Jump to content 日本-日本語

ソリューション  >  大企業向け

Oracle9i Real Application Clusters導入事例

DDIポケット株式会社

導入事例

DDIポケット株式会社
サイトマップ
コンテンツに進む

Oracle9i RACによって「AirH"PHONE」システムのスケールアウトを実現

2003年4月にサービスが始まったDDIポケットの「AirH"PHONE」。このシステムインフラとアプリケーション開発を担当したのが日本ヒューレット・パッカードである。注目すべきポイントはスケールアウト構成を積極的に採用していること。最も重要な役割を果たすデータベースサーバには、Oracle9i Real Application Clusters(RAC)が利用されている。これによって高い可用性と拡張性を確保すると共に、投資効果の高いシステムを実現しているのだ。

事例キーワード

業種: 通信業
パートナー: Oracle
ビジネスの背景
導入のポイント
システム構築
今後の展望
会社概要
PDF(145KB)
DDIポケット株式会社

ビジネスの背景

PDAの利便性とPHSの手軽さを融合した新世代のブラウザフォンが誕生

遠藤靖志氏
  DDIポケット株式会社
サービス開発部
課長補佐 遠藤靖志氏
高田竜治氏
  日本ヒューレット・パッカード株式会社
コンサルティング統括本部
プロジェクトマネージャ
高田竜治氏
いつでもどこでももっと手軽にインターネットを活用したい。ビジネスのIT化や一般家庭におけるインターネットの普及が進むにつれて、このようなニーズが急速に高まっている。

たとえばコミュニケーション手段としてインターネットメールを使っているユーザーにとって、オフィスや自宅だけではなく外出先でもメールのやり取りを行いたいというのはごく自然な要求である。また情報収集の手段としてインターネットを活用する場合でも、交通手段の選択やホテルの予約、出張先の地理などは、外出先でこそ利用したいサービスだといえるだろう。もちろん携帯電話によって電子メールや各種情報サービスにアクセスすることもできるが、やり取りできる情報量の制限やプロトコル上の制約などがあり、必ずしもインターネットをフルに活用できるものだとは言い難い。そのため外出先でもインターネットを活用したいユーザーは、ノートPCやPDAといった、決して手軽とはいえない端末を持ち歩いているのではないだろうか。

しかし2003年4月、このような悩みを解消できる端末がついに登場した。それがDDIポケットの「AirH"PHONE(エアーエッジフォン)」である。

DDI ポケットではこれまでにも、インターネット接続が可能な「AirH"」と呼ばれるサービスを提供しており、高速なデータ転送速度や定額制の料金設定、多様なPCやPDAに対応した通信アダプタの提供などによって、数多くのユーザーを獲得してきた。AirH"PHONEはこのAirH"に対応したブラウザフォンである。PHSに標準メーラーと標準ブラウザを搭載することで、PDAの利便性とPHSの手軽さを兼ね備えた端末なのである。

まず電子メールに関してはPOP3とSMTPに対応したメーラーを搭載。DDIポケットが提供するメールサービスに加えて、POP3/SMTPを採用しているインターネットプロバイダーや、企業のリモートアクセスサーバのメールサービスを利用できる。Webサイトへの接続機能としてはCompact HTMLブラウザを搭載しており、一般的な携帯向けサイトへのアクセスが可能。さらにDDIポケットでは情報料の回収が可能なオフィシャルサイトの提供もサポートしており、ユーザーはポータルサイト「CLUB AirH"」にアクセスすることで、有料コンテンツを利用できる。もちろんPHSなので高品質な音声通話もサポート。さらにUSBケーブルなどでPCと接続すれば、AirH"のデータ通信サービスの利用も可能なのだ。

このように様々な魅力を持つAirH"PHONEだが、その最大の特長は「標準への対応を徹底していること」だと、DDIポケットサービス開発部で課長補佐を務める遠藤氏は説明する。同社ではこれまでにも「H"LINKセンター」によるPHS端末向けサービスを提供しており、メールサービスはユーザーから高く評価されていた。しかしインターネットコンテンツの閲覧は独自プロトコルを採用していたために、なかなか市場に受け入れられにくかったと振り返る。今回は標準への対応を徹底することで、このような問題を根本から解決。極めて幅広い適用エリアをカバーできる端末に仕上がったのだ。

導入のポイント

インフラとアプリ開発は日本ヒューレット・パッカードが担当
わずか4ヶ月でシステム構築を完了

AirH"PHONE
このAirH"PHONEの実現に向けた検討が本格的に始まったのは2002年5月。サービス内容の詳細を詰めていくと共に、必要となるシステムの要件定義や設計が進められていった。そして同年9月には経営陣からの“ゴーサイン”が出され、サービスを支えるシステムの構築も本格的に動き出すのである。

「今回のシステム構築では、大きく3つの要件がありました」と遠藤氏はいう。まず第1は大量なトランザクション処理を低コストで実現すること。システムコストの抑制は競争力のあるサービス価格を実現する上で、避けて通れない課題だからである。第2は拡張性の確保だ。AirH"PHONEのようなサービスは将来の需要を読みにくい。小さなシステムからスタートすることで初期投資を抑えると共に、急な需要の伸びにも対応できる必要がある。そして第3がミッションクリティカル性の実現である。システムで扱うデータの一貫性を確保することはもちろんだが、24時間365日停止しないことも重要な要件になったのだ。

システムインテグレータとしてこの要求に応えたのが、大和総研と日本ヒューレット・パッカードである。プロジェクト全体のマネジメントとバックエンドシステムとの連携を大和総研、システムインフラの設計・構築とアプリケーション開発を日本ヒューレット・パッカードが担当した。システムインフラとアプリケーション開発に日本ヒューレット・パッカードを採用した理由について「すでにH"LINKセンターの構築で日本ヒューレット・パッカードが全面的な協力を行っており、24時間365日の可用性が求められるシステムをほとんどトラブルなく運用してきた実績があったから」と遠藤氏は説明する。顧客の要求に対して迅速かつ的確に動く“打てば響く”人材の存在と、ITに関する高い技術力、そして一緒に難局を乗り越えていこうという企業姿勢を高く評価しているのだという。「特に今回は短期開発が要求されました。信頼できるパートナーの存在が不可欠だったのです」

日本ヒューレット・パッカードはこのような期待に、今回も高いレベルで応えている。上記の要件を満たすシステムの構築を実質4ヶ月という短い期間で完了し、2003年1月には総合テストにこぎつけているのだ。そして2003年4月にはサービスインを開始。検討開始からわずか11ヶ月という、スピーディな新サービス投入を成功させるのである。

今回構築されたシステムの構成は図に示すとおり。認証DB(データベース)、ポケットサイト、課金DB、コンテンツゲートウェイという、4種類のサービスが連携して動くようになっている。

まず認証DBはAirH"PHONEからのアクセス時にユーザー認証を行うためのデータベースであり、ポケットサイトとコンテンツゲートウェイに認証情報を提供する。このデータベースがダウンするとAirH"PHONEからのアクセスが行えなくなるため、極めて高い信頼性が要求される。ポケットサイトは有料コンテンツへのサインアップや“お気に入りサイト”を管理するためのもので、Oracle9i AS上でJSPとサーブレットを利用したアプリケーションが稼働している。有料コンテンツアプリケーションへの実際のアクセスは、コンテンツゲートウェイを経由して行われる。そして有料コンテンツの課金情報は、課金DBによって管理されている。

システムの構築

可用性と拡張性の両立を実現するためにスケールアウトの構成を積極的に採用

それではDDIポケットが提示した要件は、どのような形で満たされているのだろうか。「今回最も意識したのは、できるだけスケールアウト可能なシステム構成を採用することでした」というのは、今回のシステム構築に参画した日本ヒューレット・パッカードコンサルティング統括本部の高田マネージャである。これによって“小さく始めて大きく育てられるシステム”の実現が目指されたのだ。例えばポケットサイトやコンテンツゲートウェイでは、ロードバランサを利用したネットワーク負荷分散が採用されており、サーバ数を追加することで処理能力を拡張できるようになっている。またこの構成は、1台のサーバがダウンしても他のサーバでサービスを継続できるため、可用性の向上という効果もある。

特に注目すべきなのが認証DBの構成だといえるだろう。これまでのデータベースサーバでは、高い処理能力を確保するためにスケールアップのアプローチを行うケースが多く、可用性向上もActive/Standby型のHAクラスタを採用するのが一般的だった。しかしこの認証DBではOracle9i Real Application Clustersを採用しており、スケールアウトによって処理能力拡張と可用性向上を実現しているのだ。

高田マネージャによれば、「最初のシステム構成はサービスインから約6ヶ月間のユーザー数を想定したキャパシティになっている」という。これは一般的なシステム構築の常識で考えれば、決して十分なキャパシティだとはいえないだろう。しかしスケールアウトの構成を積極的に採用することで、拡張性は十分に確保されている。そのためユーザー数の急増にもすぐに対応できるのである。もちろんOracle9i RACの採用によって可用性も高まっている。認証DBでサーバダウンが発生しても、30秒以内にサービスを再開できることが検証されているという。

その一方で課金DBではActive/Standby型のHAクラスタが利用されており、必ずしもすべてのサーバでスケールアウトが採用されているわけではない点も注目に値する。データベースとしての利用機能や、スケーラビリティ、障害時のリカバリ方式など、データベースに求められる要求は認証DBと課金DBでは当然異なる。それらの要求とOracle9i Enterprise EditionのHAクラスタ構成とRAC構成の適性を検討した結果、課金DBではHA構成、認証DBではRAC構成を採用することになった。単純にひとつのアプローチを採用するのではなく、適材適所の発想で使い分けているのである。

図:AirH" PHONE Center システム概要図
  図:AirH" PHONE Center システム概要図
[拡大画像を表示]
適材適所の発想は、プラットフォームの選択にも現れている。認証DBと課金DB、コンテンツゲートウェイにはHP-UX 11i、ポケットサイトにはLinuxを採用しているのだ。これは求められる信頼性のレベルに合わせた結果だという。高い信頼性が必要なものは実績の高いHP-UX 11i、システム的なチャレンジが許される部分にはLinuxによってコストダウンを図っているのである。

「これだけの工夫を凝らしたシステムを、わずか4ヶ月で構築できたのは素晴らしいと思います」と遠藤氏。また設計時点ではOracle9i RACが登場してからまだ間もないにもかかわらず、日本ヒューレット・パッカードの技術者がOracle9i RACの検証データを用意していた点も高く評価しているという。「新しいテクノロジーの採用も、日本ヒューレット・パッカードなら安心して任せることができますね」


今後の展望

企業ユースでも威力発揮するAirH"PHONE
通信コストを固定費化できるという魅力も

AirH"PHONE Centerを構成する、Webコンテンツ、認証、課金、コンテンツゲートウェイの各HPサーバ群
  AirH"PHONE Centerを構成する、Webコンテンツ、認証、課金、コンテンツゲートウェイの各HPサーバ群
2003年4月にサービスを開始して以来、約6ヶ月が経過しているがシステムは安定稼働しており、順調にサービス提供されている。スケールアウトを活用したシステム構成は当初の目論見通り、高い可用性を実現する上で大きな効果があったといえるだろう。スケールアウトはシステム能力の拡張にも大きな貢献を果たすが、このメリットを活かすには新規ハードウェアの調達が容易なことも重要なポイントだ。そのためにDDIポケットでは、サーバレンタルを行う日本ヒューレット・パッカードのファイナンスサービスを活用。AirH"PHONEだけではなくH"LINKセンターのシステムも含め、DDIポケット全体で必要な予備サーバの確保が行われているという。

AirH"PHONEはユーザーからの評価も高く、サービス加入者数も着実な伸びを見せている。なかでも今後大きな伸びが期待されているのが法人ユーザーによる活用である。AirH"PHONEは企業にとって、大きな魅力をもつソリューションになり得るからだ。たとえばCompact HTMLに対応した企業システムなら、すぐにAirH"PHONEを端末として利用することができる。また利用可能なメールサービスも、DDIポケットが提供するものを含めて3つのアカウントを設定可能なため、会社のメールと個人のメールを1台のAirH"PHONEで利用することが可能だ。さらに定額料金を選択することもできるため、通信費用を“固定費”として扱うことも可能になる。投資や運用コストを抑えながら従業員の利便性を高める手段として、大きな威力を発揮するのである。

このようにAirH"PHONEは、小さなボディに数多くの魅力を盛り込んだ、非常にポテンシャルの高い端末である。ユーザー数が今後さらに急速な伸びを見せていくことは、間違いないといえるだろう。そして“いつでもどこでももっと手軽に”インターネットにアクセスできるようになることで、私たちの仕事や生活のスタイルも大きく変わっていくはずだ。

DDIポケット株式会社 会社概要

所在地: 東京都港区虎ノ門3丁目5番1号 虎ノ門37森ビル
代表取締役社長: 山下 孟男
資本金: 752億5100万円
事業内容: 第一種電気通信事業
URL: http://www.ddipocket.co.jp/

  本ページに記載されている情報は2003年12月時点のものになります。
閲覧される時点で変更されている可能性がありますので、予めご了承下さい。
 
Acrobat Readerダウンロード PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項