Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

ソリューション  >  大企業向け

HP BladeSystemが提供する付加価値の高い機能と仮想化テクノロジー「Hyper-V」を利用

株式会社ニコン

お客様事例

株式会社ニコン
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
コンテンツに進む

「Hyper-V」で汎用生産管理システムプロジェクトを推進

精機・映像・インストルメンツの3つの事業領域を中心に、「信頼と創造」を企業理念に掲げ、世界をリードする株式会社ニコン。同社では現在、国内外のグループ企業の連携と、変化への対応力強化を目的に、SAP ERPを核とする汎用生産管理システムの構築に取り組んでいる。そこでHPは豊富なSAP ERP構築ノウハウと最新のプラットフォーム、仮想化テクノロジーをベースに、「シングルインスタンス・マルチサイト」の環境を実現。ハードウェアとシステムの両面から、積極的な支援を行っている。
お客様背景
ソリューション
効果と今後の展望
会社概要
PDF(565KB)
株式会社ニコン

目的

アプローチ

SAP ERPによる生産管理システムの標準化
スピード経営およびグローバル連結の強化
「シングルインスタンス・マルチサイト」環境の実現
生産管理システムのハードウェアおよび運用コストの削減
仮想化によるサーバー統合、可用性およびシステム柔軟性の向上
Microsoft Windows Server 2008の仮想化テクノロジー「Hyper-V」を利用して、開発環境と品証環境を仮想環境で構築
サーバーには柔軟かつ拡張性に優れたシステム構築に最適なHP BladeSystemを採用
HP SAPコンピテンスセンターの技術・ノウハウに基づく、サーバー構成の最適化
HPが提供するintegrated Lights-Out(iLO)によるリモート管理の実現
HPバーチャルコネクトによる高可用性の実現
パートナー、ベンダーが一体となった提案およびサポート体制

システムの効果

ビジネスへの効果

導入コストを5分の1、サーバー台数を3分の1に削減
柔軟なテストプロセスの実現、容易な教育・研修環境の構築
リモート管理に伴うサーバー運用のTCO削減やサービスの可用性向上
トラブル発生時の迅速なリカバリ
「シングルインスタンス・マルチサイト」環境によるTCOの削減
仮想化に関するノウハウを他のプロジェクトにも展開

お客様背景

システムと業務プロセスの標準化を目的に変化対応力に富んだ生産管理システムを志向

株式会社ニコン システム本部 情報システム部 第二システム課 マネジャー 坂口 洋哉 氏
株式会社ニコン
システム本部 情報システム部
第二システム課 マネジャー
坂口 洋哉 氏
ニコンは、最先端のデジタルカメラやアクセサリーなどを提供する映像事業、半導体露光装置や液晶露光装置などの超精密技術を提供する精機事業、各種顕微鏡や半導体検査装置など高精度な測定技術を追求するインストルメンツ事業に加えて、望遠鏡、メガネレンズ、カスタムプロダクツなど、コンシューマ向け・産業向けの両方で多彩なビジネス領域を有する。世界トップクラスの製品を次々と発表する中で、同社は生産体制の拡充に向けて、将来を見越した事業分社化、海外生産拠点の強化といった経営革新に取り組んでいる。
こうした中で、現場のニーズに応じて拡張されてきた従来の生産管理システムでは、次第にデータの定義・コード体系といった整合性確保が困難になると同時に、経営ニーズや時代の変化への対応を強く求められるようになってきた。特にデジタルカメラに代表される製品群は、アクセサリーを含めて多種多様なバージョンがあり、商品ライフサイクルも短期化する傾向にある。そのため、製品開発期間の短縮、生産工程の効率化、製品のタイムリーな市場投入が行えるように、プロダクトライフサイクルマネジメント(PLM)を最適化していく必要性に迫られていた。
また、システムの移行を実施する際にも問題が生じていた。たとえば、ある子会社で作っていた製品を海外の他の拠点で量産しようという場合に、同じようなシステムを使っていてもデータの構造が異なるため、準備に時間を要する場合があったのだ。

このような課題に対応し、グローバル規模で競争優位を確保していくためには、生産管理システムの再構築が必要だった。そこで同社では2007年10月から、次世代生産管理システムの検討を開始。綿密な準備を踏まえて、翌年10月、SAP ERPを核とする新たな汎用生産管理システムの構築プロジェクトを発足させた。このプロジェクトを発案、推進しているシステム本部 情報システム部 第二システム課 マネジャーの坂口洋哉氏は、検討のポイントを次のように語る。
「キーワードは、システムおよび業務プロセスの標準化でした。J-SOXなど内部統制への対応、業務の連携性・スピードの向上、グローバルでの連携強化および経営の可視化、予算実行管理、近い将来に必須となる国際会計基準への対応などミッションは多岐にわたりますが、その前提として、システムの刷新が不可欠だったのです」


ソリューション

Hyper-Vの仮想テクノロジーを活用し、コスト削減を図りながら、当初の計画を推進

三井造船システム技研株式会社 基幹ソリューション事業部 ITサービス部 福山 健治 氏
三井造船システム技研株式会社
基幹ソリューション事業部
ITサービス部
福山 健治 氏
計画の立案からプロジェクトの実施に至る3年間には、社会・経済環境も大きく変化している。それでも絶えざる革新に挑戦し、時代の変化に屈しない“強いニコン”を定着させるため、継続的な成長に向けた体制づくりの一環としてプロジェクトの位置付けが変わることはなかった。しかしグローバル規模の激しい競争の中で、プロジェクトのコスト管理はこれまで以上に重要となる。想定される物理サーバー構成について試算してみると、予算をはるかに超えており、削れる要素を抽出しても予算内に収めることは不可能と思われた。

そこで導入パートナーを務める三井造船システム技研株式会社(MSR)に、抜本的な解決策を依頼した。MSRの提案は、サーバーの仮想化によってSAPシステムにおけるサーバーの筐体を減らし、大幅なコスト圧縮を図るというものだった。具体的には、同社がサーバーOSとして採用を決めていたMicrosoft Windows Server 2008に標準実装されている仮想化テクノロジー「Hyper-V」を利用して、本番・開発・品証と3ランドスケープが求められるSAPシステムの開発環境と品証環境を仮想環境で構築する。MSR 基幹ソリューション事業部 ITサービス部の福山健治氏は当時を次のように振り返る。
「当社は2008年7月よりHyper-Vを利用したSAPシステムの構築について、社内検証を実施し、十分に実現できると考えていました。また、今回のプロジェクトではアプリケーションサーバーにWindows Server 2008、データベースにMicrosoft SQL Server 2008を採用する方針だったので、サポート窓口を1本化するという意味でも、Hyper-Vの採用が適切だと考えました」 1台の物理マシン上に複数の仮想マシンを構築し、異なるサービスを実行できる仮想化は、全社的にサーバー統合を推進しているニコンの方針にも合致した。

シングルインスタンス・マルチサイトシステム構築に、柔軟性に優れたHP BladeSystemを採用

今回のプロジェクトでは、国内および海外の拠点を対象に「シングルインスタンス・マルチサイト」というコンセプトに基づきシステムを構築している。生産管理システムに加え、導入済みの財務会計(FI)のSAPモジュールをデータセンターのインスタンス内に統合。生産管理から発生した仕訳を直接、財務会計にリアルタイムに連携するためである。

「シングルインスタンス・マルチサイト」を実現するためには、確かな性能と可用性、信頼性を備え、かつ仮想化のメリットを最大化できるハードウェアが必要になる。そこで同社が着目したのが、拡張性・柔軟性に優れたHP BladeSystemだ。HPのハードウェアはSAPのシステムで高い導入実績を誇り、その構築ノウハウは豊富に蓄積されている。さらにHP SAPコンピテンスセンターにおいては仮想化技術に関する評価・検証を実施しており、SAPシステムにおける各仮想化ソリューション使用時のリソースオーバーヘッドなど、技術的情報も蓄積されている。こうした取り組みを踏まえ、ハードウェア・SAP ERP構築ノウハウ・サーバー統合・仮想化技術という4つの観点から、HPが最適なプラットフォームベンダーとして選定された。
「これまでの手厚いサポートに対する信頼に加えて、HPのサーバーには実績があったため、安心感がありました。データセンターに設置する上での重さや発熱量制限、といった条件においても、HP BladeSystemは当社の要件を問題なくクリアしましたし、最終的にはブレードサーバーとしての管理性などの高度な機能が決め手になりました」(坂口氏)

仮想化サーバー構成
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

効果と今後の展望

導入コストは5分の1へテストプロセスの柔軟性も確保

株式会社ニコンシステム 第4システム本部 第4開発部 加藤 直孝 氏
株式会社ニコンシステム
第4システム本部 第4開発部
加藤 直孝 氏
Hyper-Vによる仮想化のもと、ニコンの汎用生産管理システムプロジェクトは順調に推移している。特にコスト面においては、大幅な圧縮を実現した。
「当初の試算と比較すると、5分の1の導入コストとなり、サーバー台数も3分の1に削減できました。いくつかのモジュール導入を先送りしたのでその分も対象となっていますが、それにしても、仮想化によってこれほどコストを削減できるのは驚きでした。これも、テクノロジーの進化の恩恵だと実感しています」(坂口氏) もちろん、仮想化のメリットはコストだけにはとどまらない。同社システムの運用管理を担う株式会社ニコンシステム 第4システム本部 第4開発部の加藤直孝氏は、「テストプロセスが柔軟になったことで、システムの品質も高めていくことができるはず」と語る。SAPシステムを拡充していく際には、プラットフォーム関連のテストが重要な意味を持つ。しかし、実際には本番機はもちろん、品証機も開発機もそれぞれ独立した専用マシンとして稼働している。そのため、パラメータなどを変更して稼働を確認する際にも、従来は代替マシンを用意してテストを実施するために時間・コストを費やす必要があった。それが仮想環境では、仮想サーバー上で容易にできるようになる。また、新しい事業部でSAPを導入した際に、これまでは別のマシンで検証用の環境を用意していたが、これも仮想サーバーに展開することで容易に解決できる。

運用管理における負荷軽減も見逃せない。シングルインスタンス・マルチサイト運用を実現したことにより、各拠点が別々に管理していたサーバーが、データセンター内のオペレーションセンター1カ所に集約された。この結果、監視要員の削減とともに、ツールを活用して監視のバリエーションも増やすことができた。

リモート管理と高可用性の実現に向けてHPのソリューションを積極的に活用

仮想環境において懸念されるのは、I/Oのボトルネックである。これについて同社では、1つのネットワークカードに対して、3〜4の仮想OSを実装するように分散させたり、I/O系のファイバーチャネルを確保するなど、可能な限り遅延が生じない構成を工夫している。「大井事業所から都外のデータセンターにリモート接続してテストを繰り返していますが、ボトルネックはほとんど感じられません」(加藤氏)
シングルインスタンス・マルチサイト運用のメリットを追求していく中で、HPならではの提案もあった。1つは、リモート管理を実現するintegrated Lights-Out(iLO)である。iLOは、HPのProLiantサーバーの一部機種に標準装備されているリモート管理用コントローラで、管理者の Webブラウザ上にシステムの画面を表示し、遠隔地からのキーボードやマウス操作を可能にする。また、制御がハードウェアベースで行われるため、システム起動時のメモリチェックから OSのインストールまで遠隔地から実施できる。サーバー管理者がデータセンターへ急行する機会も減り、サーバー運用のTCO削減やサービスの可用性向上につながると期待されている。
「リモート管理を行う上で、iLOをはじめとするブレードサーバーのリモート管理機能を存分に活用しています。ペアレント側については、大井事業所からOSリカバリができるように、現在、手順書を作成しているところです」(福山氏)
もう1つの提案は、シングルインスタンス・マルチサイト環境ならではの可用性を追求していくための施策である。可用性を追求してクラスタ構成にしていくと、3ランドスケープのSAPシステムではサーバー数の増加が必須となる。そこで、クラスタ以外に可用性を追求する方法をHPに相談したところ、「HP Virtual Connect」で解決することが判明した。ブレードシステムにおけるネットワークの仮想化により、柔軟で利便性の高いシステムを実現する技術である。従来ならば、トラブルが発生したシステムは、他のサーバーにコピーして立ち上げなければならなかったが、今ではボタン1つで本稼働システムから待機システムへ、迅速にシステムを切り替えることが可能になった。

パートナーやベンダーの支援のもと、順調に進んでいる汎用生産管理システムプロジェクトは、2009年10月に最初のサイトで本稼働を迎える。そして2012年までに、残りのサイトを順次カットオーバーしていく予定だ。この他にも、同社ではさまざまなSAPプロジェクトが進行しており、今回のプロジェクトで蓄積したノウハウを活かす機会は多い。「最新バージョンのHyper-V 2.0ではスケーラビリティが向上しており、ペアレントOS側におけるコア数が64になっています。今後、チャイルドパーティション側で設定できるコア数が増えていけば、案件によっては本番環境での活用も視野に入れています」(福山氏)
ニコンが今回のプロジェクトから得る仮想化のメリットは、限りなく大きい。

 

会社概要

株式会社ニコン
所在地: 100-8331 東京都千代田区丸の内3-2-3(富士ビル)
代表取締役社長: 苅谷道郎
資本金: 65,475 百万円(2009年3月末現在)
売上高: 連結 879,719 百万円 / 単独 663,945 百万円(2009年3月期)
従業員数: 連結 23,759 名 / 単独 5,143 名(2009年3月末現在)
設立: 1917年(大正6年)7月25日
事業内容: 精密、映像、インストルメンツ事業
URL: http://www.nikon.co.jp/このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

事例キーワード

業種: 製造業Hyper-V仮想化SAPBlade System

  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡