Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


日本ヒューレット・パッカード 販売条件

日本ヒューレット・パッカード 販売条件

お取引条件書
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
コンテンツに進む

  【お取引条件書】(標準製品取引用)

SO01J-003(08/08/25)  
日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下「日本ヒューレット・パッカード」という)は、以下の定めに基づき、日本ヒューレット・パッカードの標準ハードウェア及びソフトウェア並びにサポートを、お客様に販売及び使用許諾等します。

第1条 定 義

  1. 「ハードウェア」とは、コンピュータ、関連機器及び装置、関連文書類、付属品、修理用部品、並びにアップグレード製品をいいます。
  2. 「ソフトウェア」とは、ミドルウェア及びファームウェア並びに関連するアップデート及びアップグレードを含む、機械読み取り可能な命令及びデータ(その複製物を含む)、並びに許諾物、ユーザマニュアル及び操作手順書をいいます。
  3. 「バージョン」とは新しい機能、機能拡張及びアップデート、並びに複数の改訂版をまとめたパッケージ等を含むソフトウェアのリリースをいいます。
  4. 「本製品」とは、日本ヒューレット・パッカードがお客様からの注文を承諾した時点で提供可能なハードウェア及びソフトウェアをいいます。また、本製品のうち、お客様の要請により特別に改良、改変又は製造されるものを「特注製品」といいます。
  5. 「本サポート」とは、本製品のうちハードウェアの保守及び修理、ソフトウェアの保守、トレーニング及び設置作業等、並びにその他日本ヒューレット・パッカードが提供する標準の役務をいいます。また、本サポートのうち、日本ヒューレット・パッカードが提供することを合意した標準外の役務を「特注サポート」といいます。
  6. 「ヒューレット・パッカード関連会社」とは、ヒューレット・パッカード・カンパニー及びその関係会社(HP.inc、ヒューレット・パッカード・デベロップメント・カンパニー・エル・ピーを含む)をいいます。
  7. 「ヒューレット・パッカード商標を付した」とは、本製品及び本サポートに関して、日本ヒューレット・パッカード又はヒューレット・パッカード関連会社の商標又はサービスマークが付されていることをいいます。
  8. 「本仕様」とは、日本ヒューレット・パッカードがお客様に本製品を納入した時点における本製品のマニュアル、ユーザマニュアル及びテクニカル・データ・シート、並びに日本ヒューレット・パッカードが別途提供する文書等をいいます。
  9. 「ソフトウェアライセンス情報」とは、ソフトウェア使用許諾条件を含む、ソフトウェア特有のライセンス情報をいいます。ソフトウェアライセンス情報は、ソフトウェアのディレクトリ中のファイルにおいて、若しくはソフトウェアに付随する情報として、又は日本ヒューレット・パッカードの見積書において提供されることがあります。

第2条 注 文

お客様による注文は、本条件書への同意とみなされ、本条件書に基づく本製品の売買契約又はサポート契約(以下「本契約」という)は、お客様の注文を日本ヒューレット・パッカードが承諾したときに成立します。お客様の注文納期は注文日より3ヶ月以内であるものとします。

第3条 納 入

  1. 日本ヒューレット・パッカードは、お客様が指定する納入場所(日本国内に限る)に本製品を納入します。日本ヒューレット・パッカードは、自己の判断により、お客様への電子的送信、お客様による電子的アクセス又はダウンロードにより、ソフトウェア、本仕様及び本製品に関連する文書類を納入することができます。
  2. 日本ヒューレット・パッカードは、日本ヒューレット・パッカードの定める標準梱包及び標準方法で本製品を納入します。お客様は、日本ヒューレット・パッカードが定める方法以外での梱包及び配送を希望する場合、その費用を負担します。
  3. 日本ヒューレット・パッカードは、別途定める納期に本製品を納入するよう努めます。ただし、日本ヒューレット・パッカードは、当該納期を自らの都合により変更する場合、速やかにその旨をお客様に通知し、その取扱いについてお客様と協議します。

第4条 所有権及び危険負担

ハードウェアの所有権及び危険負担は、納入時点でお客様に移転します。ただし、お客様が日本ヒューレット・パッカードの定める方法以外での梱包及び配送を希望する場合、ハードウェアの所有権及び危険負担は、日本ヒューレット・パッカード出荷時点でお客様に移転します。

第5条 設置及び受入検査

  1. 本製品の検収は納入をもって完了します。
  2. 日本ヒューレット・パッカードが設置を行うハードウェアについては、お客様の立会いのもとに日本ヒューレット・パッカードが行う設置の完了をもってハードウェアの検収を完了したものとします。ただし、お客様の都合により、設置日がハードウェアの納入日から30日を超えて延期される場合は、納入日から31日目にお客様の検収は完了したものとします。
  3. 日本ヒューレット・パッカードがハードウェアの設置を行う場合、お客様は、日本ヒューレット・パッカードが定める条件を満たす設備及び作業に必要な場所を提供し、日本ヒューレット・パッカードの設置作業前に指定された場所にハードウェアをあらかじめ用意するものとします。設置作業にかかる料金がハードウェアの価格に含まれていない場合、お客様は別途設置作業料金を支払います。設置作業は、日本ヒューレット・パッカードが定める検査基準に合格した時点をもって完了とします。

第6条 支 払

  1. お客様は、別段の定めがない限り、日本ヒューレット・パッカードが請求書を発行した日から30日以内にその請求金額に消費税等を加算した額を日本ヒューレット・パッカードに支払います。
  2. 日本ヒューレット・パッカードは、本サポート料金を本サポート期間開始時にお客様に請求します。
  3. 日本ヒューレット・パッカードは、お客様が本契約に基づく支払債務を履行せず、書面による催告後10日後もなお当該不履行が是正されないときは、お客様に対する債務の履行を停止できます。
  4. 日本ヒューレット・パッカードは、お客様が支払を完了するまで本製品に対する担保権を留保します。

第7条 保 証

  1. 日本ヒューレット・パッカードは、本契約に基づき、本製品及び本サポートを保証します。ただし、本製品及び本サポートが提供される国において別途保証条件が定められている場合、当該保証条件が本契約に優先して適用されます。また、本製品がシステムの一部として販売される場合、別途定める保証条件が適用されることがあります。
  2. 日本ヒューレット・パッカードが設置を行わない本製品については、お客様に納入した日を保証期間の起算日とします。日本ヒューレット・パッカードが設置を行う本製品については、設置完了日を保証期間の起算日とし、お客様の都合により設置が本製品の納入から30日以降に実施される場合、納入日から31日目を保証期間の起算日とします。
  3. 日本ヒューレット・パッカードは、保証期間中、ヒューレット・パッカード商標を付した本製品が本仕様に合致していること並びに部品及び製造過程に問題がないことを保証します。また、ヒューレット・パッカード商標を付したハードウェアには、新品と同等の性能及び保証を有する再製部品が使用されることがあります。ヒューレット・パッカード商標を付したソフトウェアの保証期間が特定されていない場合、保証期間は納入日から90日間とします。
  4. 日本ヒューレット・パッカードは、本製品の動作が中断されないものであること及びエラーが無いこと、本製品が本仕様に定めのないハードウェア及びソフトウェアの組み合わせにおいて正しく作動すること、並びにお客様が指定した要件を満たすことを保証しません。
  5. 日本ヒューレット・パッカードは、保証期間中にお客様から保証対象となるヒューレット・パッカード商標を付した本製品における不具合又は本仕様への不適合の通知を受けた場合、当該本製品への必要なアクセスが認められることを条件に、自己の判断により、当該本製品の修理、修正又は交換を行います。保証期間内であるにもかかわらず、日本ヒューレット・パッカードが不具合を認めた本製品を相当期間内に修理、修正又は交換できない場合、お客様は、当該本製品を直ちに日本ヒューレット・パッカードに返却することを条件に、当該本製品の購入代金として実際に支払った金額を日本ヒューレット・パッカードに請求できます。
  6. 日本ヒューレット・パッカードは、ヒューレット・パッカード商標を付したソフトウェアを含む物理的な媒体がウィルスに感染していない状態で出荷されることを保証します。
  7. 日本ヒューレット・パッカードは、善良なる管理者の注意義務をもって本サポートを提供することを保証します。
  8. 本契約に定める保証は、日本ヒューレット・パッカードが定めるソフトウェアライセンス移転条件及びその他適用される条件に従って、その残存期間第三者に譲渡することができます。
  9. 本契約に定める保証は、次の各号のいずれかに起因する不具合に対しては適用されません。

    1. お客様の据付場所の不備、若しくは日本ヒューレット・パッカードが承認していない場所又は環境に起因する場合。
    2. お客様が本仕様に従わなかったことに起因する場合。
    3. お客様の本製品の不適当又は不完全な保守に起因する場合。
    4. 日本ヒューレット・パッカードが提供していないソフトウェア、インターフェース、消耗品又はその他の製品に起因する場合。
    5. 日本ヒューレット・パッカードが行っていない又は承認していない本製品の改造に起因する場合。
    6. 日本ヒューレット・パッカードから感染していないウィルス、ワーム又は同種の有害なコードに起因する場合。
    7. お客様による本製品の輸送中の乱暴な取り扱い、過失、事故、滅失、損傷、火災、水害、異常電流、移動又はその他日本ヒューレット・パッカードの管理不能な事由に起因する場合。

  10. 日本ヒューレット・パッカードは、第三者(ヒューレット・パッカード関連会社を除く)から取得してお客様に販売するハードウェア、ソフトウェア及びサポート(以下「他社製品」という)については、別段の定めがある場合に限り、当該定めに応じてこれを保証します。
  11. 本条は、明示黙示を問わず、本製品及び本サポートに関する日本ヒューレット・パッカードの瑕疵担保責任を含む保証責任のすべてを規定したものです。

第8条 サポートの提供及び内容

  1. 本サポートの具体的内容及び提供条件については、本契約の定めに加えて、当該サポート購入時点で有効な、日本ヒューレット・パッカード所定のサービス仕様又は日本ヒューレット・パッカードがお客様と合意する仕様書の類(以下「サービス仕様」という)に定め、これらは本契約の一部となります。
  2. 本サポートは、見積書等に記載される期間有効です。
  3. 両者間で別途書面による合意がある場合を除き、お客様は30日前までに、日本ヒューレット・パッカードは60日前までに相手方に対して書面にて通知することにより、本サポートの全部又は一部を解約することができます。ただし、他社製品に対する本サポートについては、本サポート期間中の解約ができない場合があります。前払いの本サポートが解約された場合、日本ヒューレット・パッカードは、サービス仕様に定める制限に従って、本サポート期間開始日から中途解約日までの期間に応じ再計算された金額と料金の差額をお客様と精算します。
  4. 本サポートの対象とならないハードウェア、ソフトウェア又はネットワークの問題に関するサービスについては、日本ヒューレット・パッカード所定の料金を別途請求することができます。次の各号の一に該当する場合の対応は本サポートには含まれません。

    1. 第7条第9項に定める事項に起因する障害又は不具合の修正に対応する場合。
    2. お客様が本サポートのために必須な前提条件を満たしていないと日本ヒューレット・パッカードが相当の事由をもって判断する状況下で本サポートを提供する場合。

  5. 特定の本サポート又はサービス・レベルは、地域、交通事情、天候等によっては提供されない場合があります。お客様の施設が離島にある場合、日本ヒューレット・パッカードは、出張にかかる料金を別途請求することができます。

第9条 サポート条件

  1. 日本ヒューレット・パッカードが別途合意した場合を除き、最小システム構成(ひとつの機能体として稼動する本製品の集合体)の構成要素となるすべての本製品及びこれらに付随する製品は、同等のサービス・レベル及び期間にて契約される必要があります。
  2. すべての本製品並びにこれらに付随するハードウェア及びソフトウェアは、日本ヒューレット・パッカードが特定する最新の機器構成、リビジョン及びバージョンに保たれ、正常な動作状態にあることを本サポート提供の前提とします。
  3. 日本ヒューレット・パッカードは、本製品の操作性、保守性、若しくは信頼性を改善する目的又は本製品を法定規格に適合させる等の目的で、本製品を無償で改良でき、改良済の本製品については引き続き本サポートの対象となります。
  4. 日本ヒューレット・パッカードの判断により本サポート又は保証の一部として機器等がお客様に貸し出される場合、当該機器の所有権は日本ヒューレット・パッカードにあり、お客様は当該機器の紛失と破損の危険を負担します。また、お客様は、貸出期間の満了時、いかなる担保権も付されることなく当該機器を日本ヒューレット・パッカードに返却するものとします。
  5. お客様が本製品を移動する場合、お客様の責任で実施します。ただし、料金及び応答時間等の条件は、別途調整されることがあり、本製品を国外に移動する場合、当該国では本サポートが提供されていない場合があります。日本ヒューレット・パッカードは、本製品の移動後の本サポート開始にあたり、事前の書面通知を求めることができ、お客様はこれに従い遅滞なく通知するものとします。
  6. サービス仕様又はマニュアル等において、最大許容量及び使用量等が規定されている本製品につき、当該許容量を超えて使用されている本製品は、本サポートの対象とはならず、日本ヒューレット・パッカード所定の料金による別サービスとなります。
  7. 日本ヒューレット・パッカードは、特定の他社製品について、本サポートを提供します。この場合、他社製品の本サポートの具体的内容や提供条件についてはサービス仕様に定めます。尚、日本ヒューレット・パッカードは、他社製品のメーカー又はライセンサーが当該製品へのサポート提供を中断した場合、お客様への本サポートの提供を中断することができます。
  8. お客様が、ヒューレット・パッカード商標を付したソフトウェアに対する本サポートを購入する場合、当該ソフトウェアは、日本ヒューレット・パッカードから適切な使用権が正当に許諾されたものである必要があります。日本ヒューレット・パッカードは、当該ソフトウェアに日本ヒューレット・パッカードが承認していない改変又は修正が加えられた場合、又はお客様がソフトウェアの有効な使用権を証明することができない場合、本サポート提供の義務を負いません。日本ヒューレット・パッカードが別途承認する場合を除き、日本ヒューレット・パッカードは、ヒューレット・パッカード商標を付したソフトウェアの最新バージョン及びその直前バージョンに対してのみ、本サポートを提供します。ただし、ヒューレット・パッカード商標を付したソフトウェアと共に使用される日本ヒューレット・パッカードが指定する機器構成に含まれるハードウェア又はソフトウェアが、特定のバージョン・レベルであることが条件となる場合があります。
  9. サービス仕様に別段の定めがない限り、本サポートには、補給品又はその他の消耗品の納入、返却、交換及び設置は含まれません。
  10. 本サポートにより提供される交換部品には、新品又は新品と同等の性能を有する再製部品が使用されることがあります。交換により取り外された部品は、別段の定めがない限り、日本ヒューレット・パッカードの所有となります。

第10条 サポートに関するお客様の義務

  1. お客様は、次の各号に定める作業場所及びアクセスを日本ヒューレット・パッカードに提供します。

    1. 本サポートの対象となる本製品へのアクセス。
    2. 本製品から近接の作業場所及び設備。
    3. 日本ヒューレット・パッカードが本サポートを実施するために必要と判断した情報及び設備へのアクセス並びに使用。
    4. サービス仕様に定められたその他のアクセス。

  2. お客様が前項各号に定める作業場所及びアクセスを提供しなかったことに起因して、日本ヒューレット・パッカードの本サポート提供が不可能であった場合においても、日本ヒューレット・パッカードは当該サポートについて日本ヒューレット・パッカード所定の料金を請求することができます。
  3. 本サポート対象外製品のために本サポートの実施に支障をきたすと日本ヒューレット・パッカードが判断した場合、お客様は、当該対象外製品を一時的にシステムから取り除き、日本ヒューレット・パッカードが本サポートを実施できるようにします。当該対象外製品に起因して日本ヒューレット・パッカードの作業に増加をきたした場合、日本ヒューレット・パッカードは当該作業にかかる料金を別途請求することができます。
  4. お客様のシステムの一部として含まれる特定の診断ツールと同様、特定の本サポートやサポートレベルにおいて、システム及びネットワークの診断並びに保守用のプログラム(以下「ツール」という)の使用が必要となる場合があります。ツールは「現状有姿」のまま提供され、ツールに関するすべての権利は日本ヒューレット・パッカードに帰属します。ツールは、お客様のシステム又は使用環境内に置かれます。お客様は、これらのツールを日本ヒューレット・パッカードが許可した範囲内かつ適用される本サポートの期間内でのみ使用し、当該ツールの販売、移転、質権等の設定及び当該ツールについての権利の譲渡を行うことはできません。お客様は、本サポート終了時、ツールを返却するか、又は日本ヒューレット・パッカードがツールを除去することを許可するものとします。また、お客様は次の各号を実施するものとします。

    1. お客様のシステム又は使用環境内にツールを置くことを日本ヒューレット・パッカードに許可し、日本ヒューレット・パッカードによるツールの利用を支援すること。
    2. ツールをインストールし、必要なアップデート及びパッチを実施すること。
    3. ソフトウェアにより認識される障害等の事象を日本ヒューレット・パッカードに通信するための、電子的データ送信機能を備えること。
    4. 必要な場合、リモート診断サービス対象のシステムに対応する日本ヒューレット・パッカード特定のリモート接続用ハードウェアを購入すること。
    5. 日本ヒューレット・パッカードが認める通信回線経由でのリモート接続を提供すること。

  5. お客様は、破損又は喪失したデータ又はソフトウェア等の復元ができるよう備えることについての責任を持ちます。
  6. お客様は、システムの不具合につき恒久的な対策を講じられるまでの間、日本ヒューレット・パッカードより提供された一時的な手順又は回避策を実施します。
  7. 本製品が日本ヒューレット・パッカード担当者の健康を害する恐れがある場所又は危険な場所で使用されている場合、お客様はその旨を事前に日本ヒューレット・パッカードに通知します。日本ヒューレット・パッカードは、当該環境が改善されるまで本サポートの提供を延期し、当該期間中は日本ヒューレット・パッカードの指示に基づく本製品の保守作業をお客様に依頼することができます。
  8. 日本ヒューレット・パッカードがお客様の施設内で本サポートを実施する際、お客様は立会人を立てます。
  9. お客様は、お客様の本製品の設置場所、シリアル番号、システムを特定する番号、システム毎のサポートレベル及びこれらの変更履歴を管理します。
  10. お客様は、マニュアルのアップデートが含まれる本サポートを購入した場合、本サポート対象システムのために使用する目的においてのみ、当該アップデートを複製することができ、複製物にはヒューレット・パッカード商標及び著作権表示を付すものとします。
  11. お客様は、本サポート対象の本製品を、システムと互換性のあるケーブル又はコネクタ(光ファイバーを含む)によって接続するものとします。
  12. お客様は、日本ヒューレット・パッカードへ連絡する連絡担当者を指定します。
  13. 日本ヒューレット・パッカードへの連絡担当者は、通常必要な知識を有し、システム(場合によってはネットワーク)の管理運用のトレーニングを受けた者である必要があります。お客様は、日本ヒューレット・パッカードが事前に連絡担当者の過去のトレーニングや経験について確認することがある旨了解し、日本ヒューレット・パッカードは、連絡担当者の適性を判断する為にお客様と協議します。連絡担当者と日本ヒューレット・パッカードとのやりとりにおいて、連絡担当者が十分な経験や知識を有していない結果、問題が発生した場合、日本ヒューレット・パッカードは、お客様に対して連絡担当者の変更を求めることができます。お客様が自らの判断で連絡担当者を変更する場合、相当期間前に日本ヒューレット・パッカードに通知をします。連絡担当者は、日本ヒューレット・パッカードに連絡をする際には、日本ヒューレット・パッカードが指定するシステム番号やシリアル番号等、本製品を特定する番号を用意する必要があります。
  14. 特定の本サポートにおいて、お客様は、ウェブ又はFTP(File Transfer Protocol)を通じて日本ヒューレット・パッカードのオンラインの技術情報データベースを利用できます。当該オンライン技術情報データベースにて提供されるサポートツールを使用する場合、お客様は、ヒューレット・パッカードサポートツール・ライセンス契約条項に同意する必要があります。
  15. お客様は、オンラインサービスに関連して必要な通信費用及びインターネット接続料等の通信費用を負担します。

第11条 使用許諾

  1. 本条及び次条において「使用」とは、別段の定めがない限り、お客様の内部業務目的で、任意の一時点において一台の機器上にひとつのソフトウェアの複製物をインストールし、保存し、読み込み、実行し及び表示することをいいます。
  2. 日本ヒューレット・パッカードは、本契約により納入されたヒューレット・パッカード商標を付したソフトウェアのバージョン又はリリースをオブジェクトコード型式で使用するための非独占的かつ移転不能の使用権をお客様に許諾します。お客様によるソフトウェアの使用は、ソフトウェアライセンス情報に含まれるソフトウェアの使用許諾条件、使用制限、使用許可及び使用場所(以下あわせて「ソフトウェア使用許諾」という)、並びに本契約に定める使用許諾条件(以下「本使用許諾条件」という)に従うものとします。これらに相互矛盾するものがあった場合、ソフトウェア使用許諾が本使用許諾条件に優先して適用されます。
  3. ソフトウェアのバージョン又はアップデートが提供される場合、お客様は、別途注文するか又は本サポートを通じて入手することができます。日本ヒューレット・パッカードは、ソフトウェアのバージョン又は別途購入されたアップデートに対して、並びにアップグレードされたハードウェア又はソフトウェアと共に本使用許諾条件に基づき提供されたソフトウェアを使用することに対して、追加の使用許諾及び使用料を要求することができます。お客様が本サポートを通じて、新しいソフトウェアのバージョンの使用許諾を得た場合、又は新しいバージョンのアップグレード使用許諾を購入した場合、前のバージョンにおけるお客様のソフトウェア使用許諾は終了するものとします。ソフトウェアのバージョンには、日本ヒューレット・パッカードが納入した日又は当該バージョンがお客様に使用可能になった日において有効な使用許諾条件が適用されます。
  4. お客様は、お客様が同意し使用料を支払った、ライセンス、エージェント、ティアー、ノード、シートその他の使用制限及び使用許可の数を超えてソフトウェアを使用することはできません。一部のソフトウェアは、ライセンス・キーを必要とするか、又はその他の技術的な保護手段を含む場合があります。お客様は、日本ヒューレット・パッカードがお客様の使用制限及び使用許可の遵守を、遠隔的に又はその他の方法により監視することができることに同意するものとします。日本ヒューレット・パッカードがライセンス使用の情報を記録及び報告するライセンス管理プログラムを提供する場合、お客様は、当該ライセンス管理プログラムを適切にインストール及び設定すると共に、お客様に入手可能になった日から180日以内に実行を開始し、ソフトウェアが使用されている期間中実行し続けることに同意するものとします。
  5. お客様は、保存目的の場合又はソフトウェアの許可された使用において必要不可欠な場合に限り、日本ヒューレット・パッカードの許可なくソフトウェアを複製又は翻案することができます。お客様は、お客様がバックアップ目的で複製物を作成し当該複製物をバックアップ機器上にインストールする場合、元の機器が操作不能になった場合を除き、追加の使用料なしに当該ソフトウェアのバックアップ・インストールを行うことはできません。元の機器の不具合のために当該複製物をバックアップ機器上で起動する場合、お客様は、元の機器又は代替の機器が操作可能となったときに、バックアップ機器上での使用を中止しなければなりません。お客様は、公共又は外部分散型ネットワーク上に若しくはそれらに対して又はそれらを介して、ソフトウェアを複製すること及びその他の方法で使用又は提供することはできません。お客様のイントラネット上での使用を許可する使用許諾においては、許可されたユーザのみにアクセスが制限されます。
  6. お客様は、ソフトウェア(関連文書等を含む)に表示されているすべての著作権表示と同一の表示を、すべての許可された複製物及び翻案物に表示しなければなりません。お客様は、複製された関連文書等を内部使用のみを目的として使用することができます。
  7. 本契約の定めにもかかわらず、別途特定されるソフトウェアに対するソフトウェア使用許諾は移転不能であり、かつお客様により又はお客様のみのために所有、管理及び操作されるコンピュータ・システム上においてのみの使用のためであり、また、固有のシステム番号と特定のシステムタイプとの組み合わせ(以下「指定システム」という)により、日本ヒューレット・パッカードによって更に特定されることがあります。システム番号又はシステムタイプが変更された場合、日本ヒューレット・パッカードが承認していない移動があった場合、若しくは指定システムがお客様の占有又は管理下でなくなった場合、当該使用許諾は終了するものとします。
  8. オペレーティング・システム・ソフトウェアは、日本ヒューレット・パッカードにより承認、販売又はアップグレードされた機器構成に含まれる該当ハードウェアを稼動させる場合にのみ使用することができます。
  9. お客様は、ソフトウェアを改変、リバース・エンジニアリング、逆アセンブル、解読又は逆コンパイルをしたり、ソフトウェアの二次的著作物を作成しないものとします。お客様が合法的なその他の権利を持つ場合、対象となる改変、リバース・エンジニアリング、逆アセンブル、解読又は逆コンパイルに関する合理的な詳細情報及び目的を日本ヒューレット・パッカードに提供するものとします。
  10. サービス提供の機能としてソフトウェアの使用をお客様以外の第三者へ拡張する場合(商用タイムシェアリング又はサービス機関を通してソフトウェアを利用可能にする場合等)、お客様は、日本ヒューレット・パッカードの書面による事前承諾を取得しなければなりません。この場合、追加の使用許諾及び使用料が必要となることがあります。
  11. 別段の定めがない限り、お客様へのソフトウェア使用許諾は永続します。ただし、お客様が本契約に違反した場合、日本ヒューレット・パッカードは通知をもってソフトウェア使用許諾を終了することができます。お客様は、ソフトウェア使用許諾終了時又は期間限定使用許諾の期間満了時には、終了又は満了の対象となるソフトウェア及びそのすべての複製物を直ちに破棄するか又は日本ヒューレット・パッカードに返却するものとします。お客様は、お客様のデータベース上の個々のデータを除き、翻案物に組み込まれたソフトウェアのすべての複製物を破棄するか又は日本ヒューレット・パッカードに返却するものとします。お客様は、データ保存の目的のみにおいて、ソフトウェア使用許諾終了後もソフトウェアの複製物をひとつに限り保有することができます。日本ヒューレット・パッカードの要求があった場合、お客様は、これらの要求事項に従ったことを書面にて証明するものとします。
  12. お客様は、本契約で許可された場合を除き、ソフトウェア又はソフトウェア使用許諾をいかなる相手にも再使用許諾、譲渡、移転、貸与又はリースすることはできません。本条第7項に定める場合を除き、ヒューレット・パッカード商標を付したソフトウェアの使用許諾は、日本ヒューレット・パッカードの書面による事前承諾及び適用される使用料の日本ヒューレット・パッカードへの支払いを条件として、又は適用される第三者の条件に従って、移転することができます。ソフトウェア使用許諾の移転により、当該ソフトウェア使用許諾に基づくお客様の権利は終了し、お客様はソフトウェア及びすべての複製物を直ちに譲受人に引き渡すものとします。譲受人は、ソフトウェア使用許諾の条項に書面により同意しなければならず、当該合意により譲受人は本使用許諾条件における「お客様」とみなされます。お客様は、ハードウェアを移転する場合においてのみ、関連するファームウェアを移転することができます。

第12条 ソフトウェアに関するその他の制限

  1. 本契約において明示的に定める場合を除き、一方当事者は、著作権、特許、商標、営業秘密又はその他の知的財産における権利を相手方に付与しないものとします。お客様は、いかなる標章又はインターネット・ドメイン・ネームについて、日本ヒューレット・パッカード及びヒューレット・パッカード関連会社の商標(ヒューレット・パッカードはHewlett-Packard等)を含んだものを登録又は使用しないものとします。
  2. ヒューレット・パッカード商標を付したソフトウェアでないソフトウェアについては、ソフトウェアライセンス情報に含まれる当該ソフトウェアの供給元である第三者の使用許諾条件及び使用制限のみが適用されます。
  3. 本使用許諾条件は、ソフトウェアについての所有権を与えるものでなく、いかなる権利を販売するものでもありません。お客様がソフトウェアの供給元である第三者の権利を侵害した場合、当該第三者は自らの権利の保護を独自に主張することがあります。お客様に対して明示的に許諾されていない権利は、すべて日本ヒューレット・パッカード又はソフトウェアの供給元である第三者に留保されます。
  4. アメリカ合衆国政府との契約又はアメリカ合衆国政府向けの下請契約の履行目的でソフトウェアを使用する場合、以下の条項が適用されます。
    If the Software is licensed for use in the performance of a U.S. Government prime contract or subcontract, Customer agrees that, consistent with FAR 12.211 and 12.212, commercial computer Software, computer Software documentation and technical data for commercial items are licensed under HP’s standard commercial license.
  5. お客様は、日本ヒューレット・パッカードが本使用許諾条件のお客様の遵守状況を監査できることに同意するものとします。監査にかかる費用は日本ヒューレット・パッカードが負担し、合理的な通知をもって通常の業務時間内に行われます。監査において支払不足が判明した場合、お客様は、日本ヒューレット・パッカードに対し、監査及び本契約の遵守徹底に関連して日本ヒューレット・パッカードが負担した合理的な費用と共に、当該支払不足分の金額を支払うものとします。
  6. ソフトウェア使用許諾は、本契約に明示的に定める使用許諾に限定され、いかなる黙示の使用許諾の提供もないものとします。
  7. 本契約の定めにかかわらず、日本ヒューレット・パッカードは、フリーウェア及びオープンソースを含む、使用料なしに使用許諾されるソフトウェアを「現状有姿」のまま提供し、いかなる保証及び補償の責任も負わないものとします。オープンソース・ライセンス・モデルに基づいて提供されるソフトウェアには、当該オープンソース使用許諾条項のみが適用され、当該オープンソース使用許諾条項は本使用許諾条件に優先して適用されます。

第13条 知的財産権侵害

  1. 本契約に基づき提供された、ヒューレット・パッカード商標を付した本製品又は本サポート(特注製品及び特注サポートを除く)が、それらが販売された国において知的財産権を侵害すると主張して、お客様に対して第三者から請求がなされた場合、お客様が次の各号のいずれをも行うことを条件に、日本ヒューレット・パッカードは、かかる請求を防御及び解決し、かかる防御に要した費用、日本ヒューレット・パッカードが交渉した和解金額及び裁判で確定した損害賠償額を負担します。

    1. 直ちに書面で当該請求の事実及び内容を日本ヒューレット・パッカードに通知する。
    2. 当該請求の防御において日本ヒューレット・パッカードに協力する。
    3. 当該請求の防御及び解決の全権限を日本ヒューレット・パッカードに与える。

  2. 前項の請求がなされるおそれがある場合、日本ヒューレット・パッカードは、ヒューレット・パッカード商標を付した本製品又は本サポートの変更、必要な許諾の取得、該当する物を少なくとも機能的に同等な物に交換すること、のいずれかの措置を取ることができます。日本ヒューレット・パッカードが上記いずれの措置も合理的に取ることができないと判断した場合、次の各号のいずれかに定める金額を払い戻します。

    1. 納入から1年以内の場合は該当する物の購入価格、1年超の場合はお客様の正味帳簿価格相当額。
    2. 本サポートが権利侵害をしていると請求された場合、当該サポートの1年分の料金又はお客様が当該サポートに対して実際に支払った総額のいずれか低い額。

  3. 日本ヒューレット・パッカードは、次の各号のいずれかに起因する侵害の請求については責任を負いません。

    1. 日本ヒューレット・パッカードがお客様又は第三者の設計、仕様、指示又は技術情報に従ったことに起因する場合。
    2. お客様又は第三者による変更に起因する場合。
    3. お客様が本仕様又は日本ヒューレット・パッカードが別途提供する文書に従わなかったことに起因する場合。
    4. お客様がヒューレット・パッカード商標を付したものでない製品、ソフトウェア、サービス、サポートとともに使用したことに起因する場合。
    5. オープンソース又はフリーソフトウェアに起因する場合。

  4. 本条は、本製品及び本サポートに関する知的財産権侵害の請求に対して日本ヒューレット・パッカードが負う責任のすべてを規定したものです。

第14条 使用の制約

本製品及び本サポートは、原子力施設の設計、建設、保守及び原子力施設における使用を目的として提供されるものではありません。お客様がこれらの目的に本製品及び本サポートを利用した場合、当該利用に起因した損害は、すべてお客様の負担とします。

第15条 賠償責任

  1. 本契約に関連する請求又は申立てにつき日本ヒューレット・パッカードがお客様に対して負う賠償責任は、請求原因の如何を問わず、日本ヒューレット・パッカードの責に帰すべき事由によりお客様が現実に被った通常かつ直接の損害に限られ、人身傷害に対する損害を除き、当該請求又は申立ての原因となった本製品若しくは重大な契約違反があった本サポートの提供期間(1年を上限とする)においてお客様が支払った対価を上限とします。
  2. 日本ヒューレット・パッカードは、逸失利益、データ・ソフトウェア等の喪失による損害及び予見可能性の有無にかかわらず特別な事情により発生した損害については、請求原因の如何を問わず、賠償する責任を負いません。両者間で別途契約を締結しない限り、データ・ソフトウェア等の保持及び管理の責任はお客様にあります。

第16条 契約の終了

  1. 一方当事者は、次の各号のいずれかに該当する場合、相手方への通知、催告なしにいつでも本契約を解除できます。

    1. 相手方が本契約に違反し、書面による催告後30日以内に当該違反が改められない場合。
    2. 相手方が差押、仮差押、仮処分、租税滞納処分、その他これに準ずる処分を受け、会社更生手続開始、民事再生手続開始、破産手続開始、若しくは競売の申立てを受け、又は自ら会社更生手続開始、民事再生手続開始、若しくは破産手続開始の申立てをした場合。
    3. 相手方が事業の廃止、譲渡若しくは会社の解散を決議した場合、又は会社の解散命令を受けた場合。
    4. 相手方が手形交換所による不渡処分を受けた場合。
    5. 相手方の財産若しくは信用状態の悪化、又は事業の重大な変化が生じ、若しくはそのおそれがあると認められる相当の事由があると判断した場合。

  2. 一方当事者が前項各号の一に該当した場合、当然に相手方に対する債務の一切について期限の利益を失い、未履行の金銭債務の一切を直ちに支払うものとします。
  3. 本契約の第7条、第11条から第15条、第17条の規定は、本契約の終了後も有効に存続します。

第17条 雑 則

  1. 本契約に基づきお客様に提供される本製品及び本サポートは、お客様の内部使用のみを目的とし、お客様は、本製品及び本サポートを再販又は再許諾しないものとします。
  2. 日本ヒューレット・パッカードは、本契約の履行に関し独立した契約当事者であり、日本ヒューレット・パッカード及び日本ヒューレット・パッカードの従業者は、お客様の代理人又は従業員とみなされません。本契約のいかなる規定も、両者間に共同事業、パートナーシップ又は雇用関係を形成するものではありません。日本ヒューレット・パッカードは、お客様の事業に関するいかなる責任も負わず、法令又は他の契約に基づくお客様の義務を履行する責任を負うものではありません。
  3. 両者は、水害、地震、騒動、暴動、放射能汚染、ストライキ、戦争行為等の不可抗力事由により生じた債務不履行の責を負いません。ただし、金銭債務についてはこの限りではありません。
  4. お客様は、日本ヒューレット・パッカードの書面による事前承諾なしに、本契約上の債権債務を第三者に譲渡すること又は担保の目的に供することはできません。なお、ソフトウェアライセンスの移転には、日本ヒューレット・パッカードが定めるソフトウェアライセンス移転条件が適用されます。
  5. 本契約に基づき提供又は開示される本製品及び技術情報並びに本製品及び技術情報に直接基づく成果を物理的、電子的又はその他の方法により輸出及び再輸出する場合、お客様は適用される日本国及び米国政府の輸出規制法規を遵守し、必要な許認可を得ることに同意します。
  6. 本契約は、日本法を準拠法とします。両者は、本契約により生ずる訴訟について、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  7. 両者とも、本契約に基づく自らの権利を行使しなかった場合であっても、これらの権利を放棄したものとはみなされません。
  8. 両者とも、本契約に基づく通知を行う場合にはすべて書面によるものとし、受領をもって効力を生じるものとします。ただし、当該通知はファクシミリ又は電子的手段に代えることができます。
  9. 本契約は、本契約にかかる両者間の取引に関する合意事項のすべてであり、かかる取引に関して本契約締結前に口頭又は書面により相互になされた意思表示に代わるものとします。注文書、仕様書等に本契約と異なる条件の記載があっても本契約の規定が優先します。
  10. 次の各号に定める条件に相違がある場合、以下の順位に従って優先して適用されます。

    1. ソフトウェアライセンス情報及び保証書
    2. 本契約の各条項。
    3. 日本ヒューレット・パッカードが別途提供する文書。

  11. 本契約に定めのない事項及び本契約の解釈上に疑義が生じた場合は、両者誠意をもって協議のうえ決定します。

以上

Error processing SSI file
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 日本ヒューレット・パッカード 販売条件
本ページに掲載される製品の色、デザイン、仕様、価格、その他の情報は、予告なしに変更されることがあります。