日本ヒューレット・パッカード,hp,ヒューレット・パッカード,hewlett-packard,ヒューレット,コンパック,compaq,インターネット,casestudy,ソリューション,solution,事例,共同;ゲートウェイ;構築事例;NTTデータ; ;">: #990000,#CC0066,#336666,#003366,#000000,#666666,#336633,#EB5F01,#0066FF,#4FAF00 -->
Jump to content 日本-日本語

ソリューション  >  大企業向け


海外導入事例

スイス連邦司法警察省

HP NonStopサーバとJ2EEオープン環境で高可用性とTCO削減を実現!

導入事例

スイス連邦司法警察省
サイトマップ
コンテンツに進む

スイス連邦司法警察省ITサービスセンター、ディレクタ
クリスチャン・ボーマン(Christian Baumann)氏

スイス連邦司法警察省はアプリケーションを24時間365日稼動させるためには、高可用性を実現しTCO(Total Cost of Ownership)を削減するシステムが必要でした。そこで、いろいろと検討した結果、選択したのがHP NonStopサーバシステムでした。それは、どこから見ても最良の選択だったと考えています。

スイスの製品・サービスは、時計をはじめアーミーナイフ、銀行口座などその品質、頑強さ、信頼性で世界的に定評があります。
当然スイス連邦司法警察省も1982年のデータセンター設立の際、同省のきわめて重要なアプリケーションを動かすプラットフォームを選択する基準は信頼性、可用性、拡張性の高いものとしました。その結果、市場で最も高いコンピューティング・プラットフォームであるHP NonStopサーバを選択しました。連邦司法警察省ITサービスセンターのディレクタ、クリスチャン・ボーマン氏はHP NonStopサーバについて次のように評価しています。「NonStop IIシステムのおかげで、ITサービスセンターの開設以来 、データの消失や保全などの問題が生じたことは一度もありませんでした」
  お客様のビジネス概要
  お客様のチャレンジとHPのソリューション
ビジネスベネフィット
  お客様概要
  PDF(英語、381KB)
スイス連邦司法警察省 ロゴ

事例キーワード

業種: 公共
ソリューション: ビジネスコンティニュイティ
製品: HP NonStopサーバ

お客様のビジネス概要

多種多様なアプリケーションを継続して稼動させる

連邦司法警察省の情報技術を司るIT部門は、非常にやりがいのある職場だといえます。なぜなら同省には、連邦出入国管理局、連邦難民局、連邦警察局など、さまざまな機関の業務上重要なアプリケーションを評価・開発する責任があり、その上、独自の法律、政府、政策、警察、コンピューティング・インフラストラクチャをもつ26の州をサポートしているからです。さらにスイスでは、主にドイツ語、フランス語、イタリア語が用いられているため、この3カ国語ですべてのアプリケーションを書き、インプットとアウトプットを処理しなければなりません。
当IT部門は、その広範な管轄基盤を対象とする多種多様なアプリケーションを数多く開発しています。「スイス国内における指名手配犯の捜査用アプリケーションもあれば、盗難車や紛失物の追跡調査用アプリケーションもあります。当省はインターポールすなわち国際刑事警察機構と連携しているので、外国での盗難車情報も当省のデータベースに随時アップデートされます」とボーマン氏は述べています。

さらに、組織的犯罪の撲滅を目的とするアプリケーションもあります。このアプリケーションは、マネーロンダリングを担当する警察部門を支援するために構築されたものです。また、スイス警察がさまざまな犯罪の種類のパターンを見つけるのに役立つアプリケーションもあります。そして、犯罪を記録するアプリケーションもありますが、犯罪者の記録は安全性の高いデータベースに登録します。この他に外国人や難民に適正な身元確認証を発行するためのアプリケーションもあります。

このように当省が扱うアプリケーションは実に多様ですが、全てのアプリケーションに共通するのはいずれも最高レベルの可用性と拡張性を実現したHP NonStopサーバプラットフォーム上で稼動していることです。
[トップへ]

お客様のチャレンジとHPのソリューション

最高レベルの可用性と拡張性を同時に実現

ボーマン氏はそのときの状況を次のように話します。「スイス連邦司法警察省はアプリケーションを24時間365日稼動させるためには、高可用性を実現しTCO(Total Cost of Ownership)を削減するシステムが必要でした。そこで、いろいろと検討した末に、HP NonStopサーバシステムを選択することにしました。それは、どこから見ても最良の選択だったと考えています。」

連邦司法警察省ITサービスセンターには現在、プロダクション用のHP NonStop S74008サーバ(メモリーは1プロセッサー当たり2ギガバイト、データ・ストアは50テラバイト)があります。また、開発用のHP NonStopサーバ S7004もあります。ボーマン氏は、「当センターは、1996年にHP NonStop Sシリーズシステムに移行した欧州初のお客様でした」と当時のことを誇らしげに語り、「以前は、2つのHP NonStop Kシリーズプロダクション・システムがありましたが、現在ではSシリーズプロダクション・システム1つです。HP NonStop Sシリーズはより強力な上、コスト効果もより高いシステムです」と述べています。このシステムと接続しているユーザーは約1万3,000人、平均トランザクション速度は毎秒10トランザクションですが、毎秒50から110トランザクションに加速することもあります。HP NonStopサーバシステムでは、スイス政府の他省庁のIBMシステムや連邦司法警察省ITサービスセンターのWindows NTサーバとの相互運用も円滑に行われています。

HP NonStopサーバシステム選択の主な理由は継続的な可用性でしたが、連邦司法警察省ITサービスセンターにとって拡張性もは重要でした。「当センターには、システムを拡張してディスクやコントローラーを追加し、簡単にオンラインで新製品を設定できる能力が必要でした。そこでHP NonStopサーバを導入し、たとえ当センターのシステムの負荷が増えても問題なく対応できるようにしたのです。また、別のプロセッサーを購入することができるので、システム変更に伴うダウンタイムは今までまったく生じていません。たとえあってもごく短時間で済みます。HP NonStopサーバシステムでは、最高レベルの可用性と拡張性は矛盾することなく同時に実現することができるのです」とボーマン氏は述べています。

[トップへ]

ビジネスベネフィット

価値の高いHP NonStopサーバプラットフォームのオープン・アーキテクチャ

今後も独自のアプリケーションを開発するため、HP NonStopサーバプラットフォームのオープン・アーキテクチャはきわめて価値のある機能です。

HP NonStopサーバの今後の活用についてボーマン氏はこう話します。「当センターでは、今後2年間でHP NonStopプラットフォームの開発環境をJava 2 Platform, Enterprise Edition(J2EE)環境に移行する予定です。HP NonStop Enterprise Application Serverソフトウェアにより、将来は既製のソフトウェアを購入することができるようになりますが、今のところ、警察環境では可能ではありません。J2EEアーキテクチャーを導入すると、別のプラットフォーム用に開発されたアプリケーションを購入し、それをHP NonStopサーバにと転送することができます」

アプリケーション・プログラマがより容易に見つかるようになり、TCOをさらに削減できるという点が、連邦司法警察省ITサービスセンターによるHP NonStop Enterprise Application Server技術導入決定のもう1つの要因です。

ボーマン氏は連邦司法警察省ITサービスセンターのHP NonStopサーバに対して賛辞を惜しみません。「HP NonStopサーバシステムにより、きわめて高い可用性と拡張性およびTCO削減が実現できました」

[トップへ]

スイス連邦司法警察省 概要

所在国: スイス
業務内容: スイス連邦司法警察省は、連邦出入国管理局、連邦難民局、連邦警察局など、さまざまな機関の業務上重要なアプリケーションを評価・開発する責任があり、独自の法律、政府、政策、警察、コンピューティング・インフラストラクチャを持つ26州のサポートをしています。

  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり
閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。
 
Acrobat Readerダウンロード PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項