日本ヒューレット・パッカード株式会社が運営する公式オンラインストア

HPE DirectPlus オンラインストア

電話で購入相談0120-215-542
受付時間 月曜日~金曜日 9:00~19:00

HPE サーバーレシピ

SQL Server 2016 へ上手に移行するための注意点

小森博之│2016.7.1│Windows Server

HPE サーバーレシピとは?

サーバーを導入/更新するにあたって、必要な情報は多々あります。ハードウェアの仕様、最新技術、ソフトウェアのサポート情報、ソフトウェアのライセンスや実際に求める環境に合わせたサイジング、等々。“HPE サーバーレシピ”は、日本ヒューレット・パッカードのスペシャリストが“キュレーター”としてオススメする構成を用意し、情報をまとめたものです。ぜひご参考ください。

SQL Server 2005の延長サポートが、2016年4月12日(火)で終了しました。すでにセキュリティパッチ等の修正プログラムの提供は停止しており、日本マイクロソフトからのサポートも受けられない段階に入っています。一日も早い最新版のSQL Server 2016への移行をお勧めします。このレシピでは、SQL Server 2016へ移行するために役立つ情報を紹介します。

さあレシピをどうぞ!

1. SQL Server の課金方法はこう変わった!

プロセッサライセンスの場合、SQL Server 2008 R2までは搭載しているCPUソケット数で必要なライセンス数が決まっていました。SQL Server 2012以降では、これがCPUコア数によるライセンス(Computing Power ライセンス モデル)に変更されています。このため、新しいサーバーでは「CPUの選択」が重要になります。CPUは一般的にコア数が少ないほどクロックが高いものが用意され、コア数が多くなるとクロックが低くなる傾向にあります。コア数ベースのライセンスに対しては、コアあたりの性能の高いすなわちクロックの高いCPUを選択する方が有利です。拡張性なども踏まえた上で、CPUはできるだけクロックの高いものを選びましょう。

2. OSバージョンとの整合性をチェックすべし!

移行する先のSQL ServerのバージョンとWindows Serverのバージョンの検討も必要です。以下の表のようにSQL ServerとWindows Serverのバージョンの組み合わせには制限があります。一般的にSQL Serverのバージョンのほうがアプリケーションへの影響が大きいため、まずSQL Serverのバージョンを決めた上で、サポートされているWindows Serverのバージョンを選択しましょう。どちらも、なるべく新しいものを選択することをお勧めします。

パッケージソフトウェアと一緒にSQL Serverを使用している場合も要注意です。パッケージソフトウェアのバージョンとの関係が出てきますので、パッケージソフトウェアでサポートされているSQL ServerとWindows Serverを合わせて確認しましょう。

さらにサーバーがサポートしているWindows Serverのバージョンの確認も必要です。新しいサーバーでは古いWindows Serverをサポートしていないので、この点も用チェックです。

3. サーバーはもっとコンパクトにできる!

サーバーの性能は年々進化しています。同じCPUコア数で比較してみましょう。例えば、7年前のHP ProLiant DL580 G4(4CPU/8コア構成)と現在のHPE ProLiant DL580 Gen9(2CPU/8コア構成)を比較すると「約5倍のCPU性能」となっています。SQL ServerにEnterprise Editionを使うと想定して価格を計算すると、なんと約半分の価格となりました。5倍の性能が半分の価格で手に入るのです。

定価による比較。SQL ServerはOpen Business価格を使用。SA契約を持っていない場合を想定。

4. SQL Server 2016が新登場!

6月1日にSQL Server 2016が登場しました。特にインメモリデータベース機能やセキュリティ関連の機能が向上しています。これからSQL Serverのバージョンを検討するのなら、ぜひSQL Server 2016の検討をすることをお勧めします。Xeon CPUも新しいBroadwell世代が発表され、サーバーの対応も始まっています。SQL Serverもサーバーも新しいものが出てきた今が入れ替えのチャンスです。

次回は、安全で確実な移行のためのチェック項目を含め、「SQL Server 2016 への移行を成功させるサーバー選び」と題してお届けします。

キュレーター

日本ヒューレット・パッカード データベーススペシャリスト 小森博之

日本ヒューレット・パッカード
データベーススペシャリスト
小森博之

今やネットワーク型データベースを知る数少ないエンジニア。扱ったことがないRDBMSはなく、質問に答えられないことがないほどの“データベース博士”。現在は、カラム型データベースにインメモリデータベースとさらに進化中。

  • サーバーのご相談はHPE販売店へ!頼りになるHPE販売パートナー
  • Windows Server ROK サーバー買うならOEM版Windows

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

  • Microsoft、MS、Windows、Windows Server、SQL Server、Active Directory、Internet Explorer、Microsoft Officeは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

HPE DirectPlus で購入する5つのメリット

日本ヒューレット・パッカード (HPE) が運営する「HPE DirectPlus」は、公式オンラインストアならではの魅力が満載のサイトです。
お見積からご購入まで、サイトとコールセンターがフルにバックアップ し、お客様のITの悩みの早期解決にご協力いたします。

詳しくはこちら

お問い合わせ

ご購入前のお見積・ご注文のご相談(HPE DirectPlusコールセンター)

0120-215-542

携帯電話・PHS 03-5749-8462

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~19:00(土曜日、日曜日、祝日、年末年始、および5月1日 お休み)
応答メッセージが流れましたら1→2を押してください。 販売店のお客様で再販をご検討の方は、1→1を押してください。
複数台導入のご相談もこちらにお電話ください。担当のスタッフが対応致します。

お見積・ご購入のご相談・製品に関するご質問などにEメールでご返答いたします。

WEBフォームはこちら

ご購入前の製品仕様についてのお問い合わせ(カスタマーインフォメーションセンター)

電話 0120-268-186

携帯電話・PHS 03-5749-8279

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~19:00(土曜日、日曜日、祝日、年末年始、および5月1日 お休み)

ご購入後の操作や技術的なお問い合わせ(カスタマーケアセンター)

固定電話(IP電話を除く) 0120-101-589

IP電話・携帯電話・PHS 0570-064-235

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~21:00、土曜日 9:00~17:00

ご購入後の修理受付や修理状況のお問い合わせ(レスポンスセンター)

電話 0120-220-119

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00

その他の製品の製品・技術的なご質問や修理に関するお問い合わせ

HPE サポートセンター
  • ※本ページに掲載されるHPE DirectPlus価格には配送料は含まれておりません。ご購入の際には別途配送料がかかりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※本ページに掲載されるHPE DirectPlus価格には消費税は含まれておりません。ご購入の際には別途消費税がかかりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※本ページに掲載されるHPE DirectPlus価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。