリー処理の高速化が何より重要だ。何週間、何日もかかっていたクエリー処理が数秒以下に短縮されることもあるという。ビッグデータを活用する上では情報のマネジメントとガバナンスも欠かせないが、HP Havenは、どういう情報を入れるか、どのように管理し、破棄するかをポリシーに基づいて実行するしくみも提供するという。
「クラウドも、SOAもそうでしたが、ビッグデータの活用も、長い旅のようなものです。一朝一夕に完成するものではありません。多様なデータをどのように活用するか、見極めることが重要です。新たなビジネス創出につながるビッグデータは何なのか、その分析をビジネスプロセスにどのように組み込めばいいのか。昔ながらの情報分析しか経験していないIT部門にとってはどれも荷が重いことかもしれませんが、HPはそうしたIT部門の変革に対するご支援も行います。HPには高いスキルを持った何百人ものデータサイエンティストがいます。彼らが、皆様方のデータを分析した上で、どのデータセットが皆様方のビジネスにとって重要なのか一緒に考えます」
そのデータセットから価値を生み出すしくみの構築、長期的なデータの管理も、HPサポートが行なう。ビッグデータ活用のすべてをトータルにサポートするという。
「情報が価値を生むのは、その情報が知識にまで高められ、アクション可能な洞察が可能になった時です。HPは、ビッグデータからビジネスの競争力につながる洞察を得るためのお手伝いをします。皆様方がビッグデータをどう活用するか、お悩みでしたら、まずはHPにご相談ください」

HP World Tour 2015レポート関連リンク

スポットライトセッション:

ブレイクアウトセッション: