Jump to content 日本-日本語

ソリューション  >  大企業向け

放射線科のIT化にみる患者サービスの向上

広島市立広島市民病院 放射線科

導入事例

広島市立広島市民病院 放射線科
サイトマップ
コンテンツに進む

放射線科業務のIT化により患者様をお待たせしない検査環境を作り出す

放射線技師が取り扱う検査情報は、医師からの検査依頼から検査の実施、読影、診察の流れにおいて常に利用される。そのため放射線科で扱う情報量は依頼情報・検査情報・画像データ等膨大な量となるため、診察に必要な情報を揃える業務が複雑になり患者様をお待たせしてしまう事もある。 広島市立広島市民病院(以降 広島市民病院)放射線科では、AJS株式会社(以降 AJS)の放射線部門情報システムDr.View/RISと読影システムDr.View/REPORT (以降 Dr.View RIS/REPORT)、を導入することで、複雑な業務を効率化し患者様をお待たせしない環境を実現した。
広島市民病院様背景
ソリューションと効果
今後の展望
広島市民病院概要
関連リンク

目的

アプローチ

放射線科業務のIT化による効率的な業務環境の実現
読影レポートのペーパーレス化と医療画像のフィルムレス化
診療放射線技師とAJSによる病院の環境に合わせたシステム設計

システムの効果

IT化による効果

バーコード管理により患者様情報の正確な把握
安定したサーバーによるスムーズな業務フローを達成
放射線科の検査室で患者様を待たせしない環境を実現
サーバーのダウンサイズによるメンテナンス性の向上とノンストップ環境の実現

広島市民病院様背景

病院の増改築とIT化の推進

病院外観
病院外観
広島市民病院 放射線科主任 (医療情報室兼務) 診療放射線技師 医療情報技師 竹本 弘一氏
広島市民病院
放射線科主任
(医療情報室兼務)
診療放射線技師
医療情報技師
竹本 弘一氏
広島市民病院では病院の増改築と院内IT化が段階的に計画、実施された。2006年に電子カルテの導入が予定され、これに対応するため放射線科ではフィルムレスと業務システムのIT化計画が立てられた。
これにより2004年にAJSが提供するDr.View RIS/REPORTが導入されペーパーレスによる診断フローが確立された。

「放射線科の業務として、撮影した医療画像を病院内の必要とする科に送るというのがあります。病院の電子カルテ導入に合わせ、放射線科としても効率化を目指し2003年からフィルムレスによる画像配信とその業務に合わせたシステム導入を計画していきました。システムを検討する際、AJSの放射線部門情報システム(Dr.View/RIS)と読影システム(Dr.View /REPORT)は当時からWebブラウザベースになっていて非常に運用性が高いと感じ導入しました。このシステムとフィルムレスによりペーパーレスで、検査依頼から画像診断までの流れが一元管理され、画像の共有化によるスムーズな業務が可能となりました。また間違い防止として、バーコードによる管理と認証をまめに行なえるので患者様の取り違えもないフローになっています。このように信頼できるシステムと私たちの業務に沿ったIT化が出来、さらに患者様が待合室で検査をお待ちになる時間は大幅に減少し、放射線業務も効率的な運用が可能となりました。」(竹本氏)


広島市民病院で運用しているフロー 広島市民病院のシステムフロー
広島市民病院で運用しているフロー
受付から診察に至るまでDr.View RIS/REPORTにより業務も患者さんも止まらない、待たないための運用を最優先で考えられた。
広島市民病院のシステムフロー
2004年以降モダリティが増えたが、Dr.VIEW/RISにより、この拡張にも対応し放射線情報の一元管理を行なっている。
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます [拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます
院内1 院内2
院内1 院内2
広島市民病院放射線科におけるDr.View RIS/REPORTの活用状況

写真左は放射線撮影室にて撮影を行なっているが、受付済みの患者様や検査の進行状況が画面で確認できるため、スムースに検査を進める事が可能で、患者様本位のサービスが行なえるフローになっている。 写真右は読影室での医療画像の確認。フィルムレスとIT化により効率的な業務が実現した。

AJSが提供しているDr.View RIS/REPORTは国内トップブランドとして多くの病院へ導入実績を誇っている。これは放射線部門の複雑なワークフローに準拠し、お客様のニーズに対応可能な導入体制と医療現場に密着したビジネススタイルから生まれていた。

「Dr.View RIS/REPORTを導入するメリットは、一般的な、間違い防止(患者取り違いなど)、検査情報データ収集・集計、 レポート作成の効率化、画像との連携、 フィルムレス情報のつなぎ役(放射線情報の一元管理)に加えWebシステムによる高い運用性や簡単な操作があります。また、AJSでは ユーザーの立場になり業務を理解した上で導入提案をさせて頂きます。」(AJS 吉田氏) AJS株式会社 医療・産業システム事業部 医療システム部 ソリューショングループ マネージャ 吉田 昭弘氏
AJS株式会社
医療・産業システム事業部
医療システム部
ソリューショングループ
マネージャ
吉田 昭弘氏 
「AJSではDr.Viewとして20年以上病院の画像情報システムとしてニーズに対応し、そこからDr.View RIS/REPORTと展開しています。AJSではDr.View製品群はパッケージとして病院の要求に対して、最適なシステム利用を提案しております。また、病院からより有効な機能のご要望を頂いた場合には、社内で検討し、開発ロードマップに加えたり、弊社独自の調査にてユーザーのニーズをキャッチし、ロードマップ化するなど、自社開発ならではの柔軟な開発体制をもって製品のクオリティアップを行なっております。」 (AJS 加塩氏) AJS株式会社 医療・産業システム事業部 医療システム部 ソリューショングループ マネージャ 加塩 英司氏
AJS株式会社
医療・産業システム事業部
医療システム部
ソリューショングループ
マネージャ
加塩 英司氏

ソリューションと効果

サーバーリプレースにおけるDr.View RIS/REPORTとの検証と拡張性

広島市民病院では2004年に導入したサーバーの保守が2009年2月に終了する事になり、リプレースの検討が行なわれた。このリプレースで重要視されたのは、Dr.View RIS/REPORT のプラットフォームとして安定して稼動する点と、この5年の間に増えたモダリティとの接続、そして将来的な拡張性であった。

「システムの構築から5年が過ぎサーバーの保障期間が終わりを向えるため、リプレースを検討し始めました。この間に接続するモダリティも増え、今まで以上に高速で安定したサーバーが必要と考えていました。このリプレースについてもAJSからのアドバイスを得ながら検討し、日本ヒューレット・パッカード社(以降 日本ヒューレット・パッカード)のHP BladeSystemに決定しました。システムの稼動確認や検証については、AJS社内に広島市民病院で使用しているシステムをそのまま再現し最適化をしてもらいましたので、導入にはまったく問題ありませんでした。ただHP BladeSystemによってコンパクトになるというのは、理解していましたが実際設置してみると、最初はUPSかと思うくらい小さかったので驚きました。実はサーバールームの活用にも課題があり、医療画像は1年間で12〜3テラになり、保存期間も最低3〜5年とされていますが、実際は可能な限り保存したいのです。そのため、ファイルサーバー用ディスクスペースが必要と思っていたので、ちょうど良い拡張スペースを得ることができました。また、障害対策としての構成されたサーバー冗長化についても、ブレード化によりスペースを削減することができました。」(竹本氏)


広島市民病院で導入されたサーバー構成 コメントの追加と加
広島市民病院で導入されたサーバー構成 コメントの追加と加工
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます [拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます
広島市民病院で導入されたサーバー構成(左)と導入されたHP BladeSystemの写真(右)サーバー構成はバックアップを含め放射線科の業務に沿うように構成された。
写真左が日本ヒューレット・パッカードのHP BladeSystemだが、ラックの上半分以上に空きスペースがあるのがわかる。導入前に比べ設置スペースが半分以下となり、ケーブルの数も減ったことでメンテナンスも容易になった。

Onboard Administratorの画面 Onboard Administratorの画面

サーバーに搭載されている管理ツールOnboard Administratorにより、サーバールームに行かなくても稼働状況のチェックができるため時間の節約になった。
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

今後の展望

更に患者様に安心して診察を受けられる環境構築

広島市民病院では病院の増改築により来院する方への利便性と効率的な診察を支えるIT化を遂げた。しかし、さらに患者様へのサービスレベルを高めるため仮想化やクラスタリング技術、そして地域の中核病院との連携を高めるという展望があった。

「検査業務により集中するため医療システムの管理をさらに簡略化する必要があります。そのため仮想化やクラスタリング技術により効率化と設備コストの削減を図ることも視野に入れています。しかし、私たちの最大の使命は、停まらない診療と患者様へのサービスレベルの向上です。そのため今後のIT化につてもAJSと連携しながら、信頼できるシステムを検証しながら進めていきたいと思っておりますし、その先には地域医療連携の拡張があります。
今も地域病院や各施設と連携していますが、IT化によりもっと深く繋がることで患者様が安心して診察を受けられる体制を作り上げる事ができると考えています。」(竹本氏)


広島市民病院 放射線科とAJSのスタッフ 広島市民病院 放射線科とAJSのスタッフ

患者さんへのサービスレベルを高め、地域連携医療を向上させるための病院IT化を目指し、協業・協調してシステム構築を行なっている。
写真左から、広島市民病院 放射線科 清水聖子氏 竹本氏、AJS 吉田氏 加塩氏

IT化は病院の経営面や高度な治療に役立つのはもちろん、患者様が安心して診察を受けられる環境に向けて整備していくために必要不可欠となっている。AJSは広島市民病院で行なったように、常に医療の現場に立ち、放射線部門のスタッフと共に患者様にご安心頂けるシステムを構築している。Dr.Viewは20年以上前にHP-UXに搭載され、医療現場で実績を積み重ねてきた経緯があった。現在のDr.View/LINUXそして、Dr.View RIS/REPORTはこの長い実績から多くの病院、研究室に導入され、育てられてきたシステムだ。Dr.View RIS/REPORTは今またHP BladeSystemとの連携により、止まらない、そして患者様が待たされない放射線科業務のため、多くの病院で活用されていくだろう。


広島市民病院概要

所在地: 広島市中区基町7-33
設立: 1952年8月
職員数: 医師 217名(研修医・嘱託医師を含む。)
医療技術者 135名
看護師 737名(非常勤看護婦を含む。)
事務職員 43名および非常勤職員233名
URL: http://www.city-hosp.naka.hiroshima.jp/このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。
1952年に厚生省によって設立され、その経営を広島市が受託し、同年8月に診療科目4科、病床数89床で診療を開始。以来、積極的に各施設の改善と拡充を図り、現在では診療科目25科、病床数743床を有する広島市の中核病院として市民の医療を担っている。

関連リンク

AJS株式会社このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。
放射線部門システム Dr.View このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。
日本ヒューレット・パッカード株式会社 医療機関向け

事例キーワード

業種: 医療
  業務効率化、HP BladeSystem

  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項