Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

ソリューション  >  大企業向け

ヨドバシカメラのダイナミックなビジネスの成長を支えるためにHP StorageWorks XP12000ディスクアレイを駆使した日本最大級のディザスタリカバリシステム

株式会社ヨドバシカメラ

導入事例

株式会社ヨドバシカメラ
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
コンテンツに進む

ヨドバシカメラのダイナミックなビジネスの成長を支えるためにHP StorageWorks XP12000 ディスクアレイを駆使した日本最大級のディザスタリカバリシステム

新規出店などによりビジネスがますます拡大するヨドバシカメラでは、お客様に対してスムーズで快適な買い物をサポートするための情報活用を推し進めている。同社では、HP のディザスタリカバリによる日本最大級のSAP R/3システムを運用しているが、トランザクションやデータ量はビジネスの成長と比例して予想を超えたスピードで増大し続けた。そこで2004年9月、将来のビジネス展開を見据えて、最新鋭のストレージHP StorageWorks XP12000 ディスクアレイ(以下、XP12000)へのアップグレードを決定した。
お客様のチャレンジ
HPのソリューション
ビジネスベネフィット
会社概要
PDF(257KB)
株式会社ヨドバシカメラ

お客様のチャレンジ

拡大するビジネススピードをフォローするシステム拡張が課題

新宿西口ヨドバシカメラ
  新宿西口ヨドバシカメラ
  マルティメディア梅田店
  マルティメディア梅田店
半世紀前、カメラ専門店からスタートしたヨドバシカメラは、先端的かつ積極的なビジネスを展開することで、今や年商5,450億円(2004年3月実績)と、家電量販店業界屈指の企業に成長した。スケールメリットによる競争力強化を図るための新規出店、有力な家電量販店の合従連衡も相次ぐなか、毎日シビアな競争を展開している現場、そして積極的な新規出店を支えているのが、電算室取締役室長広田健次氏の預かる情報活用基盤としての基幹システムだ。

「15年前、店頭での値引き販売からポイントカード制に移行したときは、爆発的な反響がありました。その後、多様化する市場のニーズに応えて、家電、AV、パソコンなど取扱商品を広げたこともあり、ビジネスは成長の一途をたどっています。データ量の増大に、幾度となくシステムの入れ替えをして対応してきました」(広田氏)

ビジネスは、導入当初の予測を遙かに超えて拡大し続けた。その後も、ヨドバシカメラの成長スピードは、システム導入・更新時の予想を超えて推移している。

HPのソリューション

ディザスタリカバリシステム構築時にストレージを信頼性の高いHP製品にリプレース

ヨドバシカメラは、1995年に国内小売業として初めてSAP R/3(サーバはHP)を導入して以来、1999年に基幹システムを汎用機からHPのオープンシステムへ移行。その際、RetailモジュールやBWも導入し、受発注と販売に関する情報の一元管理を実現している。そして2002年5月には、全社基幹系システムを対象にしたHPのディザスタリカバリシステムを構築。そのストレージにはhp disk array xp512が、サーバにはhp superdomeが採用され、国内トップクラスの大規模SAP R/3によるディザスタリカバリシステムが稼働している。

「2002年、ディザスタリカバリシステムを導入する際、ストレージもHP 以外のハイエンド・ストレージ製品から、hp disk arrayxp512に変更しました。その理由は、遠隔地でのデータ同期スピードが速いこと、リカバリに関してHPの技術が優れていること、ストレージの信頼性が高い点にありました。特に信頼性を第一にHPのストレージを選んだのです」(広田氏)

この背景には、2001年11月、超大型店舗「マルチメディア梅田」を開店するなど、ヨドバシカメラの新規出店が大きく影響している。20年前の店舗面積基準である500平方メールに比べて、最近の店舗は大型化し(梅田店の売り場面積は約2 万平方メートル)、売上件数や金額も大きくなり、データ量が多くなるからだ。


拡大するビジネスとさらなる情報活用のために日本初、最新のXP12000にアップグレード

株式会社ヨドバシカメラ 電算室 取締役室長 広田 健次 氏
  株式会社ヨドバシカメラ
電算室
取締役室長 広田 健次 氏
「ヨドバシカメラは首都圏以外にも積極的に出店しています。全国展開することでまだまだビジネスは伸びると思います。また、当店で10年前にゲームを買ったお客様が成人して、お得意さまとして新たに買い物を始めていただいています」(広田氏)

ヨドバシカメラの成長と比例し、データ量はものすごい勢いで増加した。「1日数十万のトランザクション量になり、全体のデータボリュームも増えてきました。そこで今後の顧客戦略・店舗戦略を見据えて2004年4 月からアップグレードの検討を開始しました。当初、xp512の上位機種xp1024に切り替えようと考えていたのですが、9月に発表された新製品XP12000のスピードや優れた拡張性を知り、採用を決めました」(広田氏)

HPはデータが急増するヨドバシカメラに最適なストレージとして、最新のXP12000を提案した。XP12000は、自動的なデータの複製や移行、サービスレベル管理機能を、容量単価の低いストレージと連携して運用することで高度な戦略的情報管理基盤(ILM:Information Lifecycle Management : 情報の生成、活用、参照、保存、破棄というライフサイクルに応じた最適な管理・アクセス手段を提供する考え方)が実現可能であり、今後のビジネス展開に十分対応できると考えた結果だ。

「めまぐるしく変化するビジネスのニーズに、柔軟に適応できるインテリジェントな情報活用を推進していくための投資と考えています」(広田氏)

ベネフィット

将来の新サービス開発や新規出店に伴う業務量増大にも対応できる万全の体制を整備

2005年9月オープン予定の秋葉原店
  2005年9月オープン予定の
秋葉原店
「非常にミッションクリティカル、かつディザスタリカバリを完備した大規模システムですが、今回のXP12000導入により、予想を上回るシステム処理の向上が実現しました。また、HPには今までの実績を踏まえて信頼できる人をアサインしてもらい、業務の支障のない夜間にデータの移行作業を行い、早朝には業務を開始できるようにしました。優秀なSEがおり悩みを一緒に考えてくれ、サポートもしっかりしているので安心です」(広田氏)

ヨドバシカメラでは、2005年4月に開店する宇都宮店をはじめ、同年9月には秋葉原電気街の勢力図を変えるともいわれる大型店舗を秋葉原にオープンする。ディザスタリカバリシステムのテラバイト級のストレージを短期間かつスムーズに最新機種に移行することで、将来の新サービス開発や今後の新規出店に伴う業務量増大にも対応できる万全の体制を整えることができる。ヨドバシカメラのダイナミックなビジネス展開とスピーディな意思決定を支えるIT基盤の中核となるXP12000は、ビジネス環境の変化に柔軟に適応し進化し続けるヨドバシカメラの競争力を支える基盤となることは間違いないだろう。

ヨドバシカメラのチャレンジ

 
  • 将来の業務量増大にも十分対応できるシステム環境の整備
  • ダイナミックなビジネスの拡大に伴う急激なデータ増加
  • ディザスタリカバリのストレージの迅速かつ安全なアップグレード
 

HPの提供ソリューション

 
  • 最新のHP StorageWorks ディスクアレイ XP12000を提案
  • 十分な拡張性を備え最適なデータ管理が可能なストレージ
  • 遠隔地のデータレプリケーションシステム
 

ヨドバシカメラの要求に
HPが出した結果

 
  • ディザスタリカバリの大規模ストレージを短期間でアップグレード
  • 将来のビジネス展開にも柔軟に対応できるストレージの提供
  • ヨドバシカメラ様の課題理解と、踏み込んだITコンサルティングによるビジネス基盤の構築
 

会社概要

株式会社ヨドバシカメラ
所在地: 本社/東京都新宿区
物流センター/東京都大田区
代表取締役社長: 藤沢 昭和
資本金: 8,800万円
設立: 1960年 4月
事業内容: パソコン・OA機器・カメラ・デジタルカメラ、オーディオ・ビデオ機器、家電、時計、携帯電話、ゲーム機およびソフト、CD/DVDソフトなどの販売。 最先端の情報システム活用により、50万アイテムを超える驚異的な品揃えで、顧客ニーズに対応している。
URL: http://www.yodobashi.com

  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  

Acrobat Readerダウンロード PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡