Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

ソリューション  >  大企業向け

AGC 旭硝子が、グローバルでの
グループ共通コミュニケーションインフラを構築

旭硝子株式会社

お客様事例

旭硝子株式会社
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
コンテンツに進む

グローバルなIT基盤整備プロジェクトの企画から計画実行までを担い、スピーディなサービス展開を支援するHP

「AGCグループは“高収益、高成長のグローバル優良企業”を目指しています。我々情報システム部門にも、これを実現するためのIT 戦略が求められていたのです」

旭硝子株式会社
グローバルIT リーダー 情報システム センター長
神庭基氏
お客様背景
ソリューション
効果と今後の展望
会社概要
PDF(1.23MB)

目的

多国籍メンバーによるグループ内コミュニケーションの効率化と、セキュリティレベルの向上のため、日本・アジア地域におけるコミュニケーションインフラを標準化、統合化する。

アプローチ

アジア地域7カ国30 社におけるコミュニケーションインフラ構築プロジェクトの迅速な展開を図るために、コンサルティングサービス、ITインフラの構築支援サービスを比較検討。特にグローバルデリバリ体制を重視した結果、経験豊富なHPコンサルティングサービスを採用。グローバルデリバリを迅速化した。

ITの効果

メール・認証基盤・情報共有基盤を標準化
ID管理、情報セキュリティ技術仕様の標準化とレベルアップを実現
システム管理レベルの向上を実現

ビジネスの効果

グループ内の情報共有・コミュニケーションの強化により、国や地域を横断した業務オペレーションの基盤を整備
グループ内のセキュリティレベルの向上による情報漏洩の防止
「 第2のグローバリゼーション」施策を促進させる基盤を整備


お客様背景

情報システム部門の戦略提案
旭硝子株式会社 グローバルIT リーダー 情報システム センター長 神庭基氏
旭硝子株式会社
グローバルIT リーダー
情報システム
センター長
神庭基氏

2007年に創業100周年を迎えたAGC旭硝子は、文字通り我が国を代表するガラスメーカーである。世界トップクラスのシェアを誇るガラス事業から、電子事業、化学品事業まで、多彩な事業をグローバルに展開している。全世界およそ30の国や地域に広がるグループ企業は、連結子会社だけで180 社近くに及ぶ。

このAGC 旭硝子が、今回日本・アジア地域のグループ会社を結ぶ、コミュニケーションインフラを構築した。その背景は何か。プロジェクトを主導した旭硝子のグローバルITリーダー 情報システムセンター長 神庭基氏にお話を伺った。

「AGCグループは“高収益、高成長のグローバル優良企業”を目指しています。我々情報システム部門にも、これを実現するためのIT 戦略が求められていたのです」

AGCグループは、50 年以上も前から積極的な海外進出を行なってきたが、新たな目標に向かってそのグローバル展開の方針も刷新したという。グループの経営方針Grow Beyondでフォーカスする「第2のグローバリゼーション」と呼ばれる新たな施策では、すでに進出している先進・新興地域における事業強化に加え、未進出の成長著しい新興の国や地域における事業展開を見据えている。この重要なグループ横断的施策をサポートするために情報システム部門としては何をすべきか。神庭センター長の結論は、グローバルコミュニケーションの基盤整備だった。

「世界のどこからでもグループ内のコミュニケーション、情報共有が簡単に行える。そのようなグローバルな共通基盤を整備することがまず必要だと考えたのです」

この方針に基づき、グローバルコミュニケーションインフラ整備プロジェクト(Global Communication Enhancement Project : GCEP)がスタートした。最初に着手したのは、日本・アジア、ヨーロッパ、北米の3極のうち、アジアを除く各地域のコミュニケーションインフラの連携だった。ヨーロッパ、北米地域では域内のコミュニケーションインフラが標準化されていたため、認証基盤の統合だけで連携できたとのこと。問題は、アジア地域だった。

「アジア地域では、メールも認証基盤も拠点ごとに異なるシステムが導入されていました。何より問題だったのは、セキュリティのレベルも違っていたことです」

ユーザーIDの管理やメールの暗号化ルール、PCソフトウェアの管理方法まで、拠点ごとに異なっていたという。各社のIT 担当者のスキルも様々で、システムの保守・管理体制も標準化されていなかった。

「グループ内のコミュニケーション効率を高め、グループとしてのセキュリティレベルを向上させるために、アジア地域・日本を統合した共通インフラの構築が急務でした」

対象となったのは、タイ、シンガポール、中国、香港、韓国、フィリピン、台湾の7カ国30 社の連結子会社である。国も言語もシステムも違うこれらの拠点に新たなコミュニケーションインフラを短期導入する── AGCグループが未だ経験したことのないこの挑戦的なプロジェクトの構想がスタートした。2008 年のことである。


ソリューション

グローバル展開を支えるノウハウ
日本ヒューレット・パッカード株式会社 テクノロジーコンサルティング統括本部 クライアントソリューション本部 プロジェクトマネージャー 吉川由氏
日本ヒューレット・
パッカード株式会社
テクノロジーコンサル
ティング統括本部
クライアント
ソリューション本部
プロジェクト
マネージャー
吉川由氏

「GCEP日本・アジア展開」と名付けられたこのプロジェクトを、当初からサポートしたのが、HPである。

「構想の段階から相談に乗ってもらっています。2009年には、各社のインフラ環境の現地調査も依頼しました。グローバル展開のノウハウを持つHPが最初からサポートしてくれたのは、心強かったですね」(神庭センター長)

システム規模や必要な技術など現地調査で得られた情報をもとに、HPは新しいコミュニケーションインフラの構成やそれをアジア地域の各関連会社に展開するためのグランドプランを、AGC情報システムセンターとともにまとめあげた。HP クライアントソリューション本部のプロジェクトマネージャー、吉川由氏は、この際、HPの海外展開の豊富な支援経験が役立ったと言う。

「AGC 様のように日本の本社主導で海外のIT展開を行なうケースでは、現地固有の問題への対応や本社・現地間の調整など、数多くのハードルを乗り越えなければなりません。私たちは、それまでの経験に基づき、これらの課題をあらかじめ考慮した上で、ベストな体制、仕組みを提案しました」

共通インフラで使われるシステムとしては、認証基盤にMicrosoft® Active Directory®、メールシステムにMicrosoft® Exchange Server、コラボレーション基盤(グループウェア)にMicrosoft® SharePoint® Serverというマイクロソフト製品が採用され、ユーザー管理システムなど一部システムはカスタム開発されることになった。

グローバルコミュニケーションインフラ整備プロジェクト(GCEP)日本・アジア展開

[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

2009 年末には経営会議にて承認され、翌2010 年には、PMO、現地担当、共通基盤のチーム、それぞれが有機的に連携するプロジェクト推進体制、どのような会議をどのようなタイミングで実施するか、いつ何を社内に周知・説明するかを規定したコミュニケーション計画まで含む詳細なプロジェクト計画書が作られ、それに基づいて共通ITインフラの設計・構築が始まった。

なお、HPは企画から計画、準備、実行にいたるすべてのフェーズを支援したが、実はフェーズごとに必ず競争入札という「試練」を受けていたという。

「ベンダーには厳しいかもしれないですが、作業内容や費用をフェーズごとに確認して支援いただくパートナーを決定していくことで、曖昧な部分を残すことなく、着実にプロジェクトを進めていけるのです。もちろん、HPはプロジェクトについての理解もグローバル展開の能力も抜群でしたが、それだけではなく、コスト面でも常に競争力のある提案をしてくれました」(神庭センター長)



効果と今後の展望

本番移行を迎えて
日本ヒューレット・パッカード株式会社 テクノロジーコンサルティング統括本部 クライアントソリューション本部 プロジェクトマネージャー 久保寺誠史氏
日本ヒューレット・
パッカード株式会社
テクノロジーコンサル
ティング統括本部
クライアント
ソリューション本部
プロジェクト
マネージャー
久保寺誠史氏

2011年には、対象となる30 社に向けた現地説明会をそれぞれ3回に分けて実施した。新システムのコンセプトについてはAGC 本社が説明し、ID環境の変更などシステム管理者や現地ベンダーに向けた説明は、HPが行った。なお、移行に関しては、まず試験導入を行い、問題をフィックスした後に本格導入するパイロット移行という手法を採用している。これにより、パイロット段階から実機による操作を実際に見ることができ、現場の理解を深められるようになったという。

移行作業は、今まさに山場を迎えている。HPのコンサルタントや技術者の中には、ほとんどの時間を海外現地での作業や現地向けのトレーニングにあてている者もいるという。HPのクライアントソリューション本部 本部長の坂田恭司氏は、「現地から宿題として持ち帰らない」よう一貫して指導しているという。

「現地での課題は基本的に現地で解決する。難しい問題でも、日本のバックエンド部隊と連携しながら可能な限り現地で解決する。これが基本です。課題を持ち帰ると間違いなくスケジュールが遅れるからです」

HP クライアントソリューション本部の統括プロジェクトマネージャー、久保寺誠史氏は、グローバル展開プロジェクトならではの難しさを次のように語る。

「日本から現地の状況を正確に把握することは非常に難しいと感じています。実際に行ってみたら、話に聞いていた状況と違っていたというケースが非常に多いのです。また、国や文化によって担当者とのお付き合いの仕方も違いますね。最終的には顔を突き合わせてのコミュニケーションをしっかり取って、現地との信頼関係を確立するしかありません」

移行に際しては、あらかじめ汎用的なフォーマットを用意し、パイロットシステムを稼働させるときに、各社固有の条件に合わせていくという。当然、問題も出てくるが、それはHPが持っているノウハウを最大限に活用することで解決している。

2012年の11月に、すべての拠点でパイロット移行が終了する。日本も含めたアジア地域で約30,000 名、統合認証で連携するヨーロッパ、北アメリカまで入れると全世界で約50,000 名のAGCグループ社員が、グローバルなコミュニケーションインフラを介して結びつくことになる。


ワークスタイルの革新に向けて

日本ヒューレット・パッカード株式会社 テクノロジーコンサルティング統括本部 クライアントソリューション本部 本部長 坂田恭司氏
日本ヒューレット・
パッカード株式会社
テクノロジーコンサル
ティング統括本部
クライアント
ソリューション本部
本部長
坂田恭司氏

既に、新しいコミュニケーションインフラに移行した拠点では、アドレス帳の連携によって他社担当者のメールアドレスも検索できるようになっている。ドメインもAGCグループのブランドである「agc.com」に統合された。さらに、セキュリティーポリシーに基づいて、個人や部署、会社の権限を設定して、メールのやり取りを管理することで、技術情報の漏洩といったセキュリティ上のリスクに対応することもできるようになったという。

今回のプロジェクトを踏まえ、HP 諸氏は次のように語った。

「まずは11月までのパイロット移行に向けて、HPが一丸となって支援させていただきます。今回のアジア展開で得たノウハウをもとに、これからも日本企業のアジア展開に対して支援してまいります」(吉川氏)

「新しい技術の導入によるシステム全体の最適化やグローバルに広がった運用オペレーションの最適化が、課題だと認識しています。5年、10 年先 を見据えたIT 戦略を一緒に考え、実現させていきたいですね」(久保寺氏)

「このプロジェクトは、HPにとっても非常に良い経験でした。今後も、AGC 様のIT 戦略にどうHPがお手伝いできるかということを考えながら、グローバルビジネスに貢献できるITサービスを提供させていただきたいと思っております」(坂田氏)

また、神庭センター長は今後の展開及びHPへの期待を次のように述べられた。

「今回のプロジェクトで構築したのは、あくまでもコミュニケーションの基盤です。これを使ってどうワークスタイルを変えていくか、“第2のグローバリゼーション”に向けてどう貢献できるかが次のステップです。欧米企業、日本企業のワークスタイルに精通したHPには長くお付き合いいただけるビジネスパートナーとしてぜひ、そこまで一緒に考えてほしいと思います」



ソリューション概略

HPサービス 主要ソフトウェア
・HP グローバルIT統合戦略立案コンサルティングサービス
・HP グローバルプロジェクト管理・展開支援サービス
・HP グローバル認証基盤統合サービス
・HP グローバルコミュニケーション基盤構築・移行サービス
・HP PC管理基盤構築サービス
・Microsoft® Active Directory®
・Microsoft® Exchange Server
・Microsoft® SharePoint® Server


会社概要

旭硝子株式会社
所在地: 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
代表者: 石村 和彦
URL: http://www.agc.comこのリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

事例キーワード

業種: 製造業
サービス: HP グローバルIT統合戦略立案コンサルティングサービス、HP グローバルプロジェクト管理・展開支援サービス、HP グローバル認証基盤統合サービス、HP グローバルコミュニケーション基盤構築・移行サービス、HP PC管理基盤構築サービス


  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡