Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

ソリューション  >  大企業向け

フル3D仮想空間コミュニケーションサービス「S!タウン」の実現を総合システムインテグレータとしてHPがサポート

ソフトバンクモバイル株式会社

導入事例

ソフトバンクモバイル株式会社
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
コンテンツに進む
「総合デジタル情報カンパニー」を目指すソフトバンクグループは、ADSL事業、固定電話事業に加え、2006年にはユビキタス社会のキーデバイスとなる携帯電話事業をスタートさせた。その携帯電話事業を担うソフトバンクモバイルでは、フル3D仮想空間コミュニケーションを提供する新サービスS!タウンを開始、競争力の強化を図っている。そのプラットフォームを総合インテグレータとして全面的に支えているのがHPだ。
お客様背景
ソリューション
効果と今後の展望
会社概要
PDF(450KB)
SoftBank

目的

アプローチ

サービスを軸とした差別化
キラーサービス提供による競争力の強化
S!タウンサービスの企画、展開
携帯電話上でのコミュニティサービス市場の先行開拓
ハード、設計、構築、マネージドサービスまで全面的にHPの技術とノウハウを活用
ハードウェアをHP BladeSystemで統一

システムの効果

ビジネスへの効果

サービス利用状況やビジネスの変化に対応できる十分な拡張性
24時間サービスを実現する高可用性
外部間連携のための利便性とセキュリティを確保
「今までにないサービス」を軸とした差別化
携帯電話における新たなコミュニティサービス市場への参入
新たな顧客を獲得

お客様背景

「他にない」「今までにない」サービスを目指して
フル3D仮想空間コミュニケーションサービス S!タウンを開発

ソフトバンクモバイル株式会社 プロダクト・サービス開発本部 モバイル・サービス統括部 コミュニケーション・サービス部 課長 桑原 正光 氏
ソフトバンクモバイル株式会社
プロダクト・サービス開発本部
モバイル・サービス統括部
コミュニケーション・サービス部
課長
桑原 正光 氏
ソフトバンクモバイル株式会社 プロダクト・サービス開発本部 モバイル・サービス統括部 コミュニケーション・サービス部 中谷 友一 氏
ソフトバンクモバイル株式会社
プロダクト・サービス開発本部
モバイル・サービス統括部
コミュニケーション・サービス部
中谷 友一 氏
携帯電話・PHSの契約者総数は8665万8645人(2007年3月末現在、総務省調べ)、人口普及率でも7割に迫る勢いだ。そして携帯電話は単に通話だけでなく、メール、音楽、ゲーム、テレビ、乗車券・定期券、ナビゲーション、会員証・身分証、電子キー、株取引、ショッピング、各種予約、電子マネー、クレジットなど、さまざまな生活シーンに対応する機能を備えた生活インフラに成長している。

これは、携帯電話が個人の多様な生活シーンのインタフェースとなることを意味し、キャリアにとっては大きなビジネスチャンスにつながる。そのため、生活でメインに使われる携帯電話を目指して、各キャリアは日々熾烈な競争を展開している。

2006年10月にスタートしたソフトバンクモバイルは、豊富な新機種ラインアップの提供や「Yahoo!ケータイ」などの新サービスを拡充させ、シェアを徐々に上げている。また、新しい発想の料金プランの提案となる月額980円の「ホワイトプラン」や他社宛の通話も割安となる「Wホワイト」、家族間の通話が24時間無料になる「ホワイト家族24」も導入。その効果もあり、2007年7月は22万4800件の契約数純増を達成し、3カ月連続で純増数ナンバー1を誇っている。

ただ、携帯電話の通話料は頭打ち、パケット料金はインターネットと同じく定額制が普及し始めている。そこで、キャリア各社は通話料に頼る収益構造を改革するために、キラーサービスやコンテンツの開発・投入にチャレンジしている。

「料金競争には限界があるかもしれませんが、サービスには限界がなく、無限の可能性を秘めています。今までにない、他にない、画期的なサービスやその組み合わせで差別化を図っていくことが至上命題だと私は考えています」と、プロダクト・サービス開発本部モバイル・サービス統括部コミュニケーション・サービス部 中谷友一氏は、新サービスの開発を目指した背景を語る。

そこでソフトバンクモバイルは、元来の「人と人とのコミュニケーション」に立ち戻り、新サービスS!タウンの構想を立ち上げたのである。

「プログラムされた何かではなく、携帯の中に誰かがいる」
フル3Dの仮想の街を舞台としたコミュニケーションサービス

S!タウン
「S!タウンの構想は、『メールとは異なる、時間を共有した新しいコミュニケーションサービスを開発できないか』というディスカッションがきっかけでした」

そう語るのは、S!タウンプロジェクトのリーダーを務めた桑原正光氏である。

「ただ、リアルタイムにチャットするには相手がいないとできません。そこで、友人、家族だけでなく、知らない人とのコミュニケーションを考えました。仮想空間でのコミュニケーションをきっかけにして、感動や体験、時間や趣味などを共有するサービスを提供できればと思ったのです」と、中谷氏が続ける。

2005年4月、S!タウンのプロジェクトがスタートする。桑原氏たちはコミュニケーションサービスという基本方針のもと、どのような世界を創造したらいいのか検討を重ねた。近年、インターネットの世界では「Second Life」が話題を集めているが、彼らはまったく別の路線を指向する。想像できるあらゆるものを創造して楽しむSecond Lifeと異なり、S!タウンはあくまでもコミュニケーションにこだわったのだ。

1年半の歳月を経た2006年10月、いよいよS!タウンがスタート。フル3Dの仮想の街「S!タウン」がケータイの中に出現した。S!タウンは、住人になればもらえる「マイルーム」をはじめ、中央広場を中心に4つの「テーマタウン」とそれらをつなぐ「ストリート」で構成される。利用者は、11種類のキャラクターの中から自分の分身を選んで3Dで構成された仮想の街を気ままに歩き回り、そこで起こるさまざまなイベントに参加したり、気の合う仲間とチャットしたり、アイテムの交換、情報交換を楽しむことができる。

ターゲットは20〜30代の女性。知らない人同士も気兼ねなく楽しめる「やさしい」コミュニケーション空間となっている。ミニゲームも簡単なコミュニケーション体験を意図したもので、オンラインゲームをやりこむ男性をターゲットとした市場とは一線を画し、あくまで「コミュニケーション」に軸足をおいている。また、街に登場するキャラクターについては「可愛らしさ」を優先した。調査の結果、日本の20〜30代の女性は、可愛いキャラクターを好むことがわかったのだ。

「Second Lifeのような欧米的なイメージではなく、丸みのある可愛らしいキャラクターを設定しました。サービスインした後も、キャラクターに対する評価は上々で、成功したのではないかと思っています」(桑原氏)

なお、S!タウンのアプリケーションがプリインストールされたソフトバンクモバイルの携帯電話(2007年7月現在18機種)であれば、月額使用料無料、パケット通信料のみで利用できるサービスとなっている。

ソリューション

携帯電話でフル3Dコミュニケーションを実現させるために乗り越えるべき課題

ソフトバンクモバイル株式会社 プロダクト・サービス開発本部 モバイル・サービス統括部 コミュニケーション・サービス部 藤木 孝史 氏
ソフトバンクモバイル株式会社
プロダクト・サービス開発本部
モバイル・サービス統括部
コミュニケーション・サービス部
藤木 孝史 氏
携帯電話はいつでも、どこでも簡単に操作できるが、制限が多いのも事実。携帯電話でフル3Dのコミュニケーションサービスを実現するには大きな壁を乗り越えなければならなかった。

「例えば、パケット量、通信速度、処理速度、操作性、画面サイズなどです。ADSLなどと比較して、まだ通信速度がそれほど速くない携帯電話では、通信量が多くなると通信の待ち時間が長くなってしまうため、通信を必要最低限の量と頻度にコントロールする必要がありました。また、基本的に安定してネットワークにつながっているPCの場合とは異なり、携帯電話では発生頻度の高い“着信割り込み”や“圏外”への対策も不可欠でした」(中谷氏)

「フル3Dを目指そうとはいったものの、実のところ最初は制約の多い携帯電話では無理かもしれないと思っていました。ところが、開発チームに構想を話し、ソフト、サーバのタイミングなどを工夫してプロトタイプの開発を進めるうちに、これはできそうだと思い始めました」(桑原氏)

2006年3月頃、ようやく全体像が見えてきたところで細部にわたる落とし込みに着手する。出会い系や不正利用などを防ぐため、チャットなどでトラブルがあったときの対応窓口をメニューのわかりやすいところに表示するなど、安心して使える仕組みも整え、S!タウンを作りこんでいく。

S!タウンのインフラ構築に総合システムインテグレータとしてHPを採用

S!タウン
10月のサービスインに向けて、S!タウンを支えるインフラの構築が開始され、総合システムインテグレータとしてHPが指名される。ソフトバンクモバイルにおける各種システム構築の実績、および長年にわたる国内・外の通信事業者へのサービス提供やビジネス基盤を支えてきた経験を評価されてのことだ。

S!タウンはソフトバンクモバイルの「魅力的なサービス提供による差別化戦略」の一つとして大きな将来性を秘めたサービスだ。そうしたサービスのシステムには、将来に向けての十分な拡張性、24時間サービスを実現する高可用性が不可欠となる。

そこでHPは、S!タウンのこのような要件に応えるため、利用度や成長に応じて柔軟な変更や拡充が可能なHP BladeSystemを中心としたシステムを提案。日々変化するユーザのニーズやサービスの充実にスピーディに応えられるシステムを構築した。

2006年5月からS!タウンプロジェクトに参加した藤木孝史氏は、携帯電話上のシステム開発ならではの苦労を次のように話す。

「携帯電話での3D表示がどれほど大変かということを、身をもって経験しました。5月頃にはプロトタイプはできていて形も見えていましたが、スペックが明らかに違うにもかかわらずPCと同じようなことをしようとしていたため、予期せぬエラーが頻発して苦労しました。ただ、HPがアプリ側のさまざまな制限をインフラ側で吸収してくれるなど、臨機応変に対応してくれたのでとても助かりましたね」

「着信割り込みや圏外になったときには、セッションを保持して中断した箇所からサービスを継続する工夫が必要になります。そのためには、サーバでキャッシュするのですが、そのチューニングが大変でした。HPに協力してもらうことで最適なチューニングを行うことができ、“着信割り込み”と“圏外”という携帯電話の壁をクリアすることができました」(中谷氏)

S!タウン実現における工夫点
S!タウン実現における工夫点 このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

効果と今後の展望

さらなるコミュニティの充実と楽しい空間の提供に向けて
リアルの世界とのコラボレーションや既存サービスとの連携も視野に

S!タウンの会員数は右肩上がりで推移しており、2007年7月現在で約20万人が会員となっている。出だしとしては大変好調だが、新たな課題も見えてきた。S! タウンで知り合った人たちが交流の場を別のメディアに移していることだ。

「現在のS!タウンはリアルタイム性を重視しており、お互いがオンラインでないとコミュニケーションをとりにくいというのが正直なところです。そのため、相手がオフラインでのコミュニケーションはPCのWebサイト(ブログやSNSなど)に流れてしまうことが多いのです。今後はいかにユーザ同士のコミュニティをS!タウン上で形成してもらうかが課題のひとつです。現状では、クチコミのマーケティングになってはいますが、もっともっと利用してもらう仕掛けを作りたいですね。今後は、本物の世界のニュースやタイムリーなトピックスに対応したイベントを実施するなど、バーチャルな空間にリアルな世界とのつながりを持たせ、Viral Marketingとしてリアルなユーザにフィードバックできればと思っています」(桑原氏)

「S!タウンはクライアントサーバで別々に開発していますので障害の切り分けが難しいのですが、HPが前向きに調査に協力してくれるので大変助かっています。今後は『PCのSecond Life、ケータイのS!タウン』と言われることを目指していきます」(藤木氏)

「コミュニケーションサービスとしてユーザ数のさらなる獲得は必須です。今後はユーザがさらに楽しめる新しいコンセプトのストリートを増やしていきたいですね。また、既存の携帯電話サービスと組み合わせるなども。HPは携帯電話サービスのシステムもよく知っていますし、今後さらに幅広い提案も期待しています」(中谷氏)

「今後携帯サービスは、ネットの世界同様に迅速なサービス立ち上げが必要になってきます。それらをいちいちスクラッチで作るというのではなく、既存のサービスとの連携で実現することが重要です。そうした分野でもHPにはパートナーとしてノウハウの提供を期待しています」(桑原氏)

ソフトバンクモバイルは、ユーザへの魅力的なサービス展開に向けて、今後もさまざまな取り組みを行っていく計画だ。今回、商用サービスとしてのミッションクリティカル性はもちろんのこと、新たなサービスやコンテンツを提供するオープンかつセキュアなコラボレーション基盤として高信頼性と拡張性に優れた基盤を実現した。HPは、こうしたインフラテクノロジーやITサービスのワンストップ提供を通じて、これからもソフトバンクモバイルの斬新なサービス提供と次世代のコラボレーション環境を支えていくことだろう。


会社概要

ソフトバンクモバイル株式会社
所在地: 東京都港区東新橋1-9-1
代表取締役社長 兼 CEO: 孫 正義
資本金: 1,772億5,121万6,500円
従業員数: 約3,800人
サービス開始日: 1994年4月1日
事業内容: 移動体通信事業及びこれに付随する業務等
URL: http://mb.softbank.jp/mb/ このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。
  (2007年6月22日現在)

事例キーワード

業種: 通信・IT
  HP BladeSystemHP IceWall SSO
  HP コンサルティング&インテグレーションHP マネージドサービス

  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡