Jump to content 日本-日本語

ソリューション  >  大企業向け

HP OpenView AssetCenterを核に
アドオンシステムを構築

沖電気工業株式会社

導入事例

沖電気工業株式会社
サイトマップ
コンテンツに進む

グループ企業間に散在する膨大なPC資産の情報収集・管理を一元化

個人情報保護法の施行や日本版SOX法などの流れの中で、会計の公正や遵法性を目指した内部統制の整備、明確な情報セキュリティポリシーの策定とそれを可能にする適切なIT運用が一層厳しく求められている。例えばクライアントPC環境に目を向けてみると、企業に導入されたPCが増大するにつれて、OSやアプリケーションのバージョン管理、ソフトウェア・ライセンスの適正利用の徹底は難しくなり、また情報漏洩や、ウイルスやワーム等のリスクも拡大していく。沖電気工業株式会社(以下、沖電気)は、これらの問題解決のために、HP OpenView AssetCenterを導入。独自のカスタマイズを加え、グループ企業全体を貫くPC管理体制の徹底を推進している。
お客様の課題
お客様のチャレンジ
ビジネスベネフィット
会社概要
PDF(200KB)
OKI

事例キーワード

業種: 製造業
ソリューション: セキュリティ、データベース
ソフトウェア: HP OpenView

お客様の課題

PCの増加に伴ってますます拡大するリスクを軽減するために

沖電気工業株式会社 情報企画部 担当部長 楡井 稔 氏
沖電気工業株式会社
情報企画部 担当部長
楡井 稔 氏
沖電気の情報企画部は、グループ企業全体のIT戦略の策定とITインフラの整備・推進を使命とする組織だ。

「部門におけるPC利用が拡大していく中で、コンプライアンス強化やIT統制整備を進めるためには、明確なセキュリティポリシーの徹底、各自のモラル、リテラシーといった属人的要素とともに、それを支える仕組みやツールが必要だ」と、情報企画部担当部長楡井稔氏は力説する。

「つまり、ハッキング等のアタックやウイルスなど、外部からの脅威要因はもちろん、災害や偶発的な事故、悪意のないミスなどから情報資産を守るための施策の1つとして、部門ごとに導入・管理されていたPCの数量や機種、搭載されたOSやアプリケーションなどを、全社的に把握し管理する必要があるのです」

この問題への対処にいち早く取り組んだ同社は、グループ内のSI企業、株式会社沖電気カスタマアドテック(以下、OCA)と連携してソリューションの選定を進めた。OCA ITサービスビジネス本部の鈴木信雄氏は、その経緯を以下のように語る。

「グループ各社や一部サプライヤーを含めた約80社のクライアントPC管理を前提に、操作性や管理性などを総合的に検討。その結果、優れた資産管理ツールとして、当社が以前から外部企業にも提案していたHP OpenView AssetCenterの導入を決定し、2002年から活用を始めました」

お客様のチャレンジ

ユーザの負荷削減を目指したアドオンシステムを構築

HP OpenView AssetCenter はPCのハードウェア、ソフトウェア情報の管理はもちろん、モジュールの組み合わせによってIT資産のあらゆる管理を実現するツールだ。しかし一口にPC情報の管理といっても、CPUパワーやメモリ、OSのバージョンなどが異なる膨大な数のPCを一元管理する負荷は決して少なくない。そこで2004年からは、沖電気グループの統一基準を設け、グループ会社内の標準マシンの集中購買を開始。沖電気ネットワークインテグレーション株式会社(以下、OKINET)によってOSやビジネスの基本的ツールとHP OpenView AssetCenterのモジュールなどがインストールされた基本構成のPCを各部門へ配布する体制を確立した。これによって、業務に特化したアプリケーションの選択・搭載は各事業部門の自立性を保証しながら、将来にわたる管理性の向上と徹底を目指したのである。

「私たちは、PCのライフサイクルを4年間と設定しています。すでに、グループ全体で約1/2が標準機にリプレイスされたことになり、2008年にはすべてのPCが標準設定になります」(楡井氏)

一方、各部門レベルで新たにインストールしたアプリケーションなどの状況は、各ユーザがイントラネット上の画面から逐次入力する必要があった。日々ルーチンワークに追われる各ユーザから、その煩雑さを解消してほしい、という声が上がり始めたのである。

株式会社沖電気カスタマアドテック ITサービスビジネス本部 ITサービス営業部 営業支援課 鈴木 信雄 氏
株式会社沖電気
カスタマアドテック
ITサービスビジネス本部
ITサービス営業部
営業支援課
鈴木 信雄 氏
そこで、沖電気情報企画部は、先のOCAとともに、実装部隊としてOKINETを指名。3社のコラボレーションによって、各クライアントPCの情報を自動的に吸い上げるシステムの構築を図ったのである。

「従来から、AssetCenterによる管理データは一元収集・管理し、各企業や事業部の管理者部門へ提供されてきましたが、実際には管理すべき内容や欲しいデータは、部門ごとにそれぞれ異なってきます。そこで今回、複数の部門へのヒアリングなどを重ね、従来の問題点やデータの使い方に関わる状況を把握。その上で、新たな情報自動収集システムの要件を定義していったのです」(鈴木氏)

上流工程で、ブレのないコンセプト形成を重ねたおかげで、同社がカスタマイズを図った自動収集システムは、構想から約半年後の2005年6月には実稼働。実際の構築期間は2カ月強というスピードで開発された。OKINETインテグレーション本部 玉木浩一係長は、そのプロセスにおける苦労を次のように語る。

「開発を進めていくうちに、同一メーカーでも機種、OSにより差があることがわかったのです。OEM先の違いによる、いわゆる『相性問題』のようなものだと思いますが、それらすべてに対応できる設定値を探るのに苦労しました」

ビジネスベネフィット

今回の成果を糧に、セキュリティ統合監視との連携、グローバルへの展開を

以上のプロセスを経て、ユーザの入力操作を自動化し、背後で動くシステムを意識させることなく、13日ごとに収集情報の更新が正確になされるシステムが完成した。

沖電気ネットワークインテグレーション株式会社 インテグレーション本部 ネットワークシステム部 ITインフラ第一チーム 係長 玉木 浩一 氏
沖電気ネットワークインテグ
レーション株式会社
インテグレーション本部
ネットワークシステム部
ITインフラ第一チーム 係長
玉木 浩一 氏
「HP OpenView AssetCenterのコア部分に変更を加えずに開発生産性の高いC言語によるアドオンシステムとして築いたおかげで、スムーズな稼働と将来にわたる整合性が確保され、各事業部門のIT 管理者層からも、『IT 資産の管理負荷が大幅に軽減された』と歓迎の声が上がっています」(玉木氏)

一方、現在はログイン時に各自がIDを入力することで、個人とPCの紐づけを実施しているが、「今後これも自動化を図っていきたい」としている。また沖電気グループでは、集中管理サーバにてウイルス対策ソフトの更新状況などを監視し、ネットワークにつながる各PCの情報を収集するセキュリティ管理システムを導入している。これは、アンチウイルス定義のアップデートやセキュリティポリシーにそぐわない機器を検出して、ネットワークから隔離し、ウイルスやワームの被害を最小限に抑制するものだ。

「今後、このような『自己防衛型ネットワーク』に立脚したセキュリティ管理システムや資産管理データベースとHP OpenView AssetCenterとの連携をさらに進め、よりトータルなPC管理を進めていきたいと考えています。そしてその次のフェーズとして、海外の沖電気グループ企業への水平展開を進めていきます」(楡井氏)

課題

沖電気のチャレンジ

結果と今後の展開

  • グループ内に散在するPC情報の把握・管理
  • コンプライアンス強化や内部統制の整備
  • グループ各社をはじめ一部サプライヤーをも含めた約80社のPC資産管理の実施
  • HP OpenView AssetCenterによりPC1台ずつの状況を収集
  • カスタマイズによる定期的な自動情報収集の実施
  • 各事業部門の管理の徹底と負荷軽減
  • ログイン−ID入力自動化による個人とPCの紐づけ
  • セキュリティ管理システムや資産管理DBとの連携
  • 海外拠点に対する展開の推進

会社概要

沖電気工業株式会社
所在地: 東京都港区虎ノ門1-7-12
取締役社長兼CEO: 篠塚 勝正
資本金: 67,882百万円(2006年3月31日現在)
従業員数: 5,496名(2006年3月31日現在)
設立: 1949年11月1日(昭和24年)
事業内容: 電子通信・情報処理・半導体・ソフトウェアの製造・販売およびこれらに関するシステムの構築・ソリューションの提供、工事・保守およびその他サービスなど
URL: http://www.oki.com/jp/ このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項